賃貸の初期費用に関する基礎知識まとめ|安く抑えるコツも紹介

thumbnail

賃貸でお部屋を借りるとき、「初期費用」を支払う必要があることを知っていますか?ここでは「賃貸の初期費用」に関する知識とお得に引っ越すためのコツやノウハウをお伝えいたします。

初めて賃貸でお引越しをする人や、過去お引越しをしたことがある方にも必見の情報をまとめていきますので、是非見てみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸の初期費用とは?

お部屋を借りるためにかかる費用のことを「賃貸の初期費用」とよびます。

住み始めてから毎月支払う「家賃」とは別に、敷金や礼金、仲介手数料といった費用をお部屋に住み始める前に支払う必要があります。

賃貸の初期費用の内訳は?

一般的に初期費用の内訳は下記の項目が含まれます。お部屋や仲介業者、管理会社、大家の意向によって、下記の項目が増減するケースがあります。

  • 敷金

  • 礼金

  • 仲介手数料

  • 火災保険料

  • 当月家賃

  • 翌月家賃・前家賃

  • 鍵交換代

  • 家賃保証料

  • 24時間サポート・安心サポート

敷金と礼金の違いについて知りたい方はコチラ ⇨敷金と礼金の違いは?敷金・礼金ゼロの物件ってどうなの?

賃貸の初期費用の相場は?

初期費用の相場は「家賃の4~6ヶ月分」と言われています。しかし、関東や関西などのエリアごとでも少しずつ相場が異なりますので、自分の引越しエリアの初期費用相場が気になる方は不動産屋での確認をオススメします。

東京の賃貸初期費用の相場を詳しく知りたい方はコチラ ⇨東京の賃貸初期費用の相場は?初期費用を安くする方法はあるの?

賃貸の初期費用を安く抑える方法は?

家賃の4~6ヶ月分を一括で支払うのは、経済的に大変ですよね?引越ししてからの生活費や家具家電の購入費用を考えると、なるべく安く抑えたい人も多いはず。

初期費用を安く抑える方法としては、一般的に下記のような方法があります。

  • 敷金・礼金がないゼロゼロ物件、もしくは少ない物件を選ぶ

  • 家賃が安い物件を選ぶ

  • 不動産会社に交渉する

  • 引越し費用、家具購入費用を節約する

  • 初期費用のあと払い、分割払いを行う

「不動産会社への交渉」はタイミングや方法が重要になってきます。その点に関しては「【体験談あり】賃貸の初期費用を下げる交渉のコツ| タイミングやメール文面も紹介 」で詳しく記載しているので、興味のある方は必見です。

安く抑えるための方法についてより詳しく知りたい方はコチラ ⇨賃貸で初期費用を抑えるには?費用削減のポイントを詳細解説!

また、初期費用の予算を10万円以内に抑えたい、20万円に抑えたいと決まっている方は下記に部屋探しのコツや方法を記載してありますので、参考にしてください。 ⇨全物件を初期費用10万円以下で引越す方法|初期費用のあと払いを活用しよう ⇨急な引越しにも対応!初期費用を20万円以下に抑えるコツを解説

居住人数ごとの初期費用と部屋選びのコツ

何人で住むかによってお部屋の間取りや大きさが変わりますので、家賃が大きく変わってきます。また必要になる家具家電も変わってきます。ここでは人数別の初期費用やお部屋選びのコツを紹介します。

一人暮らしの場合の初期費用と部屋選びのコツ

一人暮らしの場合、初めてお部屋を借りる方が多いのではないでしょうか?自由に生活できることがメリットの「一人暮らし」ですが、家賃を含めた生活費を自分で管理しなければいけない厳しい面もあります。

家賃は収入の「3分の1」がちょうど良い、と言われることが多いですが、初期費用はいくら必要なのでしょうか?ここでは家賃6万円のお部屋の初期費用の例を掲載します。

より詳しく知りたい方はコチラ ⇨一人暮らしの初期費用はいくら?計算方法は家賃の5倍?

項目金額(目安)
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料66,000円
前家賃60,000円
日割り家賃13,548円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証委託料25,000円
合計319,548円

また、これから新社会人になる方や、まだ家具家電を買っていない方はそのほかにも費用がかかるケースがありますので、要確認です。

二人暮らし、同棲の場合の初期費用と部屋選びのコツ

二人で暮らすためのお部屋を借りる際も初期費用は家賃の4~6ヶ月が相場となります。

同棲を始める方向けに詳しく記載した記事はコチラ ⇨同棲の初期費用はいくら?二人暮らしをはじめるのに必要な費用は?

二人でお部屋を借りるにあたってまず考えなければいけないのは、間取りです。二人の関係性や生活リズムを考慮して、互いが満足した生活を送れるような間取りを選ぶ必要があります。経済的な理由がない限り、1LDK以上の間取りがオススメされています。 同棲する方でオススメの間取りについて詳しく知りたい方は「同棲におすすめの間取りは?メリットとデメリットを紹介!お得に引っ越す方法も」に詳しく記載していますので、参考にしてください。

三人暮らしの場合の初期費用と部屋選びのコツ

三人向けのお部屋の初期費用も家賃の4~6ヶ月が相場となります。

三人の家族で暮らす場合、子供の年齢によってオススメの間取りが異なります。自分だけではなく、子供の成長にも住む部屋の間取りは大きく影響をします。より詳しく知りたい方は「3人家族におすすめの間取りは?賢くお引越しする方法とは?」を参考にしてください。

ルームシェアの場合の初期費用

ルームシェアの場合も家賃の4~6ヶ月分が初期費用の相場となります。 しかし、「ルームシェア」が許されていないお部屋も多く、同棲や家族で部屋を借りる時よりも部屋探しに苦労をするかもしれません。 その点について「ルームシェアの初期費用の相場は?お得に引越しする方法を紹介」で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

建物の種類別の初期費用

賃貸する建物にも、アパートやマンション、戸建て・一軒家とさまざまな種類があります。

木造の多いアパートはマンションや戸建てと比較すると、初期費用が安く抑えられるケースが多いです。一方、マンションの中でもタワーマンションやデザイナーズマンションは人気がある分、初期費用が高く設定されるケースもあります。

また、ペット可のお部屋は相場では家賃1ヶ月とされる「敷金」が家賃2ヶ月分で設定されるケースも多いです。

賃貸の初期費用を分割払いするには?

賃貸の初期費用は家賃の4~6ヶ月分ととても高額なので、入居の直前に請求書が届いてから「払えない」と困る人もいるのではないでしょうか?

また、下記のような理由で初期費用が払えない人も多いはず。 『なかなか貯金ができない』 『仕事や家族の都合で、すぐに引っ越さなければいけない』 『せっかくの貯金を切り崩したくない』

そんな時は初期費用の分割払いがオススメです。

クレジットカードを使って分割払いすることもできますが、利子が発生するのでもったいないですよね。

そこでオススメなのが、初期費用のあと払いサービスのスムーズです。 スムーズを使えば入居時の初期費用を0円でお引越しをすることができます。

スムーズのレビューや口コミが気になる方はコチラ↓

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

初期費用のあと払いで いますぐ引越ししよう!

スムーズを使えば、 入居時の初期費用ゼロ円で引越しできます