本当に家賃8万円はもったいない?適正家賃を徹底解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
shutterstock 2073473822

「家賃8万円は本当にもったいない?」

「適正家賃っていくら?」

家賃8万円の物件に引っ越すのはもったいないのか、不安に思う方も多いでしょう。

そこで、この記事では

・家賃8万円が本当にもったいないのか ・家賃8万円がもったいないと感じる理由 ・適正家賃

について、詳しく解説していきます。

家賃がいくらの物件に住むのが適正なのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

家賃8万円がもったいないと感じる理由

賃貸

家賃8万円の物件がなぜもったいないと感じるのか、その理由はいくつかあります。

・マイホームと比較して ・家賃と生活費のバランス ・他のエリアと比較して

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

マイホームと比較して

家賃8万円の物件がもったいないと感じる理由のひとつに、マイホームと比較していることがあります。

いわゆる、毎月8万円を支払うならマイホームを購入して毎月8万円の借金を返済するのと変わらないのでは?と考えているケースです。

実際、国土交通省が発表した「住宅市場動向調査」によると、毎月の住宅ローン平均返済額は中古住宅で約83,000円、中古マンションで約84,000円と、8万円前後であることがわかります。

ここに管理維持費などが上乗せされるため、毎月10万円~12万円程度の支払いが可能であれば、マイホームを検討するのもひとつでしょう。

家賃と生活費のバランス

家賃の支払いで家計が圧迫しては元も子もありません。

とくに、転職や就職など、収入が変わるタイミングでは収入に対して家賃が合わないケースも考えられるので、十分注意しましょう。

適正家賃については、このあと紹介します。

他のエリアと比較して

他のエリアと比較してもったいないと感じることもあるでしょう。

例えば、東京では家賃8万円は平均、もしくは安い部類に入りますが、地方の一人暮らし用物件は家賃4万円や5万円が相場のエリアもあります。

そのため、家賃に8万円も払うのがもったいないと感じるかもしれませんが、東京などの都心部では物価が高いので仕方がありません。

もし、通勤や通学が遠くなっても家賃相場が安いエリアに住みたい場合は、周辺エリアの相場を調査して物件探しを行いましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

家賃8万円でももったいなくない人の特徴

節約

家賃8万円の物件がもったいないかどうかは、その人によります。

例えば、以下の項目に当てはまる場合はもったいないとはいえません。

・こだわり条件が多い ・都心部など人気エリアに住んでいる

こだわり条件が多い

物件を選びではこだわり条件を選ぶと思いますが、条件が多いほど良い物件に近づいていきます。

築年数や駅からの距離などが一般的ですが、その他にも「バス・トイレ別」「独立洗面所」「オートロック」「駐車場」など、条件はこだわりだせばキリがありません。

こだわり条件が多いほど、人気物件で家賃も高くなる傾向にあるので、その場合は家賃8万円でも妥当になる可能性があります。

都心部など人気エリアに住んでいる

東京内のエリアにもよりますが、人気エリアでは一人暮らし用物件でも家賃10万円以上かかることがほとんどです。

そのため、東京23区などの人気エリアでは家賃8万円は逆に安いといっても過言ではありません。

エリアによって家賃相場は大きく異なるので、物件選びの際はエリアの相場を調べることから始めましょう。

家賃8万円は適正なのか?

家賃8万円の物件が適正かどうかは、収入によります。

一般的には収入の3分の1程度が適正家賃と言われているので、家賃8万円の物件に住むには月収24万円以上必要になります。

あくまでひとつの目安ですが、物件を選ぶ際は基準にするとよいでしょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

賃貸契約の初期費用に困ったら「smooth」がおすすめ

スムーズ ロゴ logo 横

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

家賃8万円がもったいないかどうかは、その人の収入や物件のエリアによって変わってきます。

例えば、地方の一人暮らしで家賃8万円は高く感じますが、東京23区の人気エリアでは逆に安いとも取れます。

また、こだわり条件が多く理想が高い場合も家賃8万円が妥当になるケースもあるので、一概に家賃8万円がもったいないとはいえません。

もし、引っ越しの初期費用が高く支払に困った場合は、smoothの利用を検討してみてください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます