【徹底解説】初期費用を安く抑える方法とは?物件の条件も時期が重要

folder-icon
初期費用
賃貸初期費用
一人暮らし

引越しには初期費用以外にもさまざまなコストが嵩みます。

・初期費用・・家賃5ヶ月分 ・引越し費用・・引越し業者により変動 ・その他費用・・家具や家電、挨拶のための手土産

引越し費用の大半を占めるのは初期費用ですが、初期費用以外にもお金はかかります。総額の予算を立てていてもスムーズにいかないこともあり、家具や家電の購入を後回しにしなくてはいけなくなることもあります。

しかし、引越しをするなら入居日に理想通りの空間で、ある程度余裕のある資金を残しておきたいと考える方が多いでしょう。

今回この記事では初期費用を安く抑える方法を解説します!これさえ読めば理想の引越しを進めることができるはずです。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

初期費用以外にも予算に組み込むべき費用

お金

引越しとなると真っ先に頭に浮かぶのは初期費用ではないでしょうか。もっとも大きな額が必要になるので、賃料を見て初期費用を計算するはずです。

そこでなんとなくいける!そう思っても明確なスケジュールを立て始めると、予算内で済まないことに気付きます。

スムーズに快適な引越しを進めるためには、引越しに必要な初期費用以外の費用についても明確にしておくべきです。

初期費用は家賃の5ヶ月分

賃貸物件によって初期費用は異なりますが、一般的に言われる初期費用は「家賃の5ヶ月分」です。内訳は下記になります。

項目金額(目安)
敷金50,000円
礼金50,000円
仲介手数料55,000円
前家賃50,000円
日割り家賃11,290円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証委託料25,000円
合計271,290円

引越し費用は業者や時期で異なる?

引越し業者へお願いする場合は、引越し費用も必要になります。通常期と繁忙期の引っ越し費用を見ていきましょう。

【通常期】

距離3人家族4人家族
15km未満 (同市区町村程度)平均 70,000円平均 72,800円
~50km未満 (同都道府県程度)平均 80,000円平均 99,600円
~200km未満 (同一地方程度)平均 100,000円平均 100,000円
~500km未満 (近隣地方程度)平均 159,750円 平均 180,000円
500km以上 (遠距離地方程度)平均 220,000円

【繁忙期】

距離3人家族 4人家族
15km未満 (同市区町村程度)平均 100,000円平均 102,715円
~50km未満 (同都道府県程度)平均 116,900円平均 147,300円
~200km未満 (同一地方程度)平均 180,000円平均 200,000円
~500km未満 (近隣地方程度)平均 259,200円平均 260,000円
500km以上 (遠距離地方程度)平均 320,000円平均 345,600円

引越し費用は繁忙期と言われる、2月〜4月、そして8月は相場が上がりますので注意が必要です。

その他費用は何がある?家具や家電・手土産など

家具・家電の購入費用は10万円前後と言われていますが、家具や家電には拘りたいという方は平均以上かかることを想定しておきましょう。

購入品金額(目安)
冷蔵庫3.0万円~
テレビ2.0万円~
洗濯機2.0万円~
冷房器具2.0万円~
炊飯器1.5万円~
電子レンジ1.0万円~
掃除機1.0万円~
照明器具0.5万円~
ドライヤー・ケトルなど2.0万円~
合計15.0万円~

【徹底解説】初期費用を安く抑える5つの裏技

初期費用

8万円の物件に引越しするとなると、初期費用と引越し費用、そして家具や家電の購入費用で約50万円は最低でも必要になります。

50万円まとめて支払うのは生活を圧迫しますし、引越し後の生活に不安が残ります。

ここからは引越しにかかる初期費用の総額を安く抑える裏技的な方法を5つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

敷金・礼金を安く抑える

一般的に入居時に必要になる初期費用は家賃の5ヶ月分です。

ただし、入居見込みの薄い物件などは不動産側が空室リスクを避けるため「敷金不要」「礼金費用」など、付加サービスを付けることがあります。

このような物件は正直、好まれない物件が多いのですが、特に気にならないという方は初期費用を抑えることができるので検討してみてもいいでしょう。

不動産業界の閑散期を狙う

賃貸物件は時期で変動します。繁忙期と言われる2月〜4月、そして8月は物件価値が上がりやすい時期です。

一方、退去入居希望者の低い閑散期は入居者確保のために物件の相場を下げる傾向にあります。

引越しのタイミングを自由に設定できるのであれば、1月・5月・6月・7月・9月・10月・11月・12月の閑散期を狙うと、家賃5ヶ月分の初期費用も抑えることができるのでおすすめです。

引越し業者を選ぶときは複数社から見積もりをとる

引越し業者も不動産業界同様に、閑散期と繁忙期があります。また、業者によって引越し料金は異なります。

不要なサービスを徹底してカットすることで、他社と差別化を図る業者もあります。引越しの初期費用の総額を抑える観点から、引越し業者も複数社に見積もりをとるようにしましょう。

家具・家電はセット販売やフリマアプリを活用する

家具や家電の購入は一店舗でまとめて購入して、値段交渉をすると安く抑えられます。

また、フリマサイトの活用もおすすめです。フリマサイトでも状態の良い商品はありますし、専門店で購入するよりも大幅に安く手に入れることができます。

フリマサイトを利用する際は、出品者の評価や送料をチェックしてください。個人間のやりとりですので補償がありません。購入前に予防できることは予防しておいてください。

初期費用が分割できるsmooth(スムーズ)を利用する

default

現代、引越しをサポートするサービスは多く出回っています。

条件を入力することで豊富な物件の一覧を表示してくれるのはもちろんですが、契約まで結ぶことで「10%還元」や独自のキャンペーンで、さまざまな還元を付加サービスとして提供してくれます。

その中でも最も初期費用を抑えるという点に関して力を入れているのがsmooth(スムーズ)です。

smooth(スムーズ)は物件探しから、引越し完了後までサポートしてくれるサービスです。

その一つが「初期費用分割サービス」になっています。引越しに必要な費用の中でも大半を占めるのが家賃5ヶ月分必要になる初期費用です。

大半を占める初期費用が分割できるとなると、気持ちはだいぶラクになりますし、物件探しや家具購入も妥協することはなくなります。

LINE登録ひとつで利用できるので、引越しにお困りの方、引越し後の生活に不安を感じる方にもおすすめのサービスになっています。

まとめ

引越しの初期費用は工夫次第で安く抑えることができます。

・敷金・礼金なしの物件を選ぶ ・不動産業界の閑散期を狙う ・引越し業者選びは複数社に見積もりを依頼する ・フリマアプリの活用

取り入れられる方法は全て取り入れてほしいコツですが、やはり限界はあります。

また値段交渉をするという手もありますが、時間がかかってしまいますし、欲張りすぎると審査に落ちる可能性もあります。

そんな時に利用したいのが、初期費用分割サービスを提供するsmooth(スムーズ)です。少し不安…そんな方もLINE登録したからと契約しないといけないわけではないので、とりあえずLINE登録だけしておいても損はないですよ。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!