初期費用のクリーニング代は必ず支払う?入居前に知っておきたいこと

folder-icon
初期費用
初期費用
AdobeStock 336611842

賃貸物件を契約するときに“クリーニング代”が含まれていることに「なぜ?」と疑問を抱いた方も多いのではないでしょうか?また、意外と高いのがネックなところ…。

正直払いたくないというのが本音でしょう。

そこで、この記事では賃貸物件のクリーニング代情報やなぜ支払う必要があるのかなど、詳しく解説していきたいと思います。これから賃貸物件の契約を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸物件の初期費用に含まれるクリーニング代とは?

AdobeStock 222177645

賃貸物件において、物件の管理会社は外部に清掃を依頼することがほとんどです。その清掃にかかる費用をクリーニング代と呼んでいます。不動産会社によっては「原状回復費用」や「清掃費用」と表記されていることもありますが、すべて同じものを指しています。

自分の所有物ではない賃貸物件では、次の人が入居するまでにキレイな状態にする必要があります。そのためには、ハウスクリーニングは欠かせないものと言えます。

クリーニング代は退去後の請求が一般的

お金

クリーニング代の請求は入居時なのか、退去時なのか気になりますよね。一般的には、退去後1か月以内に管理会社から請求が届くものですが、管理会社によっては入居時に支払うケースもあるので事前に確認しておきましょう。

入居時に支払うのは、退去時の費用トラブルを避けるためや敷金の代わりなどの理由が考えられます。

クリーニング代については契約時に確認しよう!

賃貸物件を契約する際、家賃や敷金・礼金などには注目しますが、クリーニング代って意外と見落としがちです。請求のタイミングが入居時なのか退去時なのかはもちろんですが、クリーニング費用も必ず確認するようにしましょう。物件によっては結構高いこともあり、手痛い出費になる可能性もあり得ます。

初期費用のクリーニング代って費用はどれくらい?

AdobeStock 136963308

賃貸物件の初期費用に含まれているクリーニング代は部屋の数や広さによって金額が変わってきます。当たり前ですが、広い部屋のほうが掃除する範囲が増えるため費用は高くなりますが、同じような広さでも物件によって費用が異なる場合もあります。

一般的なクリーニング代の相場は、1人暮らし用物件で3万円~5万円、1LDK~2LDK物件で5万円~8万円、家族向け物件で8万円~10万円以上となります。物件によっては家賃と同じくらいかそれ以上の金額になることもあるので、「高い」と感じる方が多いはずです。

しかし、こればかりは賃貸物件に住むうえで致し方ないことなので、トラブルにならないようにきちんと支払うようにしましょう。

部屋を掃除すれば安くなるのか?交渉はできるのか?

“クリーニング代は高い”では、退去時に部屋をキレイに掃除しておけばクリーニング代は安くなるのか?

これに関して、答えはNOです。

なぜならハウスクリーニングはあらかじめ決められた内容の清掃を行うものだからです。清掃内容も普通の生活でするようなものではなく特殊な清掃になるので、私たちが少し清掃をしたところでほとんど変わりません。逆に言えば、入居中にあまり掃除していなかった人や部屋を少し汚してしまった人も、よっぽどでない限り契約時の金額を超えることはないので安心してください。

初期費用のクリーニング代、本当は払わなくていい?

AdobeStock 73807901

賃貸物件を契約する時、初期費用にクリーニング代が含まれていますが、本来はオーナさん(大家さん)が負担する費用になります。

では、なぜ借主が支払うことになっているかと言うと、大家さんは「特約」という形で借主に負担されることができるからです。それはおかしいと不満に思う方も多いでしょうが、これは仕方がありません。この特約を拒否することもできますが、そうするとその物件に住むことができない可能性が高まります。ここは賃貸物件を借りる人間としての最低限のことだと思って受け入れるようにしましょう。

賃貸物件の初期費用が高いと感じたら「smooth」がおすすめ!

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

smoothを利用した方の口コミ

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

まとめ

初期費用のクリーニング代は意外と高いものです。ただでさえ、敷金・礼金や仲介手数料などの費用がある中、クリーニング代まで重なると初期費用はどんどん高くなってしまいます。しかし、これは賃貸物件を借りるなら仕方のないことなのです。いろいろと不満はあるかもしれませんが、グッとこらえて受け入れるようにしましょう。

もし、初期費用が高すぎて払えないという場合は、分割や後払いにする方法を検討してみてはいかがでしょうか。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!