全物件を初期費用10万円以下で引越す方法|初期費用のあと払いを活用しよう

folder-icon
初期費用
初期費用
hikkoshi-woman

「引越しを考えているけど、初期費用を10万円以下にして何とか引越したい。」

「初期費用が高いから引っ越しできない・・・初期費用を安く抑える方法ってないのかな?」

このような悩みを抱えている方、少なくないと思います。

初期費用を10万円以下にして引越す方法はいくつかありますが、一番おすすめなのは「スムーズ」を利用した引越しです。

本記事では、スムーズの利用を含めた初期費用10万円以下で引越す方法について、詳細を解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

初期費用の相場

お金

エリアによっても異なりますが、賃貸の初期費用の相場はおおむね「家賃の6~7ヵ月分」となるケースが多いです。

初めて賃貸物件を借りる人からすると「意外に高い」と感じるかもしれません。

たとえば、家賃が5万円であるとすると、初期費用は「30万円~35万円」となってきます。

都心部になってくると、より初期費用が高くなることもあります。引越し費用や家具購入費用を合わせると、50万円近くの費用が生じてしまうことも少なくありません。

初期費用の内訳

初期費用

賃貸の式費用の内訳は、おおまかに下記のようになっています。

  • 敷金

  • 礼金

  • 仲介手数料

  • 前家賃

  • クリーニング費用

  • 鍵交換代

敷金は一時的に大家さんに預けておくお金になるので、賃貸を滞納するなどトラブルを起こさなければ退去時に返してもらえます。

礼金に関しては、大家さんに支払う手数料のようなものであるため、こちらは原則戻ってきません。

仲介手数料は不動産会社に支払う費用になります。料率は不動産会社によって様々ですので、利用前に要確認です。

前家賃は、1ヵ月分の前払い分の家賃です。こちらは大家さんによっては設けていないケースもあります。クリーニング代・鍵交換代に関しても、賃貸によって有無が異なってきます。

初期費用で大きな割合を占めるのは「敷金・礼金」になります。

敷金・礼金は家賃の数か月分で算出することが多く、金額が大きくなりがち。

間取りが広い賃貸ほど敷金・礼金の金額が大きくなる傾向にあることを頭に入れておきましょう。

初期費用10万円以下の部屋を探す方法

初期費用10万円以下の部屋を探す方法

初期費用10万円以下の部屋を探すには、不動産会社から情報を集める必要があります。

不動産会社はネット上に掲載している物件以外にも、多くの物件を扱っています。ネット上の物件情報は、不動産会社が持っている物件情報の一部に過ぎません。

初期費用10万円以下で済む部屋があるかどうか、不動産会社を回って探すのが最も確実です。

ただ、1日で回れる不動産会社の数にも限りがあるので、仕事で忙しい方の場合だと中々良い物件を探し出すのが難しいです。

内見を行う時間も考えると、実際に引越すタイミングを踏まえて計画的に物件を探す必要がありますね。

初期費用が低いお部屋に引越すデメリット

初期費用が低い物件のデメリット

初期費用が10万円以下で済む物件に引越すと、下記に挙げるデメリットを被る可能性があります。

  • 防音が十分でない

  • 隣人トラブルが多い

  • 間取りが狭い

防音が十分でない

初期費用が低いお部屋の場合、防音が十分でないケースが多いです。

隣や上の階の住人の生活音が聞こえるなど、日々の生活に支障をきたすことも少なくありません。

初期費用が安いということは、それだけ物件の老朽化が進んでいる可能性も高いです。

せっかく引越したのに、音がうるさくて快適な生活を送れないということも十分想定されます。

隣人トラブルが多い

初期費用が低いお部屋だと、隣人トラブルが多い可能性があります。

上述した音のトラブルなどが原因で隣同士で言い争いになってしまったり、ゴミ出しのマナーが悪く、異臭騒ぎになってしまうなど、各種トラブルが生じるリスクが高いです。

隣人トラブルに巻き込まれた結果、再度引越しを行うケースもあるので、金額面のみで物件を決めるのは避けた方が無難です。

間取りが狭い

初期費用を10万円以下に抑えるとなると、間取りは狭くなると考えましょう。

エリアにもよりますが、都心部で賃貸の初期費用を10万円以下にするとなると、間取りはワンルームが大半です。

良くて1Kといったところです。地方になると、もう少し間取りは広くなりますが、2人以上で済むとなると手狭に感じてしまう物件が多いでしょう。

広い間取りの部屋に済みたい場合は、初期費用10万円以下の物件にこだわらずに広く物件を探す必要がありますね。

一人暮らしの初期費用を10万円以下に抑える6つのコツ

初期費用を抑えるコツ

賃貸物件にかかる初期費用は、以下のような点に注意することで費用を抑えることができます。

ゼロゼロ物件やフリーレント物件

敷金・礼金が0円になっているゼロゼロ物件や、数日~数か月分の家賃が0円になっているフリーレント物件を選ぶことで初期費用を大幅に抑えることができます。

敷金や礼金は家賃の1ヶ月~2ヶ月が相場のため、ゼロゼロ物件を選ぶことで数万円~数十万円安くすることができます。

また、フリーレント物件では一定期間家賃が0円になるため、上手く利用することができると初期費用10万円以下も可能でしょう。

これらの物件を選ぶことで初期費用が抑えられるため、引っ越しがしやすくなりますね。

ただし、家賃の値段が高めになっていることや、退去時にお金がかかることがあるので慎重に選ぶことを忘れないで下さい。

仲介手数料がお得になっている

仲介手数料が半額やタダになっている物件を選ぶことで初期費用を抑えることができます。

家賃の1ヶ月分に相当すうる仲介手数料は、物件によっては仲介手数料が半額やタダになっていることがあります。

フリーレント物件と同じくらいお得になるため、物件を探す際はこちらも注意してみると良いでしょう。

家賃が安い物件

家賃が安い物件を選ぶことで初期費用10万円以下にできる可能性があります。

家賃が安い物件なら敷金や礼金の金額も安くなるため、初期費用を減らすことができます。

家賃が高い物件の場合は当然のことですが敷金や礼金も高くなるので、まずは家賃を選ぶことが負担が軽くなるでしょう。

賃貸保証会社への加入条件がない物件(連帯保証人でOKな物件)

物件によっては賃貸物件を借りる際、連帯保証人ではなく賃貸保証会社への加入が必須条件になっていることがあります。

賃貸保証会社への加入の費用は、家賃の0.5ヶ月~1ヶ月が相場となっています。

そのため、連帯保証人で良いとされている物件なら数万円分初期費用を安くすることができるでしょう。

月末近くに入居すると日割り家賃を抑えられる

いつ入居するかが初期費用に関係します。

初期費用には「前家賃」に加えて、入居日~月末までの日割りでかかる家賃の「日割り家賃」という項目があります。

入居する日付が月末近くなら日割り家賃は数日分になりますが、月初めに入居するなら日割り家賃が1ヶ月近くかかってしまいます。

そのため、入居する日も計画的に考えておくと良いでしょう。

不要なオプションを外す

初期費用の中には必ず必要な項目と、オプションに分けられる不要な項目があります。

不要なオプションは全て外すことができると数万円分、初期費用が安くなるでしょう。

例えば、ハウスクリーニング代、消毒量、安心サポートなどの項目が挙げられます。

契約前に隅々まで確認しておきましょう。

それでも初期費用が10万円以下にならない時の対策

初期費用

あらゆる手段を使ったとしても賃貸物件にかかる初期費用が10万円に収まらない場合があるでしょう。

すこし考え方を変えることで、引っ越しができる可能性があります。

以下の方法を参考にしてみて下さいね。

引っ越し費用を抑える

たとえ賃貸物件にかかる初期費用が10万円以下にならなくても、引っ越しにかかる費用を抑えることで引っ越しの総額は変わらなくなります。

例えば、引っ越し業者を利用せずに家族や友人に協力してもらうことで費用を抑えることができます。

さらに、新しい部屋で使う家具家電も中古で揃えるなど、節約することで引っ越しにかかる総額の費用を抑えることができるでしょう。

初期費用をクレジットカードの利用や分割払いにする

初期費用を分割払いにすることで金銭的な負担が減り、賃貸物件の選択肢が広がります。

クレジットカードで初期費用を分割払いしたり、初期費用を分割払いできる物件・不動産を利用することで初期費用の負担が軽くなります。

憧れていた物件に住むことが可能になるでしょう。

賃貸の初期費用を10万円以下に抑えるにはスムーズがおすすめ!

「自分が納得のいく物件に住みたいけれど、初期費用が10万円を超えてしまう。10万円以下の物件を探すしかないのか...」

このようなお悩みを抱えている方にぜひおすすめしたいサービスが、初期費用あと払いサービス「スムーズ」です。

スムーズは、初期費用を全額一括で立て替えてくれるサービスです。立て替えた費用は、あと払い形式で返済していく形になります。

スムーズを利用して、初期費用をあと払いで返済していけば、初期費用10万円以下の物件にこだわる必要はありません。

あと払いで返済は行いますが、スムーズを使えば入居時にかかる初期費用を「0円」にすることが可能。

物件の初期費用が10万円を超えていても、一括で支払う必要がなくなるのです。

初期費用10万円以下という縛りが無くなれば、物件選択の幅は一気に広がります。

自分が本当に住みたいお部屋に住むことができるので、経済的にゆとりがない方でも無理なく引越すことが可能です。

スムーズのあと払い返済は「無利子」にできる

スムーズを活用するメリットとして、あと払い返済を「無利子」で行える点が挙げられます。

初期費用の返済を「6ヵ月分割」にすることで、当初の初期費用と同額の金額を返済するだけで済みます。

銀行やカードローンでの融資の場合、必ず利子がついてきますが、スムーズの場合は条件を満たせば無利子の状態にできるのです。

これは、スムーズが提携の不動産会社から紹介料を得ていているため、実現することができています。

スムーズを利用する際は、提携の不動産会社から物件の紹介をしてもらうことになりますが、提携先の不動産会社は日本全国ほぼすべての物件を扱っているので、実質的に物件の選択肢が狭まることはほとんどありません。

スムーズを利用することで、初期費用の金額に縛られない物件選びを実現できます。賃貸の初期費用でお困りの方はぜひスムーズを利用してもらい、自由な引越しを実現していきましょう。

d58784-1-388058-1

まとめ

初期費用の相場はエリアによって異なりますが、全てを合わせると50万円近くなることが多いです。

しかし、物件はフリーレント物件やゼロゼロ物件から選んだり、不要なオプションを外してもらうなどの方法を活用すると初期費用を10万円以下に抑えることも可能でしょう。

また、初期費用が10万円では収まらなかった場合は「スムーズ」での分割払いがおすすめです。

スムーズでは初期費用にかかるお金を無利子で後払いできるため、初期費用が高くて諦めていた物件も住むことが可能になりますよ。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!