家賃6万円の初期費用の相場はいくら?安く引っ越す方法を解説

folder-icon
初期費用
初期費用
引っ越し

新生活の始まりにはなにかと出費がかさむもの。

できることなら費用を抑えて、なるべく安く引っ越したいですよね。

中でも特に負担が大きいのは引っ越し初期費用です。

この記事では、家賃6万円の物件での初期費用の相場と、安く引っ越すためのコツを紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

家賃6万円の初期費用

年収700万円の暮らし

ここで指す初期費用は、引っ越し業者にかかる費用を含まず、賃貸契約の際にかかる初期費用を指します。

家賃6万円の物件に引っ越す際に初期費用の相場は、どのくらいを想定すればいいのでしょうか。

初期費用とは

初期費用とは、敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換代、クリーニング代など、賃貸契約を結ぶ際に必要な費用を総合した呼称です。

不動産屋と家主の裁量で定められている部分も大きく、物件ごとに価格にバラつきがあります。

初期費用は状況次第では交渉することもできるので、何にどの程度費用が発生しているかを理解することが大切です。

初期費用は家賃で決まる

初期費用は基本的に家賃を基準に相場が決まっています。

家賃×4~5ヶ月と言われており、家賃6万円の家の場合、24~30万円程度の初期費用がかかることになります。

しかし、初期費用は不動産屋と家主が決めている部分も大きく、敷金がかからない物件や、反対に相場よりも高額に定めている物件もあります。

初期費用の内訳

初期費用の主な内訳は、敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換代、クリーニング代、火災保険料などです。

一般的に、敷金、礼金はそれぞれ家賃1ヶ月分、仲介手数料は家賃0.5ヶ月分と言われています。

鍵交換代は1~2万円で、鍵の防犯性の高さに応じて価格が変動します。

クリーニング代は部屋の広さによって金額がかわりますが、おおよそ3~7万円です。

火災保険料は1~2万円が相場です。

この他に害虫駆除などの特別な清掃・処理が自動的に含まれている場合があります。

ここからわかるように、引っ越し初期費用には家賃を基準にして設定されているものと、そうでないものがあります。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

初期費用節約方法(家賃6万円)

住民

家賃が6万円の物件で初期費用を節約するためには、項目ごとに分解して値下げ交渉を検討する必要があります。

敷金礼金

敷金礼金は相場が家賃1ヶ月と決まっていますが、物件によっては敷金がかからない場合もあります。

特に家賃が安い物件の中には、敷金をもらわなくても入居してほしいと考える家主もいます。

つまり、敷金、礼金の考え方は不動産屋や家主の考え方によって値引き交渉ができるかどうかが大きく変わります。

不動産屋と家主の関係性が良好である場合、やり取りがスムーズに進み交渉に有利になるかもしれません。

気に入った物件があり、予算が少しオーバーしている場合などには、正直にその旨を伝えてみましょう。

クリーニング代

クリーニング代は部屋の広さによって価格が決まる他、どのような清掃をするかによっても追加料金が発生する可能性があります。

自分にとって必要のない清掃が追加されないようあらかじめ契約を確認しておくことも大切です。

また、クリーニング代は退去者が負担するか入居者が負担するかは物件によって異なります。

契約書を確認し、自分が入居時にクリーニング代の支払い義務があるかチェックしておくと初期費用の支払いがスムーズです。

火災保険料

火災保険料の相場は1~2万円ですが、どのような補償を選ぶは自分で決めることができるので、節約できるポイントです。

万が一に備えてきちんと補償がある保険を選択することは大切ですが、不要なオプションなどが追加されないように注意して確認しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越し費用を抑える方法

注意

引っ越し費用は初期費用の他に、引っ越し業者費用や家具家電費用なども発生します。

一度にまとまった出費が重なるためストレスに感じる人もいるかもしれません。

ここでは、それぞれの費用を抑えて引っ越す方法を紹介します。

引っ越し業者費用を抑える

引っ越し業者費用は通常、「移動距離」「荷物の量」「引っ越しの時期」の3つから価格が決まります。

引っ越し業界の繁忙期となる2~4月は価格が高騰するため、それを避けて5~1月に引っ越すことで費用が抑えられます。

また、1社に即決するのではなく複数社から見積もりを取ることで、最も条件がよく価格の手頃なものを選択することができます。

引っ越し業者を選ぶ際は、必ず相見積もりをとるようにしましょう。

家具家電費用を抑える

新生活を始める際には、家具家電の購入も必要になります。

洗濯機、冷蔵庫、ベッドなど必要最低限のものを購入するだけでも、10万円以上の出費になります。

この出費を抑えるための選択肢として、家具家電付きの物件を探すという方法があります。

家具家電付き物件に絞ると選択肢は狭まりますが、次に引っ越す際にも、身軽に移動できるというメリットがあります。

引っ越し初期費用を分割払いする

家賃6万円の物件の初期費用は24~30万円が相場であり、一括で支払うには負担の大きい金額です。

引っ越しに関して資金面の不安を感じている人におすすめなのが引っ越し初期費用分割支払いサービス「smooth」です。

「smooth」を利用すれば、初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができます。

基本的には自分で選んだどんな物件にでも利用できるサービスで、出費が同じ時期に集中することを避けられます。

気になる方は、「smooth」の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

家賃6万円の物件の場合、初期費用は24~30万円となります。

初期費用の中には交渉次第で値下げができる項目があるので気になる部分があれば不動産屋に相談するのがおすすめです。

さらに、初期費用を分割払いにできるサービス「smooth」を活用すれば、引っ越し時の負担を軽減することができます。

費用を抑えてお得に引っ越しできるように準備を進めてくださいね。

以上、家賃6万円の引っ越し初期費用でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!