引っ越し初期費用は高い!払えないときの対処法を詳しく解説

folder-icon
初期費用
初期費用
引っ越し

「引っ越しの初期費用っていくらかかるの?」

「引っ越しの初期費用が払えるか心配…。」

いざ、引っ越しをしようと思っても、初期費用が高額になると払えるか不安になってしまいますよね。

そこで、この記事では

・引っ越し初期費用の相場 ・引っ越しの初期費用が払えないときの対処法 ・おすすめの分割サービス

について、詳しく解説していきます。

これから引っ越しを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しの初期費用は30万以上?

引っ越し

引っ越しの初期費用は「家賃」によって決まるので、一概に30万円以上かかるとはいえません。

引っ越しの初期費用に含まれる主な費用はこちらです。

費用相場
敷金家賃1~2か月分
礼金家賃1~2か月分
仲介手数料家賃1.1か月分
前家賃家賃1か月分
火災保険料15,000円程度
保証料家賃1か月分
鍵交換費用15,000円程度

敷金や礼金は知っておる方も多いと思いますが、初期費用にはさまざまな費用が発生し、家賃の5倍~6倍程度かかると言われています。

そのため、家賃6万円以上の物件に引っ越す場合は、初期費用の合計が30万円を超える可能性が高いので注意しましょう。

また、引っ越しには賃貸初期費用以外にも、引っ越し業者への費用や家具・家電購入費用なども発生するので、なるべく安くできるように工夫するのがポイントです。

引っ越し初期費用はいつ払う?

引っ越しの初期費用は、基本的に契約時に現金で支払うものです。

そのため、引っ越しを検討する場合は、契約前までにある程度の初期費用の見積もりを出し、まとまったお金を準備しておきましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越し初期費用を払えないときの対処法

節約

引っ越しの初期費用は家賃の5倍~6倍かかり、決して安いものではありません。

そのため、「そんな大金すぐに準備できない」という方も多いはずです。

そんな方のために、引っ越し初期費用が払えないときの対処法を紹介します。

家族や友人から借りる

まとまったお金を準備できないなら、家族や友人に相談して借りるのもひとつです。

銀行や消費者金融では金利が発生しますが、家族や友人であれば金利0でお金を借りることができます。

しかし、お金の貸し借りはきっちりしなければなりません。

家族の縁が切れることはありませんが、友人の場合はトラブルに発展して縁が切れてしまう可能性もあります。

お金を借りる場合は、ちゃんと相談してから借りるようにしましょう。

自治体の補助金制度を利用する

意外と知られていませんが、引っ越し費用の補助金制度を設けている自治体もあります。

補助金であれば、お金を返す必要もないので安心して引っ越しすることができるでしょう。

しかし、補助金を受けるには利用条件を満たしている必要があります。

例えば、子供がいる、新婚である、など、自治体によって条件はさまざまなので、まずは引っ越し先の自治体HPを確認してみましょう。

分割払いにする

不動産会社によっては、分割払いに対応している場合もあります。

すべての不動産会社が対応しているわけではありませんが、契約前に一度確認しておくと良いでしょう。

また、その際にクレジットカード払いできるかどうかも確認しておくことをおすすめします。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

初期費用が高いと感じたら分割後払いできる「smooth」がおすすめ!

スムーズ ロゴ logo 横

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

引っ越しの初期費用は、家賃の5倍~6倍かかると言われており、家賃6万円の物件に引っ越す場合は30万円以上かかる計算になります。

決して安い金額ではないので、初期費用が払えない場合はこちらの対処法を検討してみてください。

・家族や友人にお金を借りる ・自治体の補助金制度を利用する ・分割払いにする

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の状況に合わせて選ぶようにしましょう。

もし、それでも解決しない場合は、初期費用を分割後払いにできるsmoothの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます