家賃16万円の物件に引っ越す。その際の初期費用はどれくらい!?シミュレーション付きで解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
家賃
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では家賃16万円の物件に引っ越す際の初期費用について説明しています。 引っ越し経験のある方はある程度予測がつくかと思いますが、初めて引っ越す方は何にいくらかかるのかがイメージついていないと思います。 この記事を読んで実際にかかる費用を把握し、自分が住みたい物件に近い条件のシミュレーションなどを参考に準備を進めましょう。            

初期費用って何?

まず初めに初期費用とは入居の際にかかる手続きや、準備に関する費用のことです。 荷物を運ぶ際の引越し業者費用や家具や家電などの家財道具を揃える費用は含まれておりません。 具体的に言うと敷金や礼金、前払家賃、仲介手数料、保険保証費用、鍵の交換費用等が上がります。 物件の人気度や引っ越し時期によって金額にかなりの差が出るため具体的な費用に関しては後に出てくるシミュレーションを参考にしましょう。

都内で選ぶとしたらどんな物件に住める?

次に都内で家賃16万円の物件を探す際にどのような部屋に住めるかをご紹介します。 エリアを選ばないようであれば3 LDK以上の一軒家や、駅近で2 LDKなどファミリーで広々暮らせるような物件も多数あります。 さらに渋谷や新宿から電車で15分程度のエリアでも1LDK や2Kの新築物件にも視野に入ってくるでしょう。 一人暮らしであれば人気エリアの新築物件や築浅物件の1Kからワンルームマンションなどもそれなりに選べることでしょう。 16万円あればファミリーでも不自由のない物件、一人暮らしでも人気エリアの物件が幅広く選択肢に入ってくるため、難しい条件などを提示しなければ、東京都内でもかなり良い物件に住めることでしょう。

初期費用シミュレーション

次に初期費用のシミュレーションをまとめました。 初期費用で大きな負担となるのが敷金と礼金です。 敷金と礼金に関しては物件によってかなり差があるため、平均的な金額となる1ヵ月分、人気な物件に採用される2か月分、不人気な物件や早く借主を見つけたい物件に採用されるゼロゼロ物件の3つに分けてシミュレーションをお出ししましたのでよく読んで目安の金額検討材料としましょう。 仲介手数料に関しては全て一か月分でシミュレーションをお出ししておりますが、時期によってはここも安くなる可能性がありますので、実際の金額は仲介会社にご確認ください。 保証、保険会社料、鍵の交換費用、24時間サービス料などはすべて入居諸費用としてまとめております。

全て一か月分の場合

まずは平均的な金額になる1か月分のシミュレーションです。

敷金    16万円

礼金    16万円

仲介手数料 16万円

前払い家賃 16万円

入居諸費用 16万円

計     80万円(税抜)

税金に関しては項目によってかかるものかからないものが出てくるため、実質90万円前後になるでしょう。

敷金、礼金二か月分の場合

敷金    32万円

礼金    32万円

仲介手数料 16万円

前払い家賃 16万円

入居諸費用 16万円

計     112万円(税抜)

実質120万円前後となるでしょう。税金も含めると約30万円ほどの差が出てくるようです。敷礼2か月分となるとかなり人気な物件になるため、30万円プラスで初期費用を払っても入居したい物件なのかという点をしっかりと検討し入居する必要があるといえるでしょう。

ゼロゼロ物件の場合

敷金     0万円

礼金     0万円

仲介手数料 16万円

前払い家賃 16万円

入居諸費用 16万円

計     48万円(税抜)

実質50万円前後に落ち着く金額となります。しかしゼロゼロ物件で注意するべき点は、条件を甘くしないと入居者を集めきれない、悪条件の可能性があります。

1か月分の物件と比べると30万円近く差が出るため、かなり魅力的ですがそこだけで決めてしまうと、実際に住むと住みにくい条件がある可能性があるため、目の前の魅力だけではなく、先を考えしっかりと検討しましょう。

初期費用の負担が重い方にスムーズ!

ここまで3つの条件で初期費用のシミュレーションを渡しました。 家賃が16万円にもなるとどのような条件でもそれなりに初期費用がかかってきます。

スムーズであれば、初期費用を6回まで無料で分割できるため貯金が不安な方や生活スタイルを大きく崩したくない方にオススメです。

12回払いや24回払いにも対応しているためさらに負担を減らしたい方にもおすすめです。

さらにスムーズでは、不動産仲介会社の紹介もしているため、引っ越ししたいエリアに強い仲介会社等を紹介してくれます。

SUUMOなどに掲載している物件にも対応しているため、大手サイトで住みたい物件を探し、スムーズに問い合わせることもできます。

自分に合った形で初期費用を賢く節約しましょう。

まとめ

この記事では家賃が160,000円の物件に引っ越す際の初期費用について説明してきました。 160,000円あれば人気のエリアであってもかなりの物件数が該当し選択肢は広い金額と言えるでしょう。しかし家賃が上がると初期費用も上がるため引っ越し前にしっかりと貯金もしくはお金の工面欲しい計画的に引っ越しを進めましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!