賃貸マンションに引っ越すときの初期費用とは?払えないときの解決策

folder-icon
初期費用
初期費用
AdobeStock 115519896

一人暮らしや同棲を始めるとき、アパートよりマンションに住みたいと思う方も多いのではないでしょうか?しかし、賃貸マンションに引っ越す際の初期費用など分からないことが多いですよね。

そこで、この記事では賃貸マンションに引っ越す際の初期費用や高くて払えないときの解決策など、詳しく解説していきます。これからマンションへの引っ越しを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

そもそもマンションとアパートの違いとは?

AdobeStock 105224783

そもそも「マンション」と「アパート」の違いってご存知ですか?意外と知らない方も多いと思いますが、実は「マンション」と「アパート」を区別する明確な定義は存在しません。

一般的には、ハウスメーカーや不動産会社などが独自の社内規定によって決めています。そのため、ある管理会社では「マンション」としている建物が、別の管理会社では「アパート」とされている場合もあるので、頭の片隅にでも入れておきましょう。

賃貸マンションに引っ越す時の初期費用とは?

年収700万円の暮らし

賃貸マンションに引っ越す際の初期費用は、一般的に家賃の5倍~6倍ほどです。そのため、契約する物件の家賃が7万円なら35万円~40万円ほどかかる計算になります。

それでは、初期費用に含まれる具体的な費用を紹介していきます。

敷金・礼金

敷金とは、主に家賃の未払いや退去する際の原状回復費用に充てられるお金のことです。そのため、家賃の未払いがなく、部屋をキレイに使っていれば退去時に全額戻ってきます。敷金の相場は家賃の1か月~2か月分ですが、中には「敷金なし」という物件もあるので、探してみてください。

礼金は、オーナーや大家さんに対して支払うお礼のお金なので、敷金とは違って戻ってきません。相場は家賃の1か月~2か月分になります。

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産会社に支払う手数料のことで、相場は家賃の0.5か月分~1か月分+消費税となります。不動産会社によって仲介手数料は異なるので、事前に確認しておきましょう。

前家賃・日割り家賃

前家賃とは、契約した月の翌月分の家賃を前もって支払うことを言います。ただし、前家賃は必ずしも発生するものではありません。場合によっては、月の後半に入居すれば前家賃が発生し、月の前半に入居すれば前家賃は発生しないということもあります。前家賃があるかないかで初期費用が大きく変わるので、しっかり確認するようにしましょう。

前家賃と併せて覚えておきたいのが、日割り家賃です。日割り家賃は、入居日から月末までの日数分の家賃になります。

火災保険料

火災保険料は、基本的に管理会社が決めた火災保険に入るケースがほとんどです。自分で加入したい火災保険がある場合、管理会社にその旨を伝えるようにしましょう。一般的には、1.5万円~2万円が相場となります。

鍵の交換費用

鍵の交換は任意ではありますが、セキュリティ面のことを考えると新しい鍵に交換しておいたほうが安全と言えます。一般的な鍵の交換費用は、1万円~2万円ほどです。

アパートよりマンションのほうが初期費用は高い?

初期費用を抑えるコツ

アパートよりマンションのほうが初期費用は高くなると思っている方も多いかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。ただ、マンションにはオートロックなどのセキュリティ面での機能が充実していることが多いので、家賃が高くなる傾向になります。

特に女性の一人暮らしでは防犯対策は必須と言えます。防犯対策がしっかりしているマンションは、家賃が高いうえに敷金や礼金なども付いているので、初期費用が高くなってしまうことが考えられます。

新築マンションは交渉しづらい

初期費用を安くしたいとき、仲介手数料や敷金・礼金などを交渉しようと考える方も多いでしょう。しかし、新築マンションではほとんど交渉は成立しないと考えておきましょう。理由は、新築マンションなら無理に値下げしなくても入居者がすぐに決まる可能性が高いからです。確率は低いですが、狙うなら5月~8月ぐらいの繁忙期が過ぎたころに挑戦してみてください。

賃貸マンションの初期費用が払えないときの解決策

アイディア

賃貸マンションの初期費用が高く、「そんなお金用意できない!」「高くて払えない!」と困っている方も多いはずです。そこで、賃貸マンションの初期費用が払えないときの解決策をいくつか紹介したいと思います。

クレジットカードで分割払いにする

こちらは不動産会社との相談になりますが、家賃が安く初期費用がそこまで高くない場合はクレジットカードでの支払いが可能なケースがあります。通常では3~6回払いになるので、後払いにしたい方にはありがたいですね。しかし、クレジットカードでの支払いは金利手数料が発生するので、最終的に支払う初期費用の総額は高くなるということを頭に入れておきましょう。

カードローンを組む

初期費用をカードローンで補填することで、実質的に後払いにすることが可能です。つまり、初期費用をカードローンで一括支払い、その後、分割でカードローンを返済していくという流れになります。確実に後払いできる点ではメリットと言えますが、ネックなのは利子の高さです。金額によっては最大「年20%」の利子が発生することもあるので、利用する際は注意が必要です。

フリーレント物件を探す

初期費用を抑えたいならフリーレント物件を探すのもひとつです。フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことを言います。一般的に、家賃1か月分が無料になるケースが多く、中には3か月分無料といった物件も存在します。家賃分の費用がなくなるだけで初期費用は大きく変わるので、初期費用を抑えたい方におすすめです。

賃貸マンションの初期費用を分割音払いにできる「smooth」

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

賃貸物件には必ず初期費用が発生します。初期費用には、家賃や敷金・礼金、仲介手数料などさまざまな費用が含まれ、およそ家賃の5倍~6倍になることがほとんどです。「初期費用が高くて払えない」という方は、分割払いや後払いにできないか不動産会社に相談してみましょう。「smooth」なら6回払いまでなら金利手数料なしで分割後払いにできるので、初期費用の支払いに困っている方にはおすすめです。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!