賃貸初期費用は分割払いできる?クレジットカードより賢い分割払いの方法は?

folder-icon初期費用
初期費用
現金と電卓

賃貸契約の初期費用は家賃の4~5倍と言われており、物件によってはとても高額になります。新しい住まいに家具や家電を買うためにも、賃貸初期費用で高額の出費をすることを避けたい方は多いのではないでしょうか?

「家賃は予算内だけど、初期費用が高額で支払いができない・・・」

そんな方のためにここでは初期費用の分割払いの方法やそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介していきます。

また、利子・手数料が一切無料の初期費用分割払いサービス「スムーズ」もご紹介しますので、損なく賢く引っ越しをしましょう。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

クレジットカードでの初期費用の分割払いは可能?

引っ越し時の初期費用をクレジットカードで支払うことはできるのでしょうか?支払いができるケースとできないケース、クレジットカード利用時の注意点をここでは説明します。

不動産仲介業者がクレジットカードに対応していれば利用可能

不動産仲介業者がクレジットカード支払いに対応していれば初期費用を分割払いすることができます。しかし、クレジットカードでの支払いに関して下記のようなケースもありますので事前に不動産仲介業者に確認が必要です。

指定の会社のクレジットカードでしか使えないケースがある

利用者の多いカードブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、中国銀聯ですが、その中で仲介不動産業者が対応しているものでのみ利用することができます。

また、「VISAでは複数回の分割払いには対応しているが、JCBでは一括払いしか対応していない」といったケースもありますので、確認が必要です。

管理会社と大家から拒否をされてしまった場合、利用ができない

物件の管理会社と大家のどちらかからクレジットカード払いを拒否されてしまった場合、利用ができないケースがあります。初期費用のクレジットカード払いは最近導入が進んできた方法なのですが、まだクレジットカード払いを取り入れない方針の管理会社や大家もいますので注意が必要です。

決済手数料については注意が必要

クレジットカードで支払いをする際には、不動産仲介業者が決済手数料をクレジットカード会社に支払う必要があります。決済手数料は3%代が一般的です。

悪徳な不動産仲介業者では、初期費用のクレジットカード決済時に、「事務手数料」や「システム手数料」と行った項目を請求書に記載し、手数料を上乗せして請求をしてくるケースがあります。

クレジットカード会社が定める加盟店規約では、クレジットカードの利用者に「本来加盟店側が負担する手数料を肩代わりさせるのは禁止行為」とされています。

そのような項目が請求書に記載されている場合は不動産仲介業者にその旨を伝える必要があります。

クレジットカードで初期費用を支払うことのメリットとデメリット

ここではクレジットカードで初期費用を支払うことのメリット、デメリットについて記載しています。

メリット①一括払いや二回払い、ボーナス一括払いなら金利手数料なしで利用可能

クレジットカードをお持ちの方は基本的に一括払いでの利用が多いのではないでしょうか。一括払いの場合は金利手数料無しで利用することができます。また、二回払いやボーナス一括払いの場合でも金利手数料無しで利用することができます。

ボーナス一括払いに関しては各クレジットカード会社ごとで支払いの期日が異なりますので確認が必要です。

メリット②クレジットカードのポイントが溜まる

各社ごとに還元の方法は異なりますが、クレジットカードを使って支払いをすることでポイントが付与されます。ポイントの還元率は0.5%から1%、多いと5%ほどとなっています。

溜まったポイントはそのままクレジットカードの支払いに使うことができたり、ECサイトで買い物をする際に利用できたりと様々です。

デメリット①リボ払いや3回以上の分割払いは手数料が高額になってしまうので注意

クレジットカードでの支払いをする際に自分で支払い回数を選択して分割払いをすることができます。各社で異なりますが一般的には3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回・36回払いから選択が可能です。

しかし、3回以上の分割をする場合は金利手数料が発生してしまいます。

手元のお金を残すことができるので生活は安定しますが、最終的に支払う金額は金利手数料がある分高くなってしまいます。

例えば初期費用40万円を1年間かけて支払った場合、金利手数料が33,240円かかりますので最終的には433,240円を支払うこととなります。(実質年率15%の場合)デメリット②高額な初期費用がクレジットカードの利用限度額を圧迫してしまう

賃貸の初期費用は少ないと10万円から、多いと100万円を越すケースもあります。そのように高額な初期費用をクレジットカードで支払ってしまうと、設定されているクレジットカードの利用限度額を圧迫してしまい、普段の生活でのクレジットカード利用ができなくなってしまう可能性があります。

各契約ごとにクレジットカードの利用限度額は決められていますので、初期費用支払いで利用する時には事前の確認が必要です。

現金で初期費用の分割払いは可能?

一般的に賃貸契約の初期費用を現金で分割をすることはできません。

しかし、弊社の初期費用分割払いサービス「スムーズ」を使えば現金で分割払いが可能です。

そのほかの現金での分割払い方法も合わせてご紹介します。

初期費用の分割払いサービス「スムーズ」の利用がおすすめ

スムーズを利用すれば現金での初期費用の分割払いをすることができます。

クレジットカードで分割払いをすると金利手数料がかかってしまいますが、スムーズでの分割払いは金利手数料が一切かからず、損せずにお引越しをすることができます。

また、クレジットカードの場合は物件や不動産仲介業者によっては利用できないケースがありお部屋探しに制限がかかってしまいますが、スムーズは日本のほぼ全ての物件で利用することができます。

初期費用の分割払い

初期費用分割払いサービス「スムーズ」はこちら

大家さんから特別に許可をもらう

そのほかの現金での分割払い方法としては、不動産仲介業者や管理会社を通して大家さんに交渉し、現金での分割払いを認めてもらう方法があります。しかしこの方法は一般的では無いためおすすめされません。

賃貸初期費用は分割払いできる?クレジットカードより賢い分割払いの方法は?のまとめ

初期費用の分割方法のご紹介をしてきました。 最後にこの記事の内容をまとめます。

・クレジットカードは1回払い、2回払い、ボーナス一括払いなら手数料なしで分割が可能

・クレジットカードは3回払い以上の場合は金利手数料がかかってしまう

・「スムーズ」を使えば無利子・無手数料で現金で分割払いが可能

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

こちらもオススメ!

スムーズはクレカ分割よりお得に 初期費用をあと払いにできます!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!