デザイナーズマンションの初期費用はどれくれい?デザイナーズマンションのメリット・デメリットと一緒に詳細解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
designer-room

近年、おしゃれな間取り・内装で人気を博しているのが「デザイナーズマンション」です。有名建築家やデザイナーが設計したデザイナーズマンションも多く登場してきており、都心部を中心に人気が高まってきています。

本記事では、デザイナーズマンションの初期費用について、デザイナーズマンションのメリット・デメリットに触れながら詳細を解説していきます。これからデザイナーズマンションに住みたい方、デザイナーズマンションの初期費用が気になる方はぜひ一読してみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

デザイナーズマンションとは

デザイナーズマンションとは、建築家・インテリアデザイナーなどデザインの専門家が設計したマンションです。通常のマンションとは異なる内装や間取りなどが組み込まれる点、デザイナーズマンションの特徴になります。

たとえば、内装に統一感を持たせたり、部屋のコンセプトが明確である点などが特徴として挙げられます。洗練された空間を演出してくれるので、日々の生活に彩を与えてくれる点もデザイナーズマンションの特徴ですね。

デザイナーズマンションの名称には、設計した建築家やデザイナーの名前が入ることも多いです。有名建築家がデザインしたマンションともなると、すぐに売り切れてしまうこともあります。

デザイナーズマンションのメリット

デザイナーズマンションのメリットとして、下記の点が挙げられます。

  • おしゃれな空間に住める

  • 防音設備が充実

  • 通常のマンションにはない間取りを選択できる

  • 住民トラブルが少ない

それぞれ詳細を確認していきましょう。

おしゃれな空間に住める

デザイナーズマンションは、部屋自体のデザイン性が洗練されているので、家具を置かなくても既におしゃれであることが多いです。廊下や洗面台、ベランダなどあらゆる場所にデザイナーのこだわりが反映されています。

おしゃれな空間で生活したい人にとって、デザイナーズマンションは最適といえるでしょう。

防音設備が充実

意外かもしれませんが、デザイナーズマンションは防音設備が充実しています。多くのデザイナーズマンションは、壁をコンクリートで固めており、遮音性が非常に高いです。立地が国道や駅の近くであっても、静かな環境を部屋に提供してくれます。

デザイナーズマンションによっては、コンクリートで壁をつくっていない場合もあるので、防音にこだわりたい方は事前に確認しておきましょう。

通常のマンションにはない間取りを選択できる

デザイナーズマンションでは、通常のマンションにはないような間取りを選択できます。たとえば、天井が高い部屋であったり、バルコニーが広い間取りであったりなど、デザイナーズマンションならではの間取りを選ぶことが可能です。

入居者の希望に沿って、間取りをリフォームしてくれるデザイナーズマンションもあるので、こちらも合わせて確認してみてください。

住民トラブルが少ない

デザイナーズマンションでは、住民トラブルが少ない点もメリットです。デザイナーズマンションに住む人は、それなりに年収が高かったり、安定した仕事に就けている等、精神的・経済的にゆとりがある人が多い傾向にあります。防音設備が充実したデザイナーズマンションであれば、騒音トラブルに悩まされることもありません。

デザイナーズマンションのデメリット

デザイナーズマンションにも少なからずデメリットがあります。下記、デザイナーズマンションに住む際のデメリットです。

  • 家賃・初期費用が高い傾向にある

  • 温度管理が難しい

家賃・初期費用が高い傾向にある

デザイナーズマンションは、通常のマンションと比べて家賃が高い傾向にあります。家賃が10万円以上であるのは一般的で、物件によっては家賃が20万円、30万円を超えてくるものもあります。

家賃が高いことも相まって、デザイナーズマンションは初期費用も高いです。敷金・礼金、その他手数料を含めると、合計で100万円以上の初期費用がかかることも。貯金で捻出できたとしても、家計にとって痛手な出費となってしまいます。

温度管理が難しい

デザイナーズマンションは、コンクリートの壁が利用されていることが多いですが、コンクリート壁だと夏場に熱さがこもってしまい、冬には寒さが厳しくなるケースがあります。特に夏場の熱さはきつくなることが多く、エアコンでも温度調節が難しいほどです。

また、天井が高いデザイナーズマンションだと、エアコンや暖房が行き渡るのに時間がかかってしまいます。温度維持のためにエアコン・暖房がフル稼働になるため、電気代も高くなることが多いです。

デザイナーズマンションの初期費用を支払う際は「スムーズ」がおすすめ!

デザイナーズマンションの初期費用は、100万円を超えるケースが大半と考えてよいでしょう。「100万円以上の金額を一括で支払うのは中々難しい」という方が多いと思います。そこでおすすめしたいのが、賃貸初期費用のあと払いサービス「スムーズ」です。

スムーズを利用することで、デザイナーズマンションの初期費用を一旦べて立て替えてもらうことが可能になります。立て替えてもらった初期費用を分割で返済していく形です。初期費用を一括で支払えなくても、スムーズを使えば実質「初期費用を0円」にして、デザイナーズマンションに住むことができます。

スムーズを使えば、デザイナーズマンションの初期費用を「無利子」で返済可能!

スムーズを利用して初期費用を分割で返済する際、「6ヵ月」の分割を選択することで「無利子」で返済することができます。通常、銀行やカードローンなどで融資を受ける場合、融資金額に応じた利子が加わります。特に、カードローンの場合だと、利子が最大で「年率18%」になることもあり、利子の負担が非常に大きくなります。せっかくデザイナーズマンションに引越したのに、続きの返済で生活が苦しくなってしまうことも。

スムーズで6ヵ月分割の返済を選択すれば、利子は一切かかりません。本来の初期費用の金額分のみを分割で返済するのみでO.K.です。初期費用が高いデザイナーズマンションでも、無利子であと払い返済できれば家計の負担を小さくできますね。

スムーズの申込は、スマホから簡単に行えます。「デザイナーズマンションに住みたいけれど、初期費用が支払えなくて困っている」「初期費用の負担を少しでも小さくしたい」という方は、ぜひスムーズを利用してみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!