フリーレント物件は1ヶ月間家賃が無料?メリットやデメリットとは

folder-icon
初期費用
賃貸初期費用
一人暮らし

賃貸契約の初期費用をなるべく安くしたいと考えている方で「フリーレント物件」について興味がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、言葉は聞いたことがあっても、きちんと理解している方は少ないはずです。

そこで、この記事ではフリーレント物件とはどのような物件なのか、またメリットやデメリットなども解説していきたいと思います。

「フリーレント物件に興味がある」「賃貸契約の初期費用をなるべく安くしたい」そんな方はぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

フリーレント物件は家賃が一定期間無料になる!

値下げ交渉

フリーレント物件とは、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことを言います。

●フリー=「無料」 ●レント=「賃貸料」

上記のような意味合いがあり、一般的には1ヶ月~2ヶ月程度の家賃が無料になることが多く、中には3ヶ月間や6ヶ月間の家賃が無料になる物件もあります。

●フリーレント1ヶ月・・・入居日から1ヶ月間家賃が無料 ●フリーレント2ヶ月・・・入居日から2ヶ月間家賃が無料

ただし、フリーレント付きの賃貸物件は、一定期間住み続けるなどの条件が定められていることが多いため、入居前にしっかり確認しておく必要があります。

なぜ家賃が無料なの?フリーレントになっている理由を解説

一定期間家賃を無料にしている理由は、フリーレントになっていることで、借りる側がフリーレント物件を選択しやすくするためです。

お部屋を借りる際は、敷金、礼金、仲介手数料、引っ越し業者へのお金など必要な費用が多くあるため、トータルにかかる費用は莫大に・・・。

そこで、家賃1ヶ月〜2ヶ月程度がフリーレントになっている物件なら、初期費用にかかる金額を少しでも安くすることができます。

他の物件と比べたときに「家賃が1ヶ月無料」となっていると魅力的に見え注目を集めるので、借りる側が選択しやすくなります。

今までは事務所や店舗目的での物件でよく見受けられましたが、最近では居住用物件でも増えてきています。

さらに、家賃が一定期間無料になるフリーレント物件は、入居者だけでなく大家さんやオーナーさんにもメリットがあるものです。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

フリーレント物件は大家さん・オーナーさんにもメリットがある

大家さんやオーナーさんからすると、空室があると収入も無くなるので、空室期間が長くなるのは避けたいものです。

フリーレント物件にすることで、次の人に入居する人が早く決まるため、空室期間を短くできます。

特に、閑散期では入居したい人も少なくなるので、お得になっている物件があると入居を決めやすくなります。

また「1ヶ月~3ヶ月間の家賃を無料にするなら、家賃を下げればいいのでは?」と思うかもしれませんが、家賃を下げないのには理由があります。

単純に家賃を下げてしまうと、現在住んでいる入居者から「こちらも家賃を下げてほしい」と言われかねません。

そこで、家賃を下げるのではなくフリーレントにすることで、平等性を保てるというメリットがあります。

家賃を少し下げただけでは入居希望者の目を引くことは難しいでしょう。

しかし、「家賃1ヶ月間無料」「家賃2ヶ月間無料」と記載されていると魅力的に感じる方は多いのではないでしょうか。

大家さんやオーナーさんからすると、空室期間が長くなるのは避けたいものです。

そのため、フリーレントのような条件を付けて契約形態が生まれたといえます。

フリーレント物件を探すなら閑散期がおすすめ

フリーレント物件を探すなら、閑散期である7月〜8月がおすすめです。

閑散期ではお部屋探しをする人自体が少なくなるため、空室があっても入居が決まりにくい状況です。

そのため不動産会社ではフリーレント物件にしたり、仲介手数料無料などのキャンペーンをしています。

フリーレント付きの物件が多くなるのでおすすめな時期です。

また、お客さんの数自体が少なくなるので、接客も丁寧にしてくれるメリットもありますよ。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

フリーレント物件の3つのメリットとは?

AdobeStock 124806798

入居者側がフリーレント物件を選ぶことで得られるメリットが大きく3つあります。

  • 賃貸契約の初期費用を抑えることができる

  • 二重家賃を防ぐことができる

  • ゆとりある引っ越しができる

それでは、1つずつ見ていきましょう。

賃貸契約の初期費用を抑えることができる

フリーレント物件の最大のメリットは、賃貸契約の初期費用が安くなることです。

賃貸契約の初期費用と言えば、敷金や礼金、仲介手数料など、一般的に家賃の5倍程度かかると言われています。

そのため、家賃が6万円であれば賃貸契約の初期費用は30万円程度かかる計算になります。

しかし、家賃1ヶ月間無料のフリーレント物件では、初期費用が24万とかなり安くすることが可能です。

数は少ないですが、中にはフリーレント物件で敷金・礼金が0円の物件もあるので、初期費用を安くしたい方は根気強く探してみてください。

二重家賃を防ぐことができる

フリーレント物件では家賃の二重払いを防ぐことができます。

良い物件があったとき、その物件をキープするために契約をして家賃の2重払いになるケースがあります。

しかし、フリーレント物件であれば、初めの1ヶ月間や2ヶ月間は無料になるので、2重払いになる心配がなく、余裕をもって引っ越し準備を進めることができます。

ゆとりある引っ越しができる

フリーレントの期間があると引っ越しまでに余裕があるため、ゆとりある引っ越しができます。

現在住んでいる家と新居どちらにも入れるため、引っ越しをゆっくり進めることが可能です。

荷物の運搬・退去後の掃除・新居のレイアウトなどに時間をかけられるので、心にも余裕ができるでしょう。

引っ越しの〝バタバタした感じが嫌〟という人におすすめです。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

フリーレント物件の2つのデメリット

検討

これまでではメリットを紹介しましたがデメリットも知っておくことで、よりフリーレント物件を利用しやすくなるでしょう。

契約の更新月に注意する

次に引っ越しをすることを考えると、契約するタイミング次第で損をする場合があります。

契約の更新は、家賃が発生した月ではなく、契約をした月になります。

例えば、12月に契約をして2ヶ月間のフリーレント期間がある場合、家賃がかかるのは3月からになります。

早めに物件を決めてしまって住んでいなかったとしても、契約をしたのは12月。

2年間住んで新年度に間に合うように春に引っ越ししたいなと考えていても「12月に契約を更新しなきゃいけない・・・」となることに。

契約をしたタイミングと家賃を支払うタイミングが異なるため、契約した月はいつなのかを覚えておく必要があります。

家賃が高めに設定されていることがある

全ての物件に当てはまるわけではありませんが、フリーレント物件では家賃が高めに設定されていることがあります。

家賃が高めになっているとフリーレント物件であっても、トータルで支払う金額が高くなってしまいます。

周辺の物件の相場の家賃を比較して確認しておきましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

フリーレント物件を選ぶ際の3つの注意点とは

注意

フリーレント物件はメリットが多いように感じますが、もちろん注意点もあります。 今回お伝えするのはこちらの3つです。

・契約期間内の解約で違約金が発生することがある ・管理費や共益費が発生することがある ・フリーレント物件の数が少ない

それでは、1つずつ見ていきましょう。

契約期間内の解約で違約金が発生することがある

フリーレント物件は、契約期間の解約で違約金が発生することがあります。

基本的に契約期間は1年~2年になるので、転勤が多い方やすぐに引っ越しをする可能性がある方は、慎重に選ぶようにしましょう。

管理費や共益費が発生することがある

フリーレント物件は数ヶ月分の家賃が無料になりますが、管理費や共益費が別途発生することがあるので注意が必要です。

家賃の中に管理や共益費が含まれていることもありますが、契約書に家賃とは別で記載がある場合は別途費用が発生する可能性があります。

契約時にしっかりと確認するようにしましょう。

フリーレント物件の数が少ない

フリーレント物件は初期費用を安くすることができますが、物件数が少ないのがネックです。

また、空室を避けるためにフリーレントにすることが多いため、条件的にはあまり優れていない可能性が高いといえます。

「駅から少し距離がある」「築年数が古い」など、フリーレント物件になる理由があるので、そこに含めて確認するようにしましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

フリーレント物件ではなくても交渉してみる

物件探し

気に入った物件が見つかった場合、フリーレント物件ではなくてもフリーレントを付けられるかの交渉してみると良いです。

交渉次第ではフリーレントを付けてくれる場合があります。

契約を行う前に交渉してみる

「どうしても住みたいお部屋があるけど、少し予算オーバーしている・・・」という場合は、賃貸契約を行う前に交渉してみましょう。

「家賃を下げて欲しい」と交渉するよりは、「フリーレントをつけて欲しい」という交渉の方が聞き入れてもらえる可能性は高いです。

一度契約を行った後に交渉することは難しいため、必ず契約前に要望を伝えましょう。

交渉するときの注意点

フリーレントをつけてもらう交渉をする際には、下記のようなことに注意しましょう。

・人気物件は交渉に応じてもらえない ・早すぎる段階で交渉すると逆効果 ・大手不動産会社は交渉に応じてもらえない可能性大

募集を出したらすぐに入居者が集まるような「人気物件」は、基本的に交渉に応じてもらえません。 不動産会社や大家さんとしても、安くするメリットがあまりないからですね。

また、内見してすぐに「フリーレントつけてもらますか?」と交渉するのもあまり印象がよくありません。 頻繁に値下げ交渉をしていると、不動産会社との信頼関係にも響き丁寧な対応をしてもらえなくなってしまいます。

そして大手不動産会社では、交渉に応じてもらえない可能性が高いことも念頭に置いておきましょう。

フリーレントを交渉する際は、 ・長い期間空室のお部屋 ・小規模な不動産会社 ・入居を前提に交渉 上記を意識すると交渉を行うと聞き入れてもらいやすいですよ。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

初期費用が高すぎる!分割あと払いにできる「smooth」

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

bunnkatsu

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

smooth経由で物件の紹介を受けることも可能ですので、まだ物件が見つかっていない方でも安心です。

初期費用にお困りの方、一括支払いが難しそうな方はぜひ、smoothを利用してみてください。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

smoothの分割について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください ⇨初期費用を分割できるスムーズの仕組み

フリーレントに関するよくある質問

ここからは、フリーレントに関するよくある質問にお答えしていきます。

フリーレント物件とは何ですか?

賃貸物件の「家賃」が一定期間無料になるサービスです。 無料期間については、2週間〜6ヶ月と物件ごとにさまざま。 フリーレント1ヶ月の場合、入居日から1ヶ月間の家賃が無料になるため、通常初期費用として支払う「前家賃」の負担が軽くなります。

フリーレント物件はどうやって探す?

大手不動産ポータルサイトでは、検索条件の中に「フリーレント物件」という項目があります。 チェックを入れて検索してみましょう。 ただしフリーレント物件は、物件数全体の割合で見るとあまり多くはありません。 地域や時期によっては、ゼロの可能性もあります。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

まとめ

フリーレント物件は基本的に1ヶ月~2ヶ月間程度の家賃が無料になるものです。

そのため、賃貸契約の際の初期費用を安くしたい方にはおすすめ。

ただしデメリットや注意点をよく理解した上で利用するようにしましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!