一人暮らしで初期費用は50万円かかる?初期費用の内訳・おすすめの支払い方法を解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
bedroom

一人暮らしを始める際に気になってくるのが「初期費用」の金額です。物件にもよりますが、ワンルームよりも広い間取りの物件になると、一人暮らしの初期費用はおおむね「50万円以上」かかってきます。一括で支払うのは中々大変な金額です。

本記事では一人暮らしの初期費用50万円の内訳、おすすめの初期費用支払い方法について詳細を解説していきます。これから一人暮らしを検討している方はぜひ一読してみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしの初期費用で50万円以上かかる要因

一人暮らしの初期費用で「50万円以上」の金額がかかる要因として「敷金・礼金」の存在が挙げられます。敷金・礼金でそれぞれ「家賃の1~2ヵ月分」ほどの金額がかかってきます。仮に家賃が8万円、資金・礼金がそれぞれ「家賃の2ヵ月分」かかるとしましょう。この場合、敷金・礼金だけで費用が「48万円」かかってきます。敷金・礼金にその他の初期費用が加算されて、合計で50万円を超える金額になる形です。

都心部の場合だと、一人暮らし用の物件でも家賃8万円以上であるケースは多いです。間取りが狭い、築年数が古いなど条件を落とせば家賃を下げることは可能ですが、快適な暮らしを望む場合は家賃が8万円以上かかってくると考えてよいでしょう。

一人暮らしの初期費用内訳

一人暮らしでかかってくる初期費用の内訳は、大まかに下記の通りです。

  • 敷金・礼金

  • 仲介手数料

  • 前家賃

  • 保証会社利用料

  • 火災保険料

  • 鍵交換代

敷金・礼金

前述した通り、敷金・礼金はそれぞれ「家賃額の1~2ヵ月分」発生してきます。敷金に関しては「大家さんへ渡す預り金」であるため、退去時に原則返却してもらうことが可能です。礼金に関しては「大家さんに支払う手数料」であるため、敷金と異なり返却してもらえません。

物件によっては、敷金・礼金の片方が「ゼロ」となっている、あるいは両方ともゼロとなっているケースもあります。敷金・礼金がいずれもゼロである物件を通称「ゼロゼロ物件」と呼びます。ただし、都内で8万円以上の物件となるとゼロゼロ物件は稀です。敷金・礼金は基本的にかかってくる費用と認識しておきましょう。

仲介手数料

仲介手数料は、物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用になります。相場は「家賃の1ヵ月分」であるケースが多いです。不動産会社によっては、クレジットカードで仲介手数料の支払いが可能なところもあります。

前家賃

前家賃とは、入居日の翌月分の前払い家賃になります。一人暮らし向けの物件では、初期費用に前家賃が含まれていることが多いです。中には「翌々月」分の家賃も前家賃に含まれているケースがあるので、契約前に確認しておきましょう。

保証会社利用料

保証人を設けていない物件の場合は、保証会社の利用が必須です。利用する保証会社は不動産会社から指定されるケースが多いですが、不動産会社によっては自身で保証会社を選べることもあります。保証会社の利用料は初回契約時に「家賃の0.5~1ヵ月分」ほどかかってきます。

火災保険料

賃貸契約を行うと火災保険への加入が義務付けられます。保険料は「1万円弱」です。保証会社と同様、加入する火災保険も不動産会社から提示されるケースが多いです。

鍵交換代

セキュリティ上の観点から、入居時に鍵交換が行われることもあります。交換費用は1万円ほどが相場です。ただし、特殊な構造の鍵となると2万円近く費用が発生することもあるので注意してください。

一人暮らしの初期費用以外に「引越し代」と「家具購入費」もかかってくる

上記で挙げた初期費用に加えて、「引越し代」と「家具購入費」もかかってきます。引越し代に関しては、どこから引越してくるかによって費用が大きく変わってきます。県を跨ぐ引越しになると、数十万円ほどかかってくることも。

家具購入費に関しても、すべての家具を一から揃える場合だと、10万円近くかかってきます。引越し代・家具購入費も踏まえた上で、資金を準備しないといけません。

一人暮らしの初期費用50万円の支払いには「スムーズ」がおすすめ!

一人暮らしの初期費用で50万円以上を一括で支払うのは、かなり大きな負担です。初期費用を支払えないため、カードローンなどを利用せざるを得ない方もいらっしゃると思います。そこでおすすめしたいのが、賃貸初期費用のあと払いサービス「スムーズ」です。

スムーズを利用することで、初期費用の全額を一旦立て替えてもらうことができます。立て替え金額を分割あと払いで返済していく形です。スムーズを利用することで、一括で費用を支払う必要がなくなります。

初期費用を分割して支払えるので、負担を最小限に抑えながら費用の支払いを行えます。初期費用が準備できないことを理由に引越しを諦める必要もありません。

6ヵ月の分割払いであれば「無利子」で返済可能!

スムーズで返済を行う際、「6ヵ月」の分割払いであれば「無利子」で返済することが可能です。銀行やカードローンを利用して融資を受けた場合、必ず「利子」が発生します。特に、カードローンの場合は最大で「年率20%」の利子が発生してくるため、返済時に大きな負担になってきます。

スムーズであれば6ヵ月の分割返済で「無利子」にできるので、初期費用の金額分のみの支払いで済ませることができます。ただし、6ヵ月以上の分割となるとスムーズでも利子が発生するので注意してください。

スムーズを活用すれば、初期費用が50万円以上かかる場合でも、無理なくあと払いで支払うことが可能です。入居時にかかる初期費用はスムーズがすべて立て替えてくれるので、まとまった資金の準備も不要です。一人暮らしの初期費用でお悩みの方は、ぜひスムーズを利用してみてください。スムーズで初期費用に縛られない自由な引越しを実現していきましょう。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!