礼金ってなに?帰ってこないの?何のためのお金?徹底解説!

folder-icon
初期費用
初期費用引越し情報
交渉
logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しの際に大きな壁となるのが初期費用です。家賃の半年分ほどの金額を用意しなければいけないと言われていますが、前払い金や仲介手数料と違い意味のよくわからない礼金と敷金。この記事では礼金にフォーカスを当て、何のお金なのか、払わないで済む方法などを解説していきます。

礼金ってなに?

そもそも礼金とは、大家さんに「家を貸してくれてありがとう。」という意味で大正時代ごろに支払われていたお金です。当時は関東大震災などで、多くの家屋が倒壊、火災などに見舞われ住む環境が少なく、空き部屋が不足し支払われていたお金です。その慣習が今でも残り、支払っているお金です。今では貸物件が余っている状況のため、成り立ちだけ見ると極めておかしい費用です。 新築物件や好立地、好条件の物件であれば、「私に優先的に貸してくれてありがとう」という意味で支払っても問題はないかと思いますが、長い間空室が続く物件などは、どの立場で支払いをしているのかよくわからないお金になりますね。

礼金は返ってくるの?

礼金は返ってきません。先述の通り、礼金は御礼のお金です。それを返してというのはおかしいことです。もちろん礼金が習慣として残っているのが一番おかしいのですが… 礼金に関しては、法律で定義されているものでもありません。そのため、返還義務も支払い義務も定額も決まっていないため、金額の設定は大家さんと仲介会社によって設定されていることが多いようです。

礼金に相場はあるの?

礼金の相場は1か月~2か月分が一般的なようです。しかし、礼金を支払っている人と、払っていない人の割合はほぼ半々となっているため、仲介会社や大家さんにありがとうと思う気持ちがあれば払っていいかと思いますが、もしない場合、しっかりと交渉をして初期費用を抑えるべきです。 実際に礼金を払った50%近くの人の7割以上の人が払った金額は一か月以下分の金額しか支払っていないようです。ここを抑えることで初期費用を安くできるため、礼金ありの物件なのかを確認し、有りの場合は交渉に持っていくべきでしょう。  敷金礼金に関してはどちらも0の物件(ゼロゼロ物件)などもありますが、家賃が一般相場より少し高く設定されている場合もあります。そこのみ気をつけて引っ越してしまうと長い目で見たときに損してしまう可能性もあります。しっかりと近隣の相場なども確認したうえで計画的に物件選びを進行しましょう。 単身赴任などで短期間のみしか住まない場合はゼロゼロ物件の方がお得に引っ越せる場合もあるため、自分の未来も顧みつつ最終的な損益を計算する必要があります。

交渉するためには?

まず礼金は交渉していいのか不安に思うことがあるかと思いますが、交渉すること自体は一切失礼なことではありません。もちろん絶対に安くなる保証はありませんが、交渉自体は問題ではありません。 相場より礼金が高い場合や不便な物件、長い間入居者がいない物件等交渉しやすい物件等は、比較的容易に交渉が進められるでしょう。さらに引っ越し時期なども重要です。夏ごろに物件を探すことで、交渉に応じてくれる可能性は高くなります。夏に開いている物件は来年の春まで空室になる可能性が高いため、少しでも損失を減らすために敷金礼金、仲介手数料等、初期費用を安くして入居を促す可能性があります。 交渉のコツとしては、「この金額まで値引きをしていただければ、必ず契約します。」と伝えることです。これを言うことで、「この人は値引き対応をしなければ、ほかの物件を探してしまう」と勝手に解釈し、できる対応はしてくれることでしょう。明らかに難しい金額の場合はっきりと断られてしまうため、相場などをよく考えたうえで交渉に臨みましょう。 高圧的な態度で交渉に挑むのは逆効果のため、あくまでも物腰は柔らかく話を進めていくといいでしょう。 どうしても理想の物件で値下げも難しく、初期費用が用意できない場合、無料で初期費用を分割できる「smooth」を利用するのも一つの手です。「smooth」では分割手数料なしで初期費用を分割決済可能です。さらに希望を伝えると最適な仲介業者も紹介してくれる、引っ越し検討ユーザーからするとおいしい話ばかりです。 ここまでいい話ばかりだと怪しく感じますが、様々な認可を受け運営をしている安心の企業です。

 まとめ

この記事では礼金とは何なのか、その成り立ちを含めてお伝えしてきました。慣習という意味が強い費用ではあります。法律で定められているわけでもなく、返還義務もないため、慎重に確認が必要です。 しかし新たな生活をしていく上で付き合っていく大家さんや仲介会社との関係性の部分ではしっかりと支払うべき費用でしょう。もちろん引っ越しの初期費用を削減していく意味を含めると、かなり大きなお金が動くタイミングではあるため、節約できそうなのであれば無理のない範囲で交渉し、安く引っ越しを進行しましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!