一人暮らしの家賃が払えない!困ったときの補助金と家賃の目安を紹介

folder-icon
初期費用
初期費用
家賃 滞納 払えない

一人暮らしをしている人は、支出をすべて自分の収入からやりくりしている人がほとんどでしょう。

上手にやりくりをしていても、収入の減少や急な出費があった場合、家賃が払えなくなってしまうことも考えられます。

今回の記事では、 ・家賃が支払えなくなった場合どうなるか ・利用できる補助金 ・家賃の目安や物件選び について詳しく解説します。

家賃の支払いで困っている人や経済的不安を抱えている人は、ぜひ最後までお読みください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしの家賃が払えないとどうなる?

悩む女性

家賃が払えない可能性がある場合、すぐに大家さんや不動産管理会社へ相談をします。

ただ「待ってほしい」「今月は遅れる」という事実だけを伝えるのではなく、具体的に伝え、支払いの意思を示しましょう

たとえば、「〇日までには支払えます」と目処を伝えると良いです。

大家さんや不動産管理会社に、ただ遅れると伝えるよりも、具体的な目処が立っている方が、待ってくれる可能性が高いです。

ただし、無断で家賃を滞納し続けると、遅延損害金が発生したり、強制退去になったりする危険性もあります。

家賃を滞納して「強制退去になるかもしれない」と不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:家賃2か月滞納するとどうなる?強制退去までの流れとは

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

家賃が払えないときに申請できる補助金

補助金

 家賃が払えないときに利用できる可能性がある補助金制度を2種類紹介します。

  • 生活困窮者自立支援制度(住居確保給付金)

  • 生活福祉資金貸付制度(総合支援資金や福祉資金)

生活困窮者自立支援制度(住居確保給付金)

生活困窮者自立支援制度とは、生活が困窮し、最低限度の生活を維持できなくなる可能性がある人への支援制度です。

離職などで住むところがなくなった方や、住む場所を失うおそれが高い方で、収入額や貯金額などの条件を満たせば、居住確保給付金の申し込みができます。

申し込みをして、審査に通ると、家賃相当額の支給が一定期間受けられます。

詳しくは、お住いの自治体に設置されている相談窓口で相談してください。

出典元:厚生労働省「住居確保給付金」

生活福祉資金貸付制度(総合支援資金や福祉資金)

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者などが、安定した生活を送れるよう支援をおこなう制度です。

資金には種類があり、家賃が払えなくなった場合には、住宅入居費と緊急小口資金が利用できる可能性があります。

  • 住宅入居費:敷金や礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用

  • 緊急小口資金:緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用

ただし、この制度は貸付制度のため、貸付利子を含め、返済が必要です。

詳しくは、お住いの自治体に設置されている相談窓口で相談してください。

出典元:全国社会福祉協議会「福祉の資金(貸付制度)」

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

収入に対する家賃の目安と家賃を抑える物件選び

初期費用

共益費や管理費、駐車場代、駐輪場代などは毎月かかってくる費用のため、家賃として考えておきましょう。

収入に対する家賃の目安

収入に対する家賃の目安は、一般的に「手取り額の3分の1」といわれています。

「手取り額」とは、「総支給額」から社会保険料や住民税、厚生年金保険料、所得税の源泉徴収額などを差し引いた、実際に手元に入ってくる金額です。

一般的に、総支給額の75%~85%が手取り額になるとされています。

例えば、総支給額が20万円の場合は、手取り額は約15~17万円程度です。

この3分の1の約5万円が家賃の目安となるでしょう。

家賃が手取り額の3分の1といわれる理由は、家賃がそれ以上になると生活を圧迫するからです。

2022年の総務省の統計で、一人暮らし世帯の消費支出の平均が約16万円程度とされています。

出典元: 総務省統計局「家計調査報告 家計収支編 2022年平均結果概要」P14~15

家賃は、毎月かかってくる固定費です。

家賃が多ければ生活の中で使えるお金が限られ、抑えられればその分生活に余裕が出ます。

家賃が高いと感じているなら、安い物件への引っ越しも検討してみましょう。

家賃を抑える物件選び

家賃を抑えるための物件選びのポイントを3つ紹介します。

  • 条件にこだわり過ぎない

  • ルームシェアやシェアハウスも検討

  • 繁忙期(3月~4月、9月~10月)を避ける

「駅から近い」や「新築」、「人気の地域」などの条件は、どうしても家賃が高めになります。

条件には優先順位をつけ、どうしても譲れないところをおさえた物件選びをすると、費用と条件のバランスが取れるでしょう。

また、ルームシェアやシェアハウスは、相場より家賃が安い傾向です。

他人と生活するため、人間関係も広がりますし、にぎやかな雰囲気が好きな人にはおすすめです。

ただし、プライベート空間はありますが、他人との生活になるので苦手な人は注意が必要でしょう。

家賃だけでなく引っ越し費用を抑えるためには、繁忙期を避けるのもいい方法です。

大家さんは、長期間物件が空いているのは嫌がる傾向にあります。

空いていると収入にならないため、少し家賃を下げても入ってほしいという場合があります。

また、繁忙期は引っ越し代金も高くなりがちです。

繁忙期を避けることで、引っ越し代金を安くできます。

家賃が抑えられれば、敷金や礼金などの初期費用も抑えられますよ。

「お金がなくて引っ越しもできない」と引っ越しの初期費用にお困りの方には、初期費用分割払いサービス「smooth」を利用してみてはどうでしょうか?

次で「smooth」のサービスを紹介します。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越しの初期費用を抑えたいなら「smooth」がおすすめ

スムーズ ロゴ logo 横

賃貸契約の初期費用は家賃4〜6か月分くらい必要になります。 「smooth」なら初期費用の分割払いができるため、手元に現金を残して引っ越しが可能です。

さらに、分割手数料も6回まで無料なので、無理なく支払いができるようになります。

「smooth」の仕組みはコチラ

初期費用で悩んでいる方は、「smooth」の利用を検討してみてください。

smooth利用者の声

smoothは、累計120,000人が登録しています。 実際にsmoothを利用した方の声を紹介します。

Fさん 口コミ

[20代前半 男性]

普通のお引越しとやることやフローは変わらないのですが、分割で払える大きなメリットがある中で他にデメリットがなく、背負うものがないのがいいなと思っています。

初期費用の部分がネックなので、smoothを利用すれば何かあったときのために手元にお金があるのは安心を感じられます。

その他の利用者の声はコチラ

ぜひ、参考にしてsmoothを検討してみてください。

まとめ

一人暮らしをしていて、家賃が払えなくなった場合、すぐに大家さんや不動産管理会社に相談しましょう。 どうしても支払いが難しい状態が続く場合、公的機関の支援制度もあります。

また、家賃が安い物件への引っ越しも一つの選択肢です。 引っ越しの初期費用でお困りの方は、初期費用分割払いができるsmoothの利用を検討してみてください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます