初期費用は安くなる?トリプルゼロ物件のメリット・デメリットを詳細に解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
three-paper

お部屋を新たに借りる際に引っ越し費用や賃貸物件の初期費用がかかります。最初にまとまったお金が必要ですが、中には、敷金・礼金「ゼロゼロ物件」もあります。最近では、「トリプルゼロ物件」というものが登場しています。今回は「トリプルゼロ物件」の仕組みや初期費用の内訳、メリット・デメリットを詳しく解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

そもそも「トリプルゼロ物件」とは?

賃貸物件を借りるときに初期費用がかかりますが、このうち「敷金」や「礼金」に加え、「仲介手数料」も無料としている物件です。

また、不動産会社によっては「敷金」「礼金」「前家賃」をゼロ円にしたトリプルゼロ物件もあります。

・敷金とは? 家賃の滞納や修繕の担保して、最初に預けておく費用です。退去時の原状回復費としも充てられてますが、残金があれば返還されれます。相場は、家賃の1〜2カ月分です。

ペット可物件では、相場より多く支払うケースもあります。

・礼金とは? 大家さんにお礼をして支払うお金です。こちらは退去時に返還されません。地域によって金額の基準が異なる場合があります。

相場は、家賃の1〜2カ月分です。

・仲介手数料とは? 借りる部屋が決まったときに仲介した不動産屋に支払う手数料です。相場は、家賃0.5カ月~1カ月分+消費税です。 仲介手数料の上限は、国土交通省告示で賃料の1カ月分と示されています。

契約の取り消しや無効があれば、仲介手数料は請求されません。

「トリプルゼロ物件」はまだまだ多くはないですが、例えば家賃7万円とすると敷金・礼金・仲介手数料がゼロであれば、21万円程度の費用が抑えられることになります。

賃貸の初期費用はどのくらいかかるのか? 賃貸物件を借りるときにかかる「初期費用」は、一般的には家賃の5~6ヶ月分かかるといわれています。まとまったお金が必要なため、事前に把握しておかなければなりません。

トリプルゼロ物件でも初期費用は発生する

「トリプルゼロ物件」でも他の初期費用がかかります。「敷金」や「礼金」「仲介手数料」はゼロ円になりますが、それ以外の初期費用が発生します。

続いて、トリプルゼロ物件の初期費用・内訳を解説します。

トリプルゼロ物件・初期費用の内訳

・前家賃 賃貸物件を借りる際には、契約時に当月分と翌月末の家賃を先支払いすることが一般的です。 この家賃をあらかじめ翌月分まで支払うことを前家賃と言います。

・管理費・共益費 マンションやアパートの保守点検、維持管理に使用する費用です。どちらも消費税はかかりません。

・火災保険料 火災や水漏れ、爆発、地震などに備えて加入する保険です。賃貸契約の際は、ほとんどのケースで火災保険の加入を求められます。 「家財保険」「借家人賠償責保険」「個人賠償責任保険」のセットになっている場合が多いです。

契約期間は一般的に2年更新で2年分まとめて支払います。

しかし、あくまで任意ですので法律上の加入義務があるわけではないです。

・保証料 賃貸借契約では連帯保証人を立てる必要がありますが、依頼できる人がいない場合は保証会社を利用することになります。

保証会社を利用するには審査が必要です。審査が通れば、入居者は保証料を支払います。

最近では、保証会社との契約を求める物件が増えてきています。

・鍵交換費用 防犯上の観点から、前の入居者が使用していた鍵の取替えにかかる費用です。 相場は、15,000~20,000円程度です。

ただし、防犯性が高い鍵であればあるほど値段が上がります。

・消毒、クリーニング費用 業者による消毒やハウスクリーニング費用を支払います。入居時や退去時に支払うケースが多いです。相場は20,000円~35,000円程度です。

トリプルゼロ物件のメリット

トリプルゼロ物件のメリットとして、以下の点が挙げられます。

・大幅に初期費用を抑えられる ・引っ越し代や日用品の費用に充てられる ・部屋探しの選択肢が広がる

それぞれ詳細を見ていきましょう。

・大幅に初期費用を抑えられる 初期費用は、家賃の5~6ヶ月分程度かかるので「敷金」や「礼金」に加え「仲介手数料」もゼロ円となると、家賃額の2~3ヵ月分まで初期費用を大幅に抑えることができます。

さらに家賃の安い物件を選ぶと、初期費用総額を抑えることが可能になります。

・引っ越し代や日用品の費用に充てられる 引っ越しは、距離や時期、荷物の量によって金額が変動します。繁忙期では割増料金がかかる場合もあります。

初期費用を抑えることができれば、こうした引っ越し費用に充てることができるので、 余裕をもって部屋探しも可能になります。

・部屋探しの選択肢が広がる トリプルゼロ物件を選んだことによりお金が浮いた場合、物件の選択肢を広げることができます。これまで安さを重視していた計画を間取りや広さ、立地条件などに拡大して探すことが可能です。

トリプルゼロ物件のデメリット

トリプルゼロ物件のデメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 家賃が割高なケースがある

  • 条件がよくない物件がある

  • 短期違約金が発生する場合がある

  • 退去時の原状回復費用が高くなる場合がある

それぞれ詳細を見ていきましょう。

・家賃が割高なケースがある トリプルゼロでお得に見えるような物件でも、実は家賃が割高に設定されている場合があります。 大家さんにとっては、できるだけ早く空室を埋めるために入居を促すサービスとしてゼロゼロ物件やトリプルゼロ物件として募集を行います。

しかし、入居後に支払う家賃を上乗せすることによって割高になっているケースもあります。

・条件がよくない物件がある 築年数が経っていて古い物件、駅からかなり離れている、日当たりが悪いなど、様々なマイナス条件が揃っている物件もあります。

・退去時の原状回復費用が高くなる場合がある 初期費用が安く抑えられていた分、退去時にクリーニング代や修繕費が多めに上乗せして請求される場合もあります。

・短期違約金が発生する場合がある 初期費用が抑えられている分、早期に解約することで違約金が発生する場合があります。初期費用が安くなることで慌てて契約してしまうと、違約金の内容について見落としている可能性もあります。部屋を借りる前に契約内容を確認しておきましょう。

トリプルゼロ物件の初期費用を更に下げるなら「スムーズ」利用がおすすめ 初期費用の全額支払いが難しい、少しでも安く抑えたい方は、賃貸初期費用あと払いサービス「スムーズ」の利用がおすすめです。

初期費用を一括で支払う必要がなくなり、全額一括で立て替え。

あと払いであれば、入居時の初期費用を0円で引っ越しすることができるので、希望の物件に入居することも可能です。

「スムーズ」を利用をするときのメリット

LINEでお部屋探しの提案を行っている 初期費用の金額に縛られない物件選びが可能 6回払いであれば、分割手数料や金利は一切掛からない

カードローンであれば、最大の金利が「年20%」となっているので月々の返済が大きくなりますが「スムーズ」を利用すると「6ヶ月」の分割で無利子の返済が可能となります。

まとめ

ここでは「トリプルゼロ物件」の仕組みや初期費用の内訳、メリット・デメリットなどを解説しました。トリプルゼロ物件では初期費用が安くなる反面、家賃などに上乗せされている可能性もあります。 初期費用を抑えて無理なく引っ越ししたい方には、初期費用あと払いサービス「スムーズ」の利用がおすすめです。 スムーズの申込はこちらのページから簡単に行えますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!