一人暮らしに必要な資金とは?まずは計画的な貯金からスタート

folder-icon
初期費用
賃貸初期費用
pixta 88128200 M

「一人暮らしにはどれくらいの資金が必要なのか?」 「初めての一人暮らしで不安……」

一人暮らしを始めるにあたって、一番の問題は「資金面」です。

とくに、初めての方は何にいくら必要なのか分からず、不安になることもあるでしょう。

そこで、この記事では

・一人暮らしに必要な資金 ・一人暮らしを始める際のアドバイス ・初期費用を分割払いにできるおすすめサービス

について、詳しく解説していきます。

この記事を読めば、一人暮らしに必要な資金やポイントが分かります。

初めての一人暮らしに不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしに必要な資金とは

家賃

一人暮らしには、さまざまな費用が必要です。

ここでは、一人暮らしに必要な資金を4つ紹介します。

賃貸初期費用

賃貸物件を契約する際、初期費用が必要です。

初期費用には、敷金や礼金、仲介手数料など、さまざまな費用が含まれており、家賃の4~6倍と言われています。

つまり、家賃6万円の物件を契約する際は、24~36万円程度の初期費用が必要ということです。

賃貸契約の初期費用は高く、なかなかまとまったお金を準備できない方も多いでしょう。

その場合は、敷金・礼金がゼロの物件やフリーレント物件(※)などを探して、初期費用の負担を減らしましょう。

(※)一定期間の家賃が無料になる物件のこと

引っ越し費用

一人暮らしを始めるには、引っ越し費用も必要です。

引っ越し費用は、移動距離や荷物の量、時期によって金額が大きく変動しますが、一人暮らしの場合は3~10万円程度が相場です。

とくに、3~4月の繁忙期は金額が1.5倍程度跳ね上がる可能性もあるので、できることなら繁忙期を避けて引っ越すことをおすすめします。

また、自宅から近い場所に引っ越す場合は、軽トラックなどをレンタルして、自分で引っ越し作業を行うのも良いでしょう。

生活用品の購入費用

一人暮らしには、生活用品が必要です。

実家では当たり前のようにあったものも、一人暮らしになると自分で揃えなければいけません。

冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などの家電から、ベッドやテーブルなどの家具類まで、すべて揃えると10~20万円程度はかかります。

そこまでまとまった資金がない場合は、まずは必要最低限のものだけを購入し、徐々に買い揃えていくなど、工夫すると良いでしょう。

生活費用

一人暮らしを始める場合、生活費用も考えなくてはなりません。

総務省が発表した「家計調査」では、一人暮らしの人の平均支出が以下のようになっています。

費目支出額
食費39,532円
光熱・水道代11,270円
家具・家事用品費5,255円
被覆および履物費5,005円
交通・通信費19,872円
保健医療費8,097円
教育・娯楽費16,702円
合計105,733円

参照:総務省「家計調査(2023年4~6月期)」

上の表を見て分かるとおり、一人暮らしには、家賃以外に10万円以上の費用がかかります。

もちろん、人によって多少の誤差はあると思いますが、生活費用として、ある程度の資金は準備しておきましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

一人暮らしを始めるなら計画的な貯金を

節約

一人暮らしには多額の資金が必要になるため、急に言われて準備できるものではありません。

また、一人暮らしを始めてから、テレビや壊れた、壁に穴が空いたなど、突発的な出費が発生する可能性も十分考えられます。

そのため、一人暮らしを始める前に、計画的に貯金しておくことをおすすめします。

ある程度の貯金があれば、生活を圧迫することなく、余裕を持って暮らせるでしょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

初期費用が高いと感じたら分割後払いできる「smooth」がおすすめ!

スムーズ ロゴ logo 横

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

まとめ

一人暮らしを始めるにあたって、必要な資金は以下の4つです。

・賃貸初期費用 ・引っ越し費用 ・生活用品の購入費用 ・生活費用

すべての資金を支払うと相当な金額になってしまうので、節約できるポイントを探して、少しでも必要な資金を減らすようにしましょう。

また、一人暮らしを始めた後のことも考えて、計画的に貯金することも重要です。

賃貸契約の初期費用が高くてお悩みの場合は、smoothなどの分割後払いサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます