初期費用30万円は妥当?極力安くできる物件探しの条件とは

folder-icon
初期費用
初期費用
AdobeStock 124806798

引越しをすることになったものの、初期費用の30万円が高いのか安いのかよくわからない、という方も多いでしょう。

初期費用の30万円は高すぎる額ではありません。しかし、もっと安くしようと努力すれば、もっとコストを抑えることが可能なのです。

今回は、初期費用の内訳や実際の物件を例にしながら、より安く引越しする方法を紹介しています。

ぜひ物件選びの参考にしてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

初期費用の内訳

年収700万円の暮らし

家賃を6万円と設定すると、一般的な初期費用の内訳は以下のようになります。

項目金額(目安)
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料66,000円
前家賃60,000円
日割り家賃13,548円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証委託料25,000円
合計319,548円

ほかにもクリーニング費用や事務手数料がかかるケースもあります。仲介手数料は不動産会社によっても異なるため、物件を検索する時点で確認しておきましょう。

一人暮らしの初期費用は上限が30万円

初期費用30万円は決して安い額ではありません。しかしながら、住みたいエリアによっては妥当な金額でもあります。

実際に都内の一人暮らし用の賃貸物件を見ても、高すぎる設定ではありません。

たとえば、以下の物件Aは実際に検索サイトで調べたアパートですが、築浅、駅近な点を見てもなかなか好条件です。

【物件A】 ・東京23区内 ・築6年 ・間取り1K ・最寄り駅徒歩5分

項目費用
敷金(1か月)5.9万円
礼金(1か月)5.9万円
管理費・共益費0.5万円
前家賃5.9万円
仲介手数料6.49万円
保証会社 賃料の50%2.95万円
合計27.64万円

初期費用30万円は、東京23区内、利便性などを考えると許容範囲と言えるでしょう。

一方で、30万円を上限にしたいのも事実ですよね。初期費用は安いに越したことはありません。

どうすれば初期費用を安くできるでしょうか。

目指せ30万円以下!初期費用を安く抑える方法

初期費用

初期費用を安く抑えるために、家賃を下げるのが第一の選択肢です。しかしそれだけでは不十分。

さらに出費を制限するためには、以下の条件で検索し直すのがベストです。

・フリーレント ・敷金ゼロ ・礼金ゼロ ・仲介手数料ゼロ

特にフリーレントは前家賃1か月~3か月分が無料となるまたとないチャンス!賃貸物件サイトのキーワード検索欄に「フリーレント」と入れてみましょう。

敷金・礼金は検索条件でフィルターを掛けられますが、仲介手数料は手入力で絞り込みをかけるしかありません。

初期費用を抑えられる実例

借主に有利な条件をうまく組み合わせれば、初期費用は3分の1程度に抑えられるケースもあります。

【物件B】 ・東京23区内 ・家賃5.4万円 ・間取り1K ・築1年 ・最寄り駅徒歩3分 ・フリーレント3か月分

項目費用
敷金0円
礼金0円
管理費・共益費0.3千円
前家賃0円
保証会社 賃料の60%3.24万円
入居契約料4.59万円
消毒代1.65万円
事務手数料0.22万円
合計10万円

この物件では初期費用の合計はたった10万円でした。フリーレントや敷金・礼金ゼロの条件が合えば、驚くほど初期費用が安くなります。

初期費用の払い過ぎに注意

注意

いくら理想的な物件だとしても、家計に負担が出るほど初期費用を払い込むのは避けた方がいいでしょう。

初期費用と引越し代で銀行口座がほぼ空になってしまうようでは、次の給料日まで生活が立ち行かなくなる可能性があります。

引越すタイミングにもよりますが、初期費用とクレジットカードの引き落とし日が重なると、さらに手痛い出費となります。

引越しを検討するのであれば、必ず次の給料日までの生活費を残しておきましょう。

対策としては、

・引っ越し後の生活に余裕ができるまで貯金に励む ・初期費用をなるべく抑える

この2点を徹底することです。

転職などでやむを得ず引越す場合は、わかった時点で節約生活にシフトしましょう。貯金残高と引越し時期を見誤らないようにすれば、後の生活が楽になるはずです。

引越しで初期費用が払えない人におすすめのサービス

default

引越しせざるを得ないけれど、どうしても初期費用がまかなえない。そんな方のために、「初期費用を分割払いできる」という画期的なサービスがあります。

smooth(スムーズ)は、初期費用6回払いの分割手数料がゼロ円!LINE登録で簡単に始められますよ。

スムーズを利用すれば、ネックだった引越し直後の生活費問題が一気に解決できます。

1秒スピード診断で利用可能かすぐにわかります。一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

初期費用の30万円は一人暮らしには妥当な額です。しかし検索方法を変えたり、情報を集めることで、似た物件でも2倍以上は安く抑えられます。

特にフリーレント物件は真っ先に探しましょう。無理をした初期費用の払い過ぎは、その後の新生活を圧迫します。

スムーズの活用も視野に入れ、賢く快適な引越しを検討してくださいね。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!