敷金はいつ払う?礼金との違いやそのほかの初期費用について

folder-icon
初期費用
初期費用
現金と電卓

「敷金っていつ払うの?」 「敷金って返ってくるの?」

賃貸物件を新しく契約する際にかかる初期費用に「敷金」がありますが、いつ払うのか分からない方も多いでしょう。

また、敷金と礼金の違いを知らない方もいるはずです。

そこで、この記事では

・敷金はいつ払うのか ・敷金と礼金の違い ・敷金以外の初期費用

について、詳しく解説していきます。

これから新しい物件に引っ越しを検討している方は、初期費用の支払いタイミングなど参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸契約の敷金とは?

疑問

賃貸契約における敷金は、主に家賃の滞納や退去時の原状回復費用に充てられるお金です。

いわゆる、「入居者が家賃を支払えない」「部屋の壁や物を壊した」などの事態に備えた保険のようなものです。

一般的には家賃の1ヵ月分がかかり、中には敷金が2ヵ月分の物件や、敷金が無料の物件もあります。

敷金は家賃の1ヵ月分~2ヵ月分かかるため、賃貸契約における初期費用の中でも比重の大きい費用といえます。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

敷金はいつ払うもの?

費用

敷金は他の初期費用と同様、賃貸契約時に一括で支払うものです。

支払いも契約時の一度のみで、家賃や光熱費のように毎月支払う必要はありせん。

また、契約更新のタイミングにも支払う必要はなく、初回契約時の一度だけと考えておきましょう。

敷金は退去時に返金される

先述したように、敷金は家賃の滞納や退去時の原状回復費用に充てられるお金のため、何も問題がなければ退去後に返金されます。

そのため、敷金は「預り金」とも呼ばれています。

ただし、部屋の使い方が悪く原状回復に必要な必要が敷金を上回った場合は、別途請求されるので注意が必要です。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

礼金は返ってこない?

shutterstock 2073473822

敷金とセットであるのが「礼金」です。

礼金は、敷金とは違い大家さんに部屋を借りる謝礼として支払うお金なので、基本的に退去時に返金されることはありません。

支払いのタイミングは、敷金同様に契約時の1回となります。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

敷金・礼金だけじゃない!初期費用の内訳

節約

賃貸契約の際に必要な初期費用は、敷金と礼金だけではありません。

物件によって多少の違いはありますが、初期費用に含まれる主な費用と相場はこちらです。

■敷金

家賃の滞納や退去時の原状回復費用に充てられるお金で、問題がなければ退去時に全額返金される。相場は家賃の1ヵ月分~2ヵ月分程度で、物件によっては無料の場合もある。

■礼金

大家さんに部屋を借りる謝礼として支払うお金で、敷金とが違い基本的に返金されることはない。相場は家賃の1ヵ月~2ヵ月分程度で、物件によっては無料の場合もある。

■仲介手数料

賃貸契約におけるさまざまな仲介業務を行ってくれる不動産会社に支払う手数料のことで、相場は家賃の0.5ヵ月~1ヵ月+消費税。ただし、仲介手数料が半額や無料を謳い文句にしている不動産会社もある

■前家賃

翌月分の家賃を先に支払うのが前家賃で、賃貸契約の初期費用に含まれていることが多いです。しかし、月の後半に入居した際は前家賃が発生しないこともあるので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

■火災保険料

賃貸契約の際には、万が一に備えて火災保険の加入が義務付けられています。保険プランなどによって金額は変動しますが、一般的には1万円~2万円程度が相場になります。

■その他費用

その他にも、物件によっては鍵交換代やハウスクリーニング代、保証料などが発生する場合があるので、賃貸契約の際に確認しておきましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

賃貸契約の初期費用が払えないなら「smooth」がおすすめ

スムーズ ロゴ logo 横

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

まとめ

敷金とは、家賃の滞納や退去時の原状回復費用に充てられるお金で、とくに問題なければ退去時に返金されます。

支払いのタイミングは、他の初期費用と同様に「契約時の1回のみ」で、毎月支払う心配や契約更新時に支払う必要はありません。

とはいえ、賃貸契約の初期費用は敷金や礼金だけでなく、仲介手数料や前家賃、火災保険料などさまざまな費用が発生するので、合計で家賃の5倍~6倍程度はかかると思っておきましょう。

「初期費用が高すぎて払えない…。」「まとまったお金を準備できない…。」という方は、初期費用を分割後払いにできる「smooth」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます