仲介手数料が家賃0.5ヶ月分は普通?引っ越し初期費用を節約する方法

folder-icon
初期費用
仲介手数料
内見

敷金・礼金家賃1ヶ月分、仲介手数料0.5ヶ月分など引っ越し初期費用は、新生活を始める際の大きな出費のうちの1つです。新しい生活を始めるためにはなにかとお金がかかるので、できれば初期費用を節約したいものですよね。

この記事では、引っ越し先の契約を検討している人に向けて、仲介手数料が家賃0.5ヶ月分というルールがどのように定まっているか、初期費用を節約するにはどうすればいいかを紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

仲介手数料などの引っ越し初期費用とは

交渉

引っ越し初期費用とは、仲介手数料などを含む物件契約の際にかかる費用の合計を指します。初期費用は不動産会社を経由した場合は不動産会社から提示されることが多く、内容を確認しておかないと必要ないことにまでお金を払ってしまうケースもあります。

引っ越し初期費用内訳

引っ越し初期費用の内訳としては、以下のようなものが含まれます。

・敷金 ・礼金 ・仲介手数料 ・クリーニング代 ・火災保険料 ・鍵交換寮 ・日割り家賃 ・前家賃

その他、不動産会社や物件のオーナーによっては他に項目が追加されたり、反対に必要がないと請求されたりするケースもあります。

引っ越し初期費用の相場

引っ越し初期費用は一般的に、家賃の4~5ヶ月分と言われています。つまり、10万円の家賃の家に住み始める際には、40~50万円の初期費用が必要になるわけです。

通常様々な必要をまとめて一度に請求されますが、無駄な費用を払わないためにも内訳を1つずつチェックして妥当な請求かどうかを確認する必要があります。

・敷金家賃1ヶ月分 ・礼金家賃1ヶ月分 ・仲介手数料家賃0.5~1ヶ月分 ・クリーニング代 3~7万円 ・火災保険料 1~2万円 ・鍵交換料 1~2万円 ・日割り家賃※計算で算出 ・前家賃家賃1ヶ月分

日割り家賃は、入居日から月末までの残り日数で家賃を日割計算して決めます。月の途中に入居する場合に日割り家賃の支払いが求められます。

敷金礼金はオーナーの利益となる初期費用で、仲介手数料は不動産会社の利益となる費用です。

引っ越し初期費用の注意点

引っ越し初期費用を支払う前に、通常よりも高額な費用請求がされていないかを確認しましょう。敷金や礼金は通常家賃1ヶ月分に設定されている物件が多いものの、オーナーによっては1.5ヶ月や2ヶ月に設定していることもあり、その場合はダメ元でも1ヶ月分に下げてもらえないか聞いてみるのもおすすめです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

仲介手数料家賃0.5ヶ月分は普通?

一人暮らし

仲介手数料も敷金・礼金と似たようなところがあり、不動産会社が自由に決めることができます。初期費用が高いと感じたら、まずは敷金礼金、そして仲介手数料の部分をチェックしてみましょう。

仲介手数料家賃0.5ヶ月分以上は承諾が必要

仲介手数料は本来、家賃0.5ヶ月分で請求すると定められていますが、不動産会社は少しでも利益を高めるために家賃1ヶ月分で請求してきます。しかし、仲介手数料1ヶ月分の請求は「相手の了承を得ている場合」にしか認められないというルールがあります。

実際過去には、仲介手数料を巡って裁判にまでなった例があり、その際には「了承を得ていない」と判断されて仲介手数料が0.5ヶ月分に減額されました。

仲介手数料は家賃1ヶ月分の場合…

仲介手数料が家賃1ヶ月分の場合、不動産会社に直接交渉することができます。

ただし「了承を得ている」と相手に証拠が残ってしまった場合、価格交渉には不利になります。そのため、初期費用を提示された際にはすぐに仲介手数料を家賃0.5ヶ月分にしてほしいという意思表示をすることが大切です。

仲介手数料が家賃0.5ヶ月分でなくても総合的な判断が必要

仲介手数料が万が一家賃1ヶ月分で提示され、少々金額が高いように感じても、総合的に判断することも大切です。他の部分で初期費用を抑えることができているのであれば、仲介手数料の減額にこだわらずに契約するのも悪くありません。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越し初期費用を節約する方法

対策

引っ越し初期費用を節約するためには、内訳を1つずつ理解して個別に考える必要があります。引っ越しが初めての人でも簡単にできる節約法は、以下の通りです。

敷金礼金ゼロ物件を探す

物件の中には、敷金・礼金なしでも入居者を募りたいというものもあり、敷金礼金がゼロ円のケースがあります。敷金・礼金の相場はそれぞれ家賃1ヶ月分なので、合計家賃2ヶ月分を節約できると思うとかなりお得です。

両方ではなくいずれか片方だけでゼロ円の場合もあります。

仲介手数料を0.5ヶ月分に交渉する

仲介手数料が家賃1ヶ月分の場合、ただ「承諾しません」という姿勢を貫けば不動産会社は0.5ヶ月分にせざるを得ません。しかし、よくしてもらった不動産会社の場合には、強気で交渉するのは気が引けるかもしれません。

そんなときは、「仲介手数料は0.5ヶ月でいいのでオプションを付けてください」など交渉に活用するのも有効です。

初期費用分割サービスを利用する

引っ越し初期費用をまとめて払うのが負担に感じる人には、初期費用分割支払いサービス「smooth」がおすすめです。

「smooth」を利用すれば、自分で選んだお気に入りの物件の契約の際に、初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができます。

気になる人はぜひ「smooth」の公式サイトをのぞいてみてください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

仲介手数料は家賃0.5ヶ月分と定められているものの、1ヶ月分と提示されることが非常に多い初期費用です。交渉が苦手な人にはストレスに感じてしまうかもしれませんが、損をしないためには「承諾をしない」という姿勢が大切です。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!