【賃貸】初期費用が高すぎる!そんなお悩みをお持ちの方必見!安く済ませるには?

folder-icon
初期費用
初期費用
一人暮らし

進学や就職、お部屋の契約更新のタイミングなど新しい物件に引っ越しをするタイミングは人生の中でも何度かありますよね。

頻度は少ないとはいえ、賃貸契約には“高額のお金がかかる”というイメージがあるはずです。

新生活と重なると生活にも支障をきたしかねませんよね。

そこで、そんなお悩みを感じている方に、なるべく安く済ませる方法をお伝えしていきます。

興味がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸契約の初期費用には何が含まれているのか

注意点

まず、賃貸契約の初期費用とは、賃貸住宅の入居時に必要になる費用のことをいいます。

詳しい内訳は下記のようなものが挙げられます。

初期費用の内訳

初期費用項目相場説明
敷金家賃1ヶ月分退去時にお部屋の修繕や原状回復に使用される。
礼金家賃1ヶ月分大家さんへお礼の意味を込めて支払う。
前家賃家賃1ヶ月分入居する月の家賃を前払いで支払う。
日割り家賃入居日によって変動入居日が月途中であれば日割りで家賃を支払う。
鍵交換費用¥15,000~¥20,000(税抜き)前の入居者が利用していた鍵をセキュリティ対策のため、新しい鍵に変える。
火災保険料¥15,000~¥20,000火災や自然災害、水漏れトラブルなどに備えて入る損害保険。
仲介手数料家賃0.5ヶ月分~1ヶ月分+税大家さんとの仲介を行ってくれた不動産屋さんに支払う。(法律で家賃1ヶ月分までと決められている。)
保証料家賃と管理費の50%~100%連帯保証人の代わりとなってくれる業者へ支払う。(連帯保証人がいれば不要なケースもある。)

はじめて一人暮らしをする方や、費目を詳しくご存じない方は必要のないものが含まれていることもあるので、不動産会社の方に詳しく話を聞いてみてくださいね。

【シミュレーション】初期費用の相場

引っ越し

さて、これだけではわかりづらい部分があるかと思いますので下記の具体例を見ていきましょう。

家賃7万円の場合(敷金1ヶ月・礼金1ヶ月)

項目金額(目安)
敷金70,000円
礼金70,000円
仲介手数料77,000円
前家賃70,000円
日割り家賃15,806円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証委託料25,000円
合計367,806円

上の表を見て分かるとおり、賃貸契約にかかる初期費用の相場は家賃のおよそ4.5ヶ月分~5ヶ月分になります。

また、敷金礼金が2ヶ月分の物件では初期費用がさらにかかり、そこから引っ越し費用や必要家電、生活費も重なると、とても大きな出費になることが予想されます…。

そのため、初期費用を少しでも安くすることがポイントとなるのですが、その具体的な方法については次で紹介していきます。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

賃貸の初期費用は高すぎる!安くするための3つの方法

家賃

「賃貸の初期費用は高すぎる!」そんなお悩みをお持ちの方に、なるべく初期費用を安く済ませる方法をいくつかお伝えします。

不動産会社の仲介手数料を抑える

最近では家賃の半額の金額で仲介手数料を抑えられる物件もあるので、そういった物件をさがしてみる。

仲介手数料は家賃の1ヶ月分+税が上限と定められています。

■主な不動産屋さんの仲介手数料

不動産仲介手数料
レオパレス無料
エイブル家賃0.5ヶ月分
mini mini家賃0.5ヶ月分
アパマンショップ家賃1ヶ月分
ホームメイト家賃1ヶ月分
ピタットハウス家賃1ヶ月分
いい部屋ネット家賃1ヶ月分

レオパレスは仲介手数料無料、エイブル・mini miniは相場よりも安く済むことが分かります。

ただ、仲介手数料が安い分、物件の選択肢が少なくなるなどのデメリットもあるので注意しましょう。

不動産会社の繁忙期を避け閑散期を狙う

時期を調節するのは難しいかもしれませんが、可能であれば繫忙期(1月~3月、9月~10月)ではなく閑散期(6月~8月)に契約することをおすすめします。

繁忙期に比べて、値下げ交渉などもしやすく、物件によっては敷金・礼金が0円になっている可能性もあります。

ただし、閑散期の賃貸物件は、選択肢が少なくなることや売れ残り物件の可能性も高くなるので注意も必要です。

初期費用を分割で払えるサービスを利用する

『smooth』の初期費用分割サービスを使えば、入居時の負担がなんと0円になるので大幅に費用を抑えることができ、引っ越し費用や生活費に回すことも可能です。

負担を少なくして新生活をスタートできるので、賃貸物件の初期費用に悩んでいる方にはうってつけのサービスといえます。

分割で6回払い、12回払い、24回払いの中から選択でき、自分のペースで支払いができるのも魅力のひとつ。

また、審査の申込みもLINEから気軽にできるところもおすすめポイントです。

お好きなお部屋にご利用できるので、smoothを利用して充実した新生活を楽しんでください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

新生活をはじめてみると、思わぬ出費が重なることも多々あります。

ひとり暮らしや新しい物件での暮らしを楽しんで生活するためにも、この記事を参考にしてみてください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!