賃貸初期費用の前家賃とは?契約時に必要な初期費用について解説

folder-icon
初期費用
初期費用
calculator

マンションやアパートの賃貸物件を借りる際に初期費用がかかります。

その中で「前家賃」という項目があるのをご存知でしょうか?

「前家賃って普通の家賃とどう違うの?」「費用はどのくらいかかる?」

などと気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、賃貸の前家賃の仕組みや支払い時期、前家賃以外の初期費用などについて解説します。

前家賃についてを詳しくを知ることで、賃貸物件の契約を納得して進めることができるでしょう。

ぜひ、参考にして下さいね。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸の前家賃とは?仕組みを紹介

初期費用

賃貸物件を借りる際には、初期費用の中に「前家賃」という項目で家賃が請求されています。

前家賃とは〝先に家賃を払うこと〟であり、借主が安全に住むことができる仕組みとなっています。

退去までずっと次の月の家賃を支払うことになり、契約時に当月分と翌月末の家賃を先支払いすることが一般的です。

そのため、前家賃は入居する時期によって支払う金額が変わってきます。

例えば、5月に賃貸契約をして6月1日から入居するのであれば、6月分の家賃だけを支払うのでわかりやすいでしょう。

一方で、月の中途半端な日付から入居する場合は「日割りの家賃×日数+次の月の家賃」が前家賃となります。

5月の15日に入居する場合、5月15日~5月31日の日割りの家賃+6月分の家賃が必要でしょう。

前家賃を払う理由って?損をするわけではない

お部屋に住む前から家賃を支払うなんて、払い過ぎなのでは?と思ってしまうでしょう。

しかし、実際には翌月分の家賃を支払っているだけなので、損をしているわけではありません。

ここでは、前家賃を支払う理由を紹介します。

また前家賃を支払う際の注意点もあるため、一緒に確認して下さいね。

前家賃を支払う理由

賃貸物件が前家賃になっている理由は、家賃の滞納によるリスクを防ぐためです。

大家さんや管理会社などの貸主は賃貸経営で収入を得ているため、家賃の未納があって収入が得られないのは大きな問題になります。

家賃未納のリスクを減らすためにこのような仕組みにしており、物件のほとんどが前家賃です。

また借主としても、あらかじめ次の月の家賃を支払っているのでギリギリになって家賃の心配がないことは安心な点であるでしょう。

ただし、少数ですが後家賃の物件もあります。

前家賃か後家賃なのかは自分で選べることは無く、あらかじめ決まっていることなので契約時にしっかりと確認しておきましょう。

注意点

前家賃は賃貸物件に安心して住むことができる仕組みですが、注意点があります。

不動産や物件によっては〝2カ月先まで請求される場合がある〟ことです。

翌月の家賃と翌々月の家賃の2カ月分を請求されることがあるため、入居する日付によっては約3ヶ月近くの家賃が請求されることがあります。

前家賃が1ヶ月分なのか、3ヶ月近くかかるのでは初期費用が大きく変わるので注意が必要です。

家賃をどこまで先払いするか気になる方は、契約前に不動産会社に問い合わせしてみましょう。

前家賃っていくらなの?前家賃に相場はない

初期費用

前家賃は賃貸物件の家賃を入居前に支払っていることであるため、相場はありません。

相場はありませんが、その物件の前家賃は1ヶ月分なのか2カ月分なのかでは支払う金額が変わってきます。

最低限でも家賃の1ヶ月分はかかると覚えておきましょう。

前家賃は初期費用で支払うけど次の家賃はいつ支払うの?

次に家賃を支払うのは、約1ヶ月~2ヶ月後になるでしょう。

例えば3月の中旬に入居する場合は、前家賃で3月分の日割り家賃と4月分の家賃を支払うことになります。

毎月の家賃は先払いになるため、次の支払いは4月の決められた日付までに支払うことになるでしょう。

ただし、前家賃が2カ月分が必要な物件は先に2カ月分の家賃を支払っているため、次に家賃を支払うのは5月となります。

前家賃は退去する時にメリットがある!

賃貸物件

前家賃であるメリットは、退去する月の支払いがない事です。

毎月、翌月分の家賃を支払っているため、家賃の支払いは退去する前の月までの支払いになります。

家賃を早く支払い終えることができるため、次に住む家が決まった際の金銭面の負担を減らすことができるでしょう。

前家賃を払う時期

民法614条には、賃料の支払い時期が規定されており「賃料は、動産、建物及び宅地については毎月末に、その他の土地については毎年末に、支払わなければならない。」と後払いになっています。

しかし、法律上は契約自由の原則があり、賃貸借契約書(特約など)が民法に優先され前家賃にしているところがほとんどです。

全物件で前家賃は請求される?前家賃がない物件ってあるの!?

賃貸物件

一部の賃貸物件や公営住宅では家賃の後払い制度がありますが、民間の賃貸物件ではほとんどが前家賃となっています。

一方で、フリーレントの賃貸物件では前家賃がそのものがなくなります。

賃貸物件を契約する際の初期費用では、前家賃は大きな割合を占めるため支払いが難しい場合は、フリーレント物件を選ぶと良いでしょう。

フリーレント物件とは?

不動産のポータルサイトや不動産屋の店舗で貼られているマイソクに「フリーレント半月」「フリーレント1ヶ月」と表示されています。

これは、入居してから期間中の家賃が無料になるということです。

フリーレント物件のメリット

初期費用

・初期費用を抑えられる

フリーレントであれば、前家賃が不要となるので初期費用を大きく抑えることができます。

・大家さん側のメリット

大家さん側にとっては、空室期間が続くとそれだけ家賃収入が入ってこない状況となります。

一方、家賃の値下げをすると他の入居者からも家賃の減額請求をされる可能性もあり、 不公平感が生じます。

1日でも早く空室を埋めたい場合や入居者からの不満を解消するためにもフリーレントは有効な手段となります。

・二重家賃を防ぐことができる

賃貸物件の退去通知は、一般的に退去の1ヶ月前とされています。このため、良い物件を早めに見つけた場合は、家賃の二重払いが発生するケースもあります。

フリーレント物件であれば、家賃の二重払いを気にすることなく余裕を持って引っ越しの準備ができます。

フリーレントのデメリット

・短期違約金が発生する

短期間で解約すると違約金が発生する場合がほとんどです。なぜならフリーレント物件では短期間の退去により、ある程度の損害を被ってしまうからです。

フリーレントの期間については、賃貸借契約の締結日や契約期間の開始日など 異なり、事前に確認する必要があります。

また、転勤などで短期間で引っ越しをする方には不向きな物件となります。

・共益費・管理費がかかる

家賃の無料期間があっても、共益費・管理費は最初から発生する場合もあります。フリーレント期間の共益費・管理費を確認しておきましょう。

・家賃が高めに設定されている

フリーレント物件の中には、家賃が少し高めに設定されているところもあります。 長い目で見ると逆に割高な物件となるケースもあります。

前家賃以外に必要な初期費用

お金

賃貸物件を借りる際には、前家賃以外にもさまざまな初期費用がかかります。それぞれ解説します。

・敷金

家賃の滞納や退去時の原状回復による修繕費などに充てらる、あらかじめ預けておくお金です。退去時に残りがあれば返還されます。相場は、家賃の1〜2カ月分です。

関西では「保証金」とも呼ばれています。

部屋を丁寧かつ綺麗に使用していれば、クリーニングや修繕費用があまりかからずに済むので、多く返還される可能性があります。

・礼金

大家さんにお礼として支払うお金です。相場は、家賃の1〜2カ月分です。こちらは退去時に返還されません。地域によって金額の基準が異なる場合があります。

・仲介手数料

賃貸物件を借りた際に不動産屋が仲介したときに支払うお金です。相場は、家賃0.5カ月~1カ月分+消費税です。仲介手数料の上限は、国土交通省告示で賃料の1カ月分と示されています。

ただし、契約の取り消しや無効があれば請求されることはありません。あくまでも契約が成立した場合のみ支払います。

・管理費/共益費

マンションやアパートの維持管理に必要な費用です。具体的には、エレベーターや浄化槽などの保守点検、エントランス、駐輪場などの清掃に関する費用です。

・火災保険料

賃貸契約の際は、ほとんどのケースで火災保険の加入を求められます。火災や水漏れ、爆発、地震、盗難などに対する保険です。

対象は入居者の家財部分、大家さんに対する補償、日常のトラブルに関する補償などがセットになっている場合が多いです。

契約期間は一般的に2年更新で2年分まとめて支払います。あくまで任意ですので、法律上の加入義務があるわけではないです。

・保証料

賃貸物件に入居する場合は、連帯保証人を求められることが多いです。しかし、連帯保証人を立てることができない方は、保証会社を利用して保証料を支払います。

保証会社は、入居者が家賃を滞納したときに立て替えなどの保証をします。最近では、保証会社との契約を求める物件が増えてきています。

・鍵交換費用

防犯上の観点から、前の入居者が使用していた鍵の取替えにかかる費用です。 相場は、15,000~20,000円程度です。

ただし、防犯性が高い鍵であればあるほど値段が上がります。

・インターネット利用料

「インターネット対応」や「光インターネット対応」、「インターネット完備」などの物件があります。

「インターネット対応」は、マンションなどの共用部まで回線が引かれている状態を指します。ただし、部屋までの回線を引き込む工事やプロバイダ契約が必要です。

「光インターネット対応」は、共用部や各戸まで光回線が引かれているケースがほとんどです。

「インターネット完備」は、プロバイダ契約も済んでいる状態ですぐにインターネットを利用できます。

インターネット利用料は、家賃に上乗せされていないか、管理費に含まれていないか周辺物件と比較しながら、事前に確認する必要があります。

初期費用を抑えたいときは「スムーズ」利用がおすすめ

初期費用を全額支払うのが難しい場合は、賃貸初期費用あと払いサービス「スムーズ」の利用がおすすめです。

初期費用を全額一括で立て替えていただけます。

あと払いであれば、入居時の初期費用を0円で引っ越しすることができます。

「スムーズ」利用をするときのメリット

スムーズを利用するメリットは以下のようになります。

  • ほぼすべての物件で利用可能

  • LINEでお部屋探しの提案を行っている

  • 初期費用の金額に縛られない物件選びが可能

  • 6回払いであれば、分割手数料や金利は一切掛からない

カードローンであれば、最大の金利が「年20%」となっているので月々の返済が大きくなりますが「スムーズ」を利用すると無利子で返済できます。

月々の負担が大幅に抑えられるのが最大のメリットとも言えるでしょう。

まとめ

ここでは、賃貸の前家賃の仕組みから支払う時期、全物件で請求されるのか、その他、前家賃以外の初期費用についても解説しました。

前家賃についての仕組みを理解できると損をしているわけではないことを知ることができ、安心して賃貸物件を借りることができるでしょう。

また、前家賃を含め初期費用をできるだけ抑えたい方は「スムーズ」の利用も検討してみましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!