礼金払いたくない!チェックすべきポイント3選!

AdobeStock 161461429
author-image
著者紹介

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しの際に気になるのが初期費用。敷金は退去時の清掃料、仲介手数料は不動産屋さんへの手数料、納得のいく初期費用も多いですが、礼金は住まわせてくれた大家さんへの感謝の気持ち。礼金に関しては、お金を払っているのは借りている自分自身なのになんで払わないといけないの?と思っている方も多いのではないのでしょうか。 礼金を払いたくないあなたに、払わないようにするテクニックをお伝えします。

それは無理!礼金カットできない3パターン!

礼金はカットできる場合とできない場合があります。ここでは礼金をカットしたいのであれば気を付けるべきポイントをご紹介します。

新築、築浅は無理!

新築物件や築年数が浅い物件の礼金カットは難しいでしょう。 そういった人気物件は礼金をカットせずとも、新規入居者が来るため、大家さん、不動産屋さんも対応してくれないでしょう。さらにそういった人気物件で礼金カットをお願いすると、不動産屋さんも扱いにくいお客さんと判断し、積極的な対応をしてくれなくなる可能性があります。 そのため、人気物件ではあきらめる。もしくは別の方法で交渉することもできるため、交渉方法は後程ご説明します。ただ礼金を無料にしてくださいという依頼は避けるようにしましょう。

1~4月、8月は無理!

引っ越しは時期要因で安くなったり、高くなったりするものです。 一般的に1月~4月は新生活が始まる傾向のため、礼金をカットせずとも新たな入居依頼が来るため、礼金を抑えることは難しいでしょう。 8月に関しては夏休みを利用して引っ越しをする人が多いため、安く引っ越しをしたい方には不向きな時期です。 特におすすめは6月と12月です。6月に関しては新生活での移動が落ち着き、不動産屋さんの閑散期と呼ばれる次期のため大家さん、不動産屋さんも空室を埋めたく、協力的になってくれる場合が多いでしょう。 12月に関しては年末年始でお休みが取りやすい時期です。その割には引っ越しをする人が少なく、業者等も予約しにくいため引っ越ししにくい時期と言えます。一般的に考えて年末年始にバタバタした予定を入れたくないのではないでしょうか。

交渉材料がないと無理!

何の交渉材料もなく、礼金をカットしようとしていませんか? 礼金カットの交渉をする時は何か不動産屋さんや大家さんにメリットがあるような進行にしましょう。 一番軽いもので言えば、礼金を〇〇円安くしてくれればorタダにしてくれれば今すぐ契約します。になります。いくら安くしてくれればとはっきりと需要を伝え、すぐに契約を進めることで不動産屋さんや大家さんも空き家がすぐ埋まるということで承諾してくれる可能性が上がるでしょう。

それでも断られた場合、どこまで譲歩できるかを検討しましょう。礼金が返ってこないのがよくわからないというのであれば、礼金を敷金替わりにしてもらえるように交渉しましょう。そうすることできれいに住み続ければ全て返金されます。しかし初期費用が減るわけではないため、安く引っ越しをしたい方は難しいでしょう。 とにかく初期費用だけを抑えたい場合は、家賃を〇〇円上げていいから礼金をカットしてほしいと交渉しましょう。注意しないといけないのは、この家には何年くらい住むのかというのを計画しないと損になってしまう可能性があります。次の事項で詳しく説明するのでよく目を通しましょう。

礼金だけをカットしても無駄?何が最善か考える!

初期費用を抑えようと必死になっていませんか?前項のように交渉を進めていく際に最終的に存している場合があります。例として、先述の3パターンを比較しましたので、これを参考に効率的に引っ越しを進めましょう。

■礼金をスムーズにカットできた場合

家賃10万円で2年住んだと仮定

・ 前払い家賃_10万円

・仲介手数料_10万円

・敷金   _10万円

・礼金   _0円

・家賃   _240万円

●合計_270万円ー敷金分10万円

■実質計_260万円

■礼金を敷金にできた場合

家賃10万円で2年住んだと仮定

・前払い家賃_10万円

・仲介手数料_10万円

・敷金   _20万円

・礼金   _0円

・家賃   _240万円

●合計   _280万円ー敷金分20万円

■実質計  _260万円

■礼金をカットするために家賃を1000円値上げした場合

家賃10万円で2年住んだと仮定

・前払い家賃_10万千円

・仲介手数料_10万円

・敷金   _10万円

・礼金   _0円

・家賃   _242万4千円

●合計   _272万5千円ー敷金分10万円

■実質計  _262万5千円

この例えだけ見ると1つ目と2つ目が最終的にみると同額になるため、交渉が楽そうな敷金に変換する法を選びがちですが、敷金が確実に全額返金されるわけではありません。そのため、確実な方法をとるのであれば、礼金を確定で引くのがいいでしょう。

しかし、1つ目の成功率は10%程度と考えておきましょう。

とにかく初期費用を抑えたい場合は、借金をした利息と割り切り、三つ目のプランで進行するのも一つの手でしょう。

まとめ

今回は礼金を払いたくない皆様にどうにか払わないまま引っ越しを完了する方法をまとめました。絶対に避けるべきポイントや礼金カットを成功させるためのポイントなどをまとめたため、この記事を参考に礼金の交渉をスムーズに進行しましょう。

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!