引っ越し初期費用で払わなくていいものは?費用をなるべく抑えるための方法

folder-icon
初期費用
引っ越し初期費用
家賃目安

引っ越し初期費用は、新しく契約する物件が決まった際にまとめて支払う諸費用を総合した言葉です。引っ越し初期費用は一般的に家賃4~5ヶ月になるとも言われ、まとまった額が必要になります。

この記事では、引っ越し初期費用の中でも「払わなくいい」ものがあるかどうか、初期費用を抑えて引っ越すにはどうすればいいかを紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

払わなくていい?初期費用の内訳

見積書

結論から言うと、引っ越し初期費用の中には必ず払わなければいけないものと、そうでないものがあります。まずは、引っ越し初期費用の一般的な内訳を紹介します。

敷金

敷金とは、物件を新しく契約した際に発生する費用で、退去時にかかる修理費用などを先に預けて置くシステムです。

物件はどんなにきれいに使っていても生活の中で設備不具合が発生したり、傷がついてしまったりするものです。退去時に必要なこれらの修理費に充てるため、一般的に家賃1ヶ月程度を先に大家さんに渡しておき、退去時に余った分は返金されます。

礼金

礼金は、日本の伝統的な賃貸文化の名残であり、大家さんに「家を貸してくれたお礼」として支払うお金です。一般的に家賃1ヶ月分程度に定められていることが多いですが、大家さんの裁量で金額を決めることができる部分でもあります。

礼金は賃貸物件の少なかった時代の名残であるため、現代の賃貸事情にはそぐわないという意見もあります。

仲介手数料

敷金・礼金が大家さんに対して支払うお金であるのに対し、仲介手数料は仲介をしてくれた不動産業者に対して払う費用です。仲介手数料は法律で家賃の1ヶ月分以内と定められており、一般的には家賃0.5ヶ月分から1ヶ月分になります。

鍵交換代

新しく物件に入居する際に、防犯上の理由から鍵を交換するための費用が発生します。費用は鍵の種類のよっても多少上下しますが、一般的に1~2.5万円程度です。

火災保険料

物件を新しく契約するためには、火災保険に加入する必要があります。2年契約の場合は2~3万円程度が相場で、不動産会社がおすすめしてくれる火災保険会社に加入することがほとんどです。

しかし、より費用を抑えるためには、自分で火災保険を選ぶこともできます。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

初期費用で払わなくいいものはある?

家賃

初期費用はここまでで紹介したように、様々な諸費用を合計した金額として提示されます。なるべく費用を抑えるためには、不要な出費はなくして必要なものだけを払いたいですよね。

ここでは、払わなくていい可能性のある初期費用について紹介します。

敷金・礼金は払わなくてもいい場合もある

敷金・礼金は、大家さんに対して払う費用で、金額は大家さんの裁量で決められます。そのため、物件によっては「敷金・礼金ゼロ」に設定されているところもあり、その場合は敷金・礼金を払わなくていいことになります。

しかし、敷金は退去時に修理費が発生した場合は請求されるものなので、支払いの時期がずれるだけということを覚えておきましょう。

家賃1ヶ月分以上の仲介手数料は払わなくていい

仲介手数料が万が一家賃1ヶ月分以上に設定されている場合、必ず不動産会社に確認しましょう。賃貸契約の仲介手数料は法律で家賃1ヶ月以下と定められているため、1ヶ月以上は払う必要がありません。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越し初期費用をなるべく抑える方法

対策

引っ越し初期費用は家賃4~5ヶ月分にものぼるため、抑えられるところはなるべく抑えたい費用です。内訳ごとに相場と比較し、不動産会社に相談してみるのがおすすめです。

礼金を大家さんに交渉する

礼金は、古くからの慣習を残しているだけで現代の賃貸の形には合わないと考える人もいます。どうしても初期費用を節約したい場合は、大家さんに礼金を下げてもらえないか交渉するのがおすすめです。

物件は気に入っているけど予算を少しオーバーしている、〇万円下げてくれたらすぐに入居できるなど、具体的な案を提示することが大切です。

仲介手数料を交渉する

仲介手数料は家賃1ヶ月以内であれば不動産会社が自由に設定できる金額ですが、家賃0.5ヶ月分に設定している物件もたくさんあります。

もし、仲介手数料が家賃1ヶ月分に設定されているのであれば、0.5ヶ月分まで下げることができないか、不動産会社に相談してみるのもおすすめです。

引っ越し初期費用を分割払いする

引っ越し時にはなにかと出費が重なり、負担が大きいものです。引っ越し初期費用だけでなく、引っ越し業者費用、家具家電費用など、一気にお金がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、引っ越し初期費用分割サービスの「smooth」です。「smooth」では、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができます。物件選びは自由で、気に入ったどんな物件でも「smooth」のサービスを利用でき、負担を減らして新生活が始められます。

気になる方はぜひ「smooth」の公式サイトをのぞいてみてください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

引っ越し初期費用の中には「払わなくていい」可能性のある項目がいくつかあります。

しかし、これは大家さんや不動産会社の裁量で決められている部分に限り、内訳の中には必ず支払わなければならないものももちろんあります。

分割支払いサービスなどを利用して、負担を減らして新生活を始めてくださいね。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!