同棲の初期費用って本当に100万円も必要?7つのアイデアで節約

folder-icon
初期費用
初期費用
同棲解消

お互いが実家暮らしのカップルが初めて同棲をする場合、家具や家電も買いそろえる必要があります。初期費用にいくら用意しておくべきか、目安が欲しいですよね。

一説では「100万円は用意すべき」と言われています。しかし二人の貯金を合わせても、100万円はなかなか到達しないもの。

この記事では、同棲をあきらめたくない20代カップルの方に、同棲に必要な初期費用の内訳や安く抑える方法を解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

同棲はいくら貯めてから始めるべき?

一人暮らし

100万円貯めなくても同棲は可能です。多少努力は必要ですが、最低限でも60万円ほど用意すれば初期費用はまかなえます。「初期費用100万円」は家賃によるところが大きく、引越し代やそろえる家具家電の質や量によって上下します。

たとえば、

・物件選びの際、最寄駅からの距離を徒歩10分から15分にして検索してみる ・家具家電は必要最小限のものだけ購入する ・インテリアにこだわりたい気持ちをぐっと抑える

これだけでも10万円単位で初期費用は安くなります。

同棲を始めるために100万円は不要です。しかし生活していくことを考えたら、なるべくお金を貯めておきたいところ。実家暮らしであれば、娯楽費を抑えるだけでかなり節約ができるはずです。

同棲のための初期費用の内訳

現金と電卓

同棲カップルに必要な初期費用は次の3つに分類できます。

・入居費用 ・引越し代 ・家電家具の購入費

入居費用

家賃10万円の物件に引越すと仮定した場合、初期費用の目安は次の通りです。

項目金額(目安)
敷金100,000円
礼金100,000円
仲介手数料110,000円
前家賃100,000円
日割り家賃22,581円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証委託料25,000円
合計512,581円

敷金礼金を払っても住みたいと思える物件を見つけると、それなりの初期費用になりますね。

引越し代

引越し代は

・業者 ・時期 ・場所

によって価格設定のかなりの差があります。

時期費用
5月~2月(通常期)約4万4千円
3月~4月(繁忙期)約7万5千円

上記の金額は単身者の平均です。カップルがそれぞれ引越すので、単純に2倍のコストがかかります。

家具家電の購入費

新生活準備費用として、カップルはインテリアや家具に40万円、家電に37万4千円の費用をかけています。(「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」)

この金額で初期費用を計算すると、賃料や引越し代も含め、確かに100万円を軽く超えてしまいますね。貯金の少ない同棲カップルには現実的ではありません。

家具や家電にかける出費を10万~20万円程度に抑えると、引越し費用の負担を大幅に減らせます。

同棲の初期費用を抑えるためには

注意点

同棲するにあたり、初期費用を具体的にどれだけ減らせるか試算してみましょう。

家賃は手取りの20%~25%をねらう

「家賃は手取りの30%」と言われていますが、新婚カップルならともかく、同棲カップルであれば20%~25%まで抑えた方がいいですね。同棲を結婚の準備期間とするなら、ハイクラスな物件は必要ありません。

手取りが二人合わせて35万なら、賃料は7万~8万7千円の物件が理想です。

敷金礼金ゼロ

必ず敷金礼金がゼロの物件を選びましょう。どんなにいい物件でも、返ってこない礼金が発生するならやめておくべきです。

仲介手数料は0.5か月分

仲介手数料は半月~1か月分かかりますが、不動産会社によって異なります。物件サイトに載っているので、仲介手数料0.5か月分の物件を根気強く探しましょう。

家具家電は絶対に必要なもののみ

せっかくの新生活、インテリアにこだわりたい気持ちはわかりますが、ぐっとこらえて後々の楽しみにとっておきましょう。

量販店で最低限の家電家具をそろえるとだいぶ安くなります。

家具・家電費用
冷蔵庫・洗濯機4万7千円(セット)
炊飯器6千円
電子レンジ6千円
寝具1万円
カーテン3千円
テーブル(折りたたみ式)3千円
合計7万5千円

そのほかテレビやエアコン、ガスコンロなどは必要に応じて買い足しましょう。

引越しを自分たちで行う

単身者で大型家具がなければ、自分たちでレンタカーを借りて引越し作業ができます。軽トラックは普通免許でも運転できるため、手伝いに友人を呼ぶのもいいですね。

引越し業者を使うならシーズン、曜日を選ぶ

引越し業者は12月~翌年1月がもっとも安く、昼前や夕方以降にも割引設定が用意されています。引越し日時を業者に合わせるとお得になることも。

余裕を持った物件探しをする

同棲したいと思ったなら、時期を考え、余裕を持ったプランニングをしましょう。「引越し日まで間もない」場合、あせりから正常な判断ができなくなる可能性があります。

smoothを利用して賢く初期費用を抑える

“新しい生活を始める”

“引っ越しを検討している”

ただ、初期費用の負担って大きい。。。

安くても数十万円、高くなると100万円を優に超えます。

そんな新しい生活への障壁になりがちな初期費用ですが、smoothを利用することで6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、少ない初期費用で新しい生活を始めることができます。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

まとめ

同棲のための初期費用に100万は必要ありません。工夫すれば50万~60万円程度で引越しが可能です。

初期費用は大きく分けて、物件、引越し代、家電家具代の3つ。不要なものをけずり、徹底的にリサーチして安いものを選べば、かなりの金額を抑えられます。

引越しは自分たちだけでもできるもの。初期費用を抑えれば、浮いたお金で同棲記念のプチ贅沢が楽しめますよ。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!