家賃9万円の初期費用はいくら?節約して引っ越す方法も解説

folder-icon
初期費用
初期費用
お金の問題

引っ越しを検討している人にとって、初期費用は重要なポイントです。

引っ越し業者費用や家具家電の費用などまとまった出費がかさなるタイミングではなるべく安く費用を抑えたいですよね。

この記事では、家賃9万円の家に引っ越しを検討している人に向け、初期費用の相場と引っ越し費用を節約する方法を紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

家賃9万円物件の引っ越し初期費用

引っ越し

引っ越しの初期費用は、家賃によって価格が決まる部分と、変動せずに発生する部分があります。

例えば、敷金礼金は家賃×1~数か月分という形で決まっているため、家賃の高い家に住むほど初期費用も高額になる仕組みです。

初期費用の相場

引っ越し初期費用の相場は、家賃×4ヶ月分と言われています。

つまり、9万円の家賃の家に引っ越す場合、36万円前後の費用がかかると想定されます。

初期費用は一括で設定されているわけではなく、家主や不動産屋がそれぞれの項目で価格を設定する仕組みです。

そのため、初期費用を節約するにはまず何にいくらかかっているかを知ることが大切です。

初期費用の内訳

初期費用の内訳はだいたい以下の通りです。

敷金:家賃1ヶ月分

礼金:家賃1ヶ月分

仲介手数料:家賃×0.5~1ヶ月分

火災保険料:1.5万円

保証料:家賃(+共益費)×0.5万円

鍵交換代:1~2万円

クリーニング代:3~7万円

その他:1~2万円

このように、敷金礼金や仲介手数料は家賃を基準にして設定されているため高い物件に住むほど高額になります。

一方、鍵交換代のように物件の価格にかかわらず一定して発生する費用もあります。

何にどの程度費用がかかっているかを把握し、節約できるポイントを探すことが大切です。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

家賃9万円物件の初期費用を節約するには…

初期費用を抑えるコツ

初期費用は家主と不動産屋が価格を決めている部分が大きいため、条件次第では交渉をすることもできます。

敷金礼金・仲介手数料

敷金礼金や仲介手数料は引っ越し初期費用の中で、家賃を基準にして設定されている部分です。

入居の条件などを確認する際に、費用が少しでも安くならないか交渉することができます。

敷金は、退去時に問題が見つかった場合の修繕費用に充てるお金です。

どうしても家を貸し出したいという家主は、敷金を減額もしくは無料にしてでも契約に応じてくれる場合もあります。

これは家主の考え方に基づくものなので、物件ごとに状況が異なります。

家主と不動産屋の関係が親しい場合は特に交渉できる可能性が高まります。

また、不動屋の決算月に引っ越しをすると、こうした交渉が通りやすい傾向にあります。

火災保険料

火災保険料は自分で安い保険会社を選ぶこともできるので、こだわって探せば費用を抑えることができます。

保険料は保険がカバーされる範囲によっても異なるため、万が一の際に十分な補償が受けられるように慎重に内容を確認しておきましょう。

その他サービス代

クリーニング代や鍵交換代など、入居の際にかかるその他のサービス代も費用を抑えられる可能性があるポイントです。

クリーニング代は、退去する人が支払う場合と、入居する人が支払う場合があります。

どちらが支払うことになっているかは契約書に書かれているので、事前にチェックしておきましょう。

鍵交換代は一般的に借主が防犯上の目的で行うことになっており、1~2万円程度の負担になります。

家主と交渉することで鍵交換代を抑えられる可能性もあるので、契約を結ぶ前に確認するのがおすすめです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

節約して引っ越しする方法

引っ越し準備

ここまで初期費用を抑えるための方法を紹介してきました。

他にも、引っ越し業者代金や家具家電代を抑えることで引っ越しにかかる全体的な費用を抑えることができます。

引っ越し業者代金を節約する

引っ越し業者の費用は一般的に、移動する距離と荷物の量と引っ越し時期にとって価格が決まります。

引っ越しの時期を選べる場合は、2~4月の繁忙期を避けることで、比較的安く引っ越し業者を利用することができます。

また、見積もりを一件だけでなく複数からとることで、価格や条件を比較することができます。

家具家電代を節約する

新生活を一から始める場合、家具家電を揃える必要があります。

冷蔵庫や洗濯機などの家電は安くても2万円以上するものも多く、最低限の家具家電を揃えるだけでも10万円以上は必要です。

そこで家具家電代を節約するために、もともと家具家電がついている物件を探すという方法があります。

選択肢は狭まりますが、安く身軽に引っ越しをしたいという人におすすめです。

引っ越し初期費用を分割払いする

家賃9万円の物件に住む場合、初期費用相場は36万円程度なので、大きな出費となります。

なにかとお金のかかる引っ越し時に、この出費は痛手…という人におすすめなのが「smooth」です。

「smooth」は、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割払いすることのできるサービスです。

自分で選んだ物件で利用することができ、出費が重なるタイミングを避けて支払いをすることができます。

引っ越し費用の支払いを分散したいという人におすすめです。

気になる方は、公式サイトをのぞいてみてくださいね。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

家賃9万円の物件の初期費用は、家賃4ヶ月分にあたる36万円程度です。

費用の内訳の中には、交渉次第で値下げが期待できる部分もあるので、何がどの程度かかるのかを把握し、不動産屋と話をしてみましょう。

以上、家賃9万円の物件にかかる初期費用でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!