家賃8万円だと初期費用はいくらかかる?初期費用の内訳など詳細解説

folder-icon
初期費用
初期費用
room

都心部の物件や間取りが広い物件になると、家賃が8万円を超えることも少なくありません。家賃8万円の物件だと、初期費用の総額も高くなってきます。本記事では家賃8万円の賃貸の初期費用について、内訳などを含めて詳細を解説していきます。 家賃8万円の物件への引越しを検討されている方、初期費用に不安を抱えている方はぜひ一読してみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

家賃8万円の物件の初期費用

賃貸の初期費用の相場は「家賃額の6~7ヵ月分」が相場になっています。したがって、家賃8万円の場合だと「48万円~56万円」が初期費用の相場です。ただ、物件によっては初期費用に差が出てくるでの、上記の金額を目安にして情報を集めることが肝要になります。

初期費用の内訳

賃貸の初期費用の内訳は、大まかに下記のようになっています。

  • 敷金・礼金

  • 前家賃

  • 日割り家賃

  • 仲介手数料

  • 火災保険

  • 保証会社利用代

  • 鍵交換代

  • クリーニング代

敷金・礼金

敷金・礼金は、賃貸の初期費用の中で大きな割合を占める費用です。敷金は大家さんに預ける一時金のようなもので、退去時に全額返金してもらえます。ただし、部屋の破損などで工事費用が生じてしまったり、家賃の滞納があった場合は、敷金は返金されませんので注意してください。 礼金は大家さんに支払う手数料になります。敷金と異なり、礼金は返金されません。物件によっては礼金が0円になっているものもあるので、情報収集の際に確認するようにしましょう。

前家賃

前家賃とは、入居日の翌月分の家賃となります。大家さんが一定の家賃収入を確保するために設けている形です。前家賃に関しても、設けていない物件が多数あるので、こちらも合わせてチェックするようにしましょう。

日割り家賃

日割り家賃とは、日数で割って算出された家賃になります。入居日が月の途中である場合に設けられることが多いです。ただ、物件によっては月途中の入居でも日割り家賃でなく、通常通りの家賃額であることもあります。

仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料です。仲介手数料の金額は不動産会社によって様々で、数万円ほどを手数料としているところもあれば、「家賃額の数%」といった具合で料率形式としている会社もあります。

火災保険

火災保険は、どのような賃貸を選んでも加入が義務付けられています。不動産会社から加入する火災保険を指示されるケースが多いです。自身で加入したい火災保険がある場合は、利用する不動産会社にあらかじめ伝えておきましょう。

保証会社利用代

家賃8万円の賃貸の中には、保証人不要の代わりに「保証会社」への加入が義務付けられている物件もあります。保証会社の利用代は年間で数万円程度となることが多いです。

鍵交換代

賃貸ではセキュリティ上の面から、入居に際して鍵交換を行うケースが大半です。鍵の種類によって費用は異なってきますが、おおむね1万円~2万円が費用としてかかってきます。家賃8万円台の賃貸となってくると、使用されている鍵が高価である可能性もあるため、費用が2万円を超えることもあります。

クリーニング代

クリーニング代は退去時のみならず、入居時にもかかってきます。間取りの広さによっても変わってきますが、4~6万円ほどかかってくると見込んでおきましょう。

家賃8万円の物件で初期費用を抑えるポイント

家賃8万円台の物件で初期費用を抑えるには、下記のポイントを抑えるようにしてください。

  • 敷金・礼金が少ない物件を選ぶ

  • 仲介手数料の交渉をする

敷金・礼金が少ない物件を選ぶ

敷金・礼金がなるべく少ない物件を選ぶことが、初期費用を抑える上で重要になってきます。家賃8万円となると、敷金・礼金がそれぞれ2ヵ月分かかるだけでも金額が膨れてしまいます。 敷金・礼金が0円であるケースは、家賃8万円台の物件では少ないですが、敷金・礼金のいずれかがゼロである物件は多く見られます。物件情報がネット上で公開されていないこともあるので、不動産会社に直接確認するのがおすすめです。

仲介手数料の交渉をする

仲介手数料を割引いてもらえないか交渉するのも、初期費用を抑える一つの手です。大手の不動産会社の場合だと、社内規定で仲介手数料の交渉が制限されていることが多いです。これに対して、中小規模の不動産会社や個人経営の不動産会社の場合は、仲介手数料の交渉に応じてもらえる可能性があります。 ただ、単に仲介手数料の割引きを要求しても却下されるケースが大半です。数年以上居住する等、不動産会社・大家さん側にとってメリットとなる条件を提示することが交渉で大切になります。

家賃8万円の賃貸で初期費用を抑えるには「スムーズ」の利用がおすすめ!

家賃8万円の賃貸で初期費用を抑える際は、初期費用あと払いサービス「スムーズ」利用がおすすめです。スムーズを利用すれば、賃貸初期費用をあと払いで支払うことが可能です。発生した初期費用に関しては、一旦スムーズの方で一括して立て替えてもらえます。立て替えてもらった費用をあと払いで返済していく形です。 スムーズを使えば初期費用を一括で支払う必要がなくなります。費用負担を分散できるので、資金に余裕がない方でも安心して賃貸契約を結ぶことが可能です。

6ヵ月分割であれば「無利子」で返済可能!

スムーズを利用した際に「6ヵ月」の分割を選択すれば「無利子」で返済することが可能です。銀行やカードローンで融資を受けた場合、借入金額に応じて利子が発生してきます。カードローンの場合だと、年間で最大「20%」の利子が付いてしまうことも。本来支払う初期費用金額よりも、返済金額が上回ってしまいます。 これに対して、スムーズを使って6ヵ月分割で返済を行えば、利子を支払う必要がありません。スムーズは提携先の不動産会社から「紹介料」を受け取って運営されているため、利用者から利子を集めなくても収益を得ることが可能になっています。 スムーズの申込は、こちらのページから簡単に行えます。「家賃8万円の賃貸に住みたいけれども初期費用の支払いで困っている」という方は、ぜひスムーズを利用してみてください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!