一人暮らしの初期費用60万円は高い?引っ越し費用を節約する方法

folder-icon
初期費用
初期費用
お金

一人暮らしを始める際には、引っ越し業者費用や引っ越し初期費用など様々な出費が必要になります。

特に初めて引っ越しをする人にとっては、「引っ越し初期費用」と言われてもどのくらいの金額が目安なのかわかりませんよね。

この記事では、引っ越し初期費用60万円と言われた場合の一般的な内訳と節約できる方法について紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしの引っ越しにかかる費用

引っ越し

一人暮らしで引っ越しをする場合に必要になる主な費用は「引っ越し業者費用」「家具家電費用」「引っ越し初期費用」です。

引っ越し業者費用

引っ越し業者の費用は一般的に「移動距離」「荷物の量」「引っ越しの時期」の3つの要素によって決まります。

移動距離が長ければ長いほど引っ越しの費用は高くなります。

多くの引っ越し業者では「市内」「県内」「県外」などの指標で価格設定を行っているので、公式サイトなどで目安のチェックが可能です。

単身引っ越しの場合は荷物の量は少ない場合が多いですが、特別持ち物が多い場合は高額になることもあります。

引っ越し時期は2~4月の繁忙期が高額になり、5~1月は比較的安く設定されています。

新生活の家具家電費用

初めて一人暮らしを始める場合、家具家電の費用も重要です。

洗濯機、冷蔵庫、ベッドなど、最低限の家具家電を揃えるだけでも10万円近くかかります。

家具や家電を購入する際には、引っ越し先の物件にきちんとおさまるかどうかを確認しておくことも大切です。

引っ越し初期費用

引っ越し初期費用は、物件を斡旋してくれた不動産屋と家主が設定している引っ越しのための費用を総合して指す言葉です。

敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換代、クリーニング代などが含まれます。

引っ越し初期費用のうち敷金、礼金、仲介手数料は家賃をベースにして計算されます。

一般的に、引っ越しの初期費用は家賃の4~5ヶ月分と言われています。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

初期費用60万円の一般的な内訳

注意点

では、引っ越し初期費用60万円というには、高いのでしょうか?

それは、家賃がいくらの物件の初期費用かによります。

初期費用は家賃4~5ヶ月分

引っ越し初期費用は家賃の4~5ヶ月分であるため、家賃が12~15万円の物件であればこの初期費用は一般的です。

家賃が10万円以下の物件において60万円の初期費用を提示された場合には、どこかで費用が掛かりすぎている可能性があります。

内訳を把握する

要があります。

一般的な内訳は、以下の通りです。

・敷金(家賃1ヶ月分)

・礼金(家賃1ヶ月分)

・仲介手数料(家賃0.5ヶ月分)

・鍵交換代(1~2万円)

・クリーニング代(3~7万円)

・その他

このように、敷金、礼金、仲介手数料は家賃を基準に設定されますが、鍵交換代は鍵の防犯性の高さ、クリーニング代は部屋の広さによって決まります。

その他の費用としては害虫駆除などのサービスも初期費用に含まれる可能性があります。

値下げ交渉できるポイント

引っ越しの初期費用は、条件次第では交渉することができます。

敷金、礼金、仲介手数料は家主や不動産屋の裁量で決定している部分が大きいため、いい物件だけど少し予算オーバーなときには正直に話をしてみましょう。

また、クリーニング代は退去者が払うか入居者が払うかが物件によって異なります。

自分にとって必要のないエキストラなクリーニングサービスが含まれている可能性もあるので、契約前に内容をチェックするのがおすすめです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越し費用の負担を抑える方法

女性

引っ越しには、「引っ越し業者」「家具家電」「初期費用」と様々な出費が重なります。

少しでも費用を抑えるために、それぞれの項目の節約方法を紹介します。

引っ越し業者費用を抑える

引っ越し業者費用は先述した通り、「移動距離」「荷物の量」「引っ越し時期」の3つの項目によって決まります。

引っ越し業者費用を抑えるためには、可能であれば引っ越し繁忙期である2~4月を避けることが大切です。

また、複数の業者から同じ内容で見積もりを取ること、より安く条件のいいところを選ぶことができます。

家具家電費用を抑える

家具家電費用を抑えるために、家具家電付き物件を選ぶという選択肢があります。

家具などにこだわりがなくなるべく身軽に引っ越しをしたいという人におすすめです。

物件の選択肢は限られてしまいますが、次に引っ越すときにも大きな荷物がなくて済むというメリットもあります。

引っ越し初期費用を分割払いする

様々な出費が重なる中、引っ越し初期費用60万円を一括で支払うのは負担が大きいかもしれません。

そんな方におすすめなのが初期費用分割支払いサービス「smooth」です。

「smooth」では、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払いができるサービスを展開しています。

自分の選んだお気に入りの物件で利用することができるのも嬉しいポイントです。

気になる方は、「smooth」の公式サイトをチェックしてみてください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

結論としては、家賃が12~15万円の物件であれば、初期費用60万円は一般的な反にないということになります。

費用をなるべく抑えるためには、初期費用の交渉や引っ越し業者の複数見積もりなどいくつかの方法があります。

少しでも費用を抑えて安く新生活を始められるよう、ここで紹介したことをチェックしてみてくださいね。

以上、一人暮らしの初期費用相場についてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!