東京での一人暮らしで初期費用はいくらかかる?家賃相場と合わせて詳細解説!

folder-icon
初期費用
初期費用
tokyo

東京で一人暮らしをしたいけれど、初期費用がいくらかかるか分からない。

このような悩みを抱えている方、少なくないと思います。はじめて東京で一人暮らしをするとなると、どれくらい初期費用がかかるかイメージしづらいのも事実です。今回は、このような悩みを解決するべく、東京での一人暮らしでかかる初期費用を徹底解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸の初期費用相場は「家賃相場」で決まる

賃貸を契約する際の初期費用相場は、「家賃相場」で決まってきます。というのも、賃貸の初期費用は「家賃の6カ月~7か月分」で収まるケースが多いためです。家賃が高いエリアであるほど、初期費用の相場も高くなってきます。

今回は、都内でも人気エリアである「千代田区」「中央区」「港区」の家賃相場を見ていきましょう。

エリア 家賃相場(1K)家賃相場(1DK)
千代田区 9万円~12万円12.5万円~14万円
中央区10万円12万円~13万円
港区11万円14万円~15万円

上記3区では、港区がやや家賃相場が高くなっていますが、平均すると1Kが10万円、1DKが13万円ほどの家賃相場になってきます。人気エリアということもあり、他の東京エリアと比べても家賃相場は高めです。上記表には記載していませんが、1LDK以上の間取りになると、家賃相場は20万円を軽く超えてきます。

東京の一人暮らしでかかる初期費用の相場

前述した家賃相場をもとすると、3エリアの初期費用の相場は下記の通りです。

エリア初期費用相場(1K)初期費用相場(1DK)
千代田区54万円~84万円75万円~98万円
中央区60万円~70万円72万円~91万円
港区66万円~77万円84万円~105万円

上記3エリアで一人暮らしをする場合は、少なくも50万円以上の初期費用が発生すると考えた方がよいでしょう。特に港区で1DKの物件に住む場合は、100万円近く初期費用がかかることもあります。初期費用100万円ともなると、はじめての一人暮らしの方にとっては非常に大きな負担になってきます。

東京の一人暮らしでかかる初期費用の内訳

東京の一人暮らしでかかる初期費用の内訳は、大まかに下記の通りです。

  • 敷金

  • 礼金

  • 前家賃

  • 仲介手数料

  • 火災保険料

  • 保証会社利用料

  • クリーニング費用

敷金

敷金は、賃貸契約の際に大家さんに渡す預り金になります。賃貸契約を終えた際に、物件の原状回復用として使用されますが、残額に関しては返金してもらうことが可能です。敷金や「家賃の1~3か月分」が相場となります。

礼金

礼金は、大家さんに支払うお礼金になります。実質的な契約手数料という位置づけです。礼金に関しては敷金と異なり、賃貸契約を終了しても返金されません。最近は礼金を設けていない物件も増えてきています。礼金の相場は「家賃の1~2ヵ月分」です。

前家賃

前家賃とは、入居月の家賃の前払い金です。月の途中での入居となった場合は、日割りで家賃額が算出されるケースが多いです。ただ、物件によっては入居日に関わらず1ヵ月分の家賃額を前家賃として設定していることもあるので、事前の確認するようにしてください。

仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に支払う費用になります。相場は「家賃額の0.5カ月~1ヵ月分」です。法律で仲介手数料の上限が「家賃額の1ヵ月分」と規定されているので、家賃1ヵ月分以上の仲介手数料がかかることはありません。

火災保険料

賃貸契約を結ぶ際は、火災保険に加入する必要があります。加入する火災保険は、不動産会社から提示されることが多いですが、自身で加入する火災保険を選べるケースもあります。一人暮らしの場合だと、火災保険料は年間で1万円~1.5万円ほどです。

保証会社利用料

一人暮らし用物件の場合、連帯保証人が不要となっている物件も少なくありません。ただし、連帯保証人が不要の場合は家賃保証会社を利用する必要があります。保証会社の利用料は、家賃額の1ヵ月分ほどですが、利用する保証会社によっては金額が高くなることもあるので注意してください。

クリーニング費用

物件によっては、入居時にクリーニング費用が発生することもあります。一人暮らし用の物件であれば、クリーニング費用は2万円~3万円ほどで収まるケースが多いです。

東京の一人暮らしの初期費用を抑えるには「スムーズ」の利用がおすすめ!

東京での一人暮らしで初期費用を抑えたい方には、初期費用立て替えサービス「スムーズ」の利用がおすすめです。スムーズを利用することで、初期費用を立て替えてもらうことが可能です。賃貸契約時に発生する初期費用を「ゼロ円」にすることができるので、初期費用を支払い切れない場合でも安心して賃貸契約を結ぶことが可能です。

6回払いの返済であれば「無利子」で利用できる

スムーズで立て替えた初期費用に関しては、分割で返済を行っていきます。この際、「6回払い」での返済を選択することで「無利子」で返済を行うことが可能です。通常、金融機関・カードローンを利用して融資を受けた場合、利子が発生してきます。カードローンに至っては、年率で最大「20%」の利子が発生してくるので、利用者にとって大きな負担になりがちです。

スムーズで6回払いの返済を行えば、初期費用分のみの返済で済ませることができるので、余計な利子負担が発生しません。無理なく月々の返済を行えるので、一人暮らしを始めたばかりの方で安心です。

スムーズは、こちらのページよりお問い合わせ・申込みが可能になっています。東京の一人暮らしで初期費用が心配な方、初期費用に左右されずに賃貸物件を決めたい方は、ぜひスムーズを利用してみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!