【初めての方向け】一人暮らしの初期費用は?あと払いで賢くお引越ししよう

folder-icon
初期費用
一人暮らし
サムネイル_001

進学や就職をきっかけに、実家を離れてはじめて一人暮らしを始める方は多いと思います。

一人暮らしを検討した時、最初に気になるのは”お金”のことですよね。

一般的に、一人暮らしのお部屋を借りる初期費用は「家賃5ヶ月分ほど」と言われています。

場合によってはその他に、引っ越し費用や生活用品を揃える費用がかかり生活をスタートさせるためには「平均50万円ほど」が必要となります。

これから初めて一人暮らしをされる方は、何にいくらかかるのかを知っておくと、自分が一人暮らしを始める時の計算ができるでしょう。

そこで、この記事では ・一人暮らしを始めるための「初期費用の内訳」 ・初期費用の「節約方法」 ・一人暮らしで「初期費用を抑える賢い方法」をご紹介します。

一人暮らしを始めるためにいくらかかるのか知りたい方、いま手元にあるお金で十分なのか不安な方は、ぜひ最後までお読みください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしの初期費用とは?何にいくらかかる?

お金

まず、一人暮らしをスタートさせるには大きく分けて3種類の費用が必要となります。

  1. お部屋を借りるためにかかる初期費用

  2. 引っ越し業者を利用する費用

  3. 家具家電・生活用品を購入する費用

それぞれ、費用の目安や最低限かかる費用を解説していきます。

1.お部屋を借りるためにかかる初期費用/家賃の5ヵ月分が相場

お部屋を借りるためには、賃貸契約時にまとまった金額を支払わなくてはいけません。

(一般的に「初期費用」と言うと、この賃貸契約時に必要な費用のことを意味します。)

賃貸契約時に必要な初期費用には、敷金・礼金・仲介手数料などが含まれます。

賃貸契約の内容によって項目や金額は変動しますが、一人暮らしの初期費用の相場は「家賃の5ヵ月分ほど」です。

ここでは、初期費用とはなんのために支払うお金なのか、内訳を見ていきましょう。

敷金(しききん)

敷金とは家賃を払えなくなった時の補填や、お部屋を傷付けた時の修繕などに充てるために、お部屋を借りる人がお部屋を貸してくれる人に預けておく費用です。

預けているお金なので、家賃を滞納しなかった、お部屋を綺麗に使っていた場合などはお部屋を解約する時に返してもらえることがあります。

家賃の1~2ヵ月分程度が相場です。

礼金(れいきん)

礼金とはお部屋を借りる人がお部屋を貸してくれる人に「御礼」として払う費用です。礼金は敷金と違い返してもらえません。家賃の1~2ヵ月分程度が相場です。

仲介手数料(ちゅうかいてすうりょう)

仲介手数料とはお部屋の提案やお部屋を見るための同行をしてくれた不動産会社さんへの対価として払う費用です。

稀にお部屋を貸してくれる人と直接やりとりをしてお部屋を借りる場合には発生しませんが、一般的にはお部屋を借りる際はお部屋を貸してくれる人と直接やりとりはせず、不動産会社さんが間に入ってくれる場合がほとんどなため、ほぼ必ず発生します。

家賃の1ヵ月分程度が相場です。

前家賃/前管理費(まえやちん/まえかんりひ)

前家賃/前管理費とはお部屋の契約月の翌月1ヵ月分の家賃と管理費を前もって払う費用です。

日割家賃/日割管理費(ひわりやちん/ひわりかんりひ)

日割家賃/日割管理費とはお部屋の契約日から月末までの残り日数分の家賃と管理費を払う費用です。

例えば、家賃6万円のお部屋に15日(月末は31日)に入居した場合は、以下のように計算します。

60,000円÷31日=約1,935円(1日当たりの家賃) 31日-15日=16日(月の残り日数) 1,935円×16日=30,960円(日割り家賃)

※計算方法が異なる場合があります。事前に不動産会社に確認しておきましょう。

保証会社の利用料

保証会社利用料とは連帯保証人や保証人の代わりになる会社を利用するために払う費用です。

東京都内のお部屋は保証会社の利用が必須になっていることが多いですが、地域によって連帯保証人での契約が可能で父親や母親が連帯保証人になる場合利用料は発生しません。

こちらも物件によって異なるため、事前に契約事項を確認する必要があります。

家賃の0.5~1ヵ月分程度が目安です。

鍵の交換費用

鍵の交換費用とは鍵を付け替えるために払う費用です。

鍵の付け替えを行わないと前に住んでいた人が自由に出入りできる状態のままとなってしまいます。

金額は鍵の種類に応じて変動しますが、一般的な鍵の場合は1~1.2万円程度、防犯性の高い鍵(ディンプルキーなど)の場合は1.5~2万円程度が相場です。

室内消毒料

室内消毒料とはお部屋の害虫駆除・消毒殺菌・消臭除菌などの処理をするために払う費用です。1~2万円程度が相場です。

サポート料金

サポート料金とはお部屋を契約している間に起きた様々なトラブルに対応してもらうために払う費用のこと。

鍵の紛失・水回り器具の故障・ガラスの修理・健康相談などに対応してもらえます。1~2万円程度が相場です。

火災保険料

火災保険料とは火災や水漏れ、地震などで建物または部屋の中のものが被害を受ける場合に備えて損害保険に加入するために払う費用です。1~2万円程度が相場です。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

2.引越し業者を利用する費用/3~10万円が相場

引っ越し

これから一人暮らしをスタートさせる方は、実家から荷物を運ぶ必要があるでしょう。 その際、引っ越し業者に依頼する方は引っ越し費用が必要になります。

荷物を持って行かずに全部新しい物を買う、友人知人に手伝ってもらう人もいるかもしれませんが、引越し業者に依頼するのが一般的です。

引越し業者を利用する費用は、時期や距離に応じて変動するので覚えておきましょう。

ここでは、引越し業者を利用する時のポイントを解説します。

ポイント①距離:200kmを越えていたら要注意!

引越し業者は売上を上げるために1日に1件でも多くの引越しを行う努力をしています。

多くの引越しを行うために重要なのが、1件の引越しを行うのにどの程度の時間がかかるかです。

そのため、1件あたりにかかる時間が短いほど料金が安くなり、時間が長いほど料金が高くなります。

時間がかかるのはどのような場合でしょうか。

それは引越し距離が長距離な場合です。

一般的に引越し距離が200kmを越えると高額になることが多いです。

引越し距離が200kmを越えている場合は注意しましょう。

移動距離引越し料金
~20km3.0~3.5万円
20~50km 3.5~4.0万円
50~200km4.0~5.0万円
200~500km 5.0~8.0万円
500km~ 8.0~10.0万円

ポイント②時期:3~4月は特に気を付けよう!

引越し業者への依頼は「依頼が集中する時期」と「それ以外の時期」に分かれています。

学生の入学・卒業や社会人の就職・転勤といった新しい生活を始める人が多い3~4月の「依頼が集中する時期」は多くの依頼が来るために比較的料金が高くなっています。

「依頼が集中する時期」を繁忙期、「それ以外の時期」を通常期というので覚えておきましょう。

また、繁忙期は引越し作業を行うためのスタッフやトラックの手配に空きがなくなってしまい、希望日程で引越しができない場合もあるので注意しましょう。

時期引越し料金
通常期(5~2月) 9.0万円
繁忙期(3~4月)12.5万円

ポイント③曜日:平日の引越しがお得!

何曜日に引越しを行うかも引越し料金に影響します。

ポイント②で解説した通り、引越し料金は「依頼が集中する」時に高額となります。

そのため、世間が休みで引越しをする人が多い土日祝日は引越し料金が高くなります。

平日の料金が安価なのは土日祝日に比べて依頼者が少なく、引越し業者が設定料金を下げて安売りをするからです。

曜日引越し料金
平日8.3万円
土日祝日8.5万円

3.家具・家電・生活用品を購入する費用/25万円が目安

初めての一人暮らしでは家具や家電品をはじめ、カーテンや食器、食品などの生活に必要ななものを用意する必要があります。

実家のものを持っていく、家具・家電付きのお部屋に住むといったこともできますが、1から新しいものを買い揃える人が多いでしょう。

ここでは、一人暮らしに必要な最低限の家具・家電・生活用品を解説します。

家具(インテリア)の購入

購入品金額(目安)
ベッド・布団1.5万円~
テーブル0.5万円~
収納家具0.5万円~
椅子0.5万円~
テレビ台0.5万円~
カーペット・カーテンなど1.5万円~
合計5.0万円~

家電の購入

購入品金額(目安)
冷蔵庫3.0万円~
テレビ2.0万円~
洗濯機2.0万円~
冷房器具2.0万円~
炊飯器1.5万円~
電子レンジ1.0万円~
掃除機1.0万円~
照明器具0.5万円~
ドライヤー・ケトルなど2.0万円~
合計15.0万円~

生活用品の購入

購入品金額(目安)
キッチン用品類1.0万円~
食器類1.0万円~
掃除用具類1.0万円~
洗濯用品類1.0万円~
その他1.0万円~
合計5.0万円~

一人暮らし初期費用の実例

お金

ここでは、一人暮らしをスタートさせるまでの費用を実際に計算してみましょう。

必要最低限の準備をした場合の「一人暮らしの引っ越しにかかる費用の実例」を紹介します。

家賃6万円のお部屋で一人暮らし

家賃6万円のお部屋を借りた場合をご紹介。

項目金額(目安)
賃貸契約の初期費用 30.0万円
引っ越し費用5.0万円
家具・家電・生活用品の購入費25.0万円
合計60.0万円

この例からわかる通り、賃貸契約の初期費用が一番高額です。

一人暮らしを始めるとき、平均50万円ほどかかると言われていますが、この賃貸契約の初期費用を抑えられると「50万円以下」の引っ越しが可能になるでしょう。

関連記事⇨最低いくら必要?一人暮らしに実際かかった初期費用と安く抑えるポイント

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

一人暮らしの初期費用を節約する3つのコツ

お金

コツを知っておくと、引っ越し費用の割合を多く占める初期費用は相場よりも抑えることができます。

一人暮らし引っ越しの平均と言われている50万円以下での引っ越しも可能になるので、ぜひ参考にして下さいね。

敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が安い物件から選ぶ

初期費用が安い物件から選ぶことで、かかる費用を抑えることができます。

以下のようなキャンペーンなどを上手く利用すれば、初期費用の節約になります。

  • 仲介手数料無料

  • フリーレント

  • ゼロゼロ物件

ただし、初期費用が抑えられたとしても退去時にハウスクリーニング代金などの費用を請求されることがあるので、初期費用が安い場合は退去時にかかる費用も一緒に確認しておきましょう。

家賃の安い物件を選ぶ

お部屋を契約する初期費用は、「家賃○ヶ月分」という基準で計算されます。 そのため、そもそも家賃が安いお部屋を選ぶことで初期費用は大幅に抑えられるでしょう。

例えば、家賃6万円のお部屋だと初期費用はおよそ30万円かかりますが、家賃4万円のお部屋だと20万円ほどに抑えることができる計算です。

引っ越しする時期は閑散期・平日にする

引っ越しをする時期をずらすだけで、引っ越しの費用を抑えることができます。

不動産の閑散期である6~8月や平日は、仕事や学校があるため引っ越しをする人が少なく、安い引っ越しプランが多くあります。

繁忙期である2~4月、週末や土日を避けるだけで料金が変わるため、時期をずらして引っ越すこと節約のコツです。

家具家電・生活用品の入手方法を工夫する

家具家電・生活用品は、入手方法を工夫することで費用を抑えることができます。

全て新品で揃えると、上記の表であったように20万円を超えてしまいます。

しかし、以下のような方法で最低限の物を揃えると半額以下にすることも可能でしょう。

  • 実家から持っていく

  • 友人・知人から譲ってもらう

  • 家具家電付きの物件を選ぶ

  • 家具家電のレンタルサービスを利用する

  • リサイクルショップ、フリマアプリ、地域の掲示板などを利用し中古品をゲットする

中古品を揃える場合は、引っ越しシーズンがおすすめ。不要なものを出品する人が多くなるため掘り出し物が見つかる可能性もありますよ。

特に生活用品は、最初から全て揃えようとせずに少し生活をしてみて、必要だと思ったものを追加で揃えていくのも良いでしょう。

smoothを利用して初期費用を抑えよう

“新しい生活を始める”

“引っ越しを検討している”

ただ、初期費用の負担って大きい。。。

工夫をして引っ越し費用や家具家電購入費用を安く抑えても、お部屋を借りる初期費用を安くするには限界があります。

最低でも数十万円は必要になるでしょう。

そこで、おすすめしたいのがsmoothです。

default

smoothなら、お部屋を借りるための初期費用を分割払いにすることが可能。

6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、少ない初期費用で新しい生活を始めることができます。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

{
	"target": {
		"metadata": {
			"tags": []
		},
		"sys": {
			"space": {
				"sys": {
					"type": "Link",
					"linkType": "Space",
					"id": "farmtz7r01oh"
				}
			},
			"id": "5O6UrjBTA3QHpTn3udkTdF",
			"type": "Entry",
			"createdAt": "2021-04-07T10:54:41.457Z",
			"updatedAt": "2021-04-07T10:55:40.784Z",
			"environment": {
				"sys": {
					"id": "master",
					"type": "Link",
					"linkType": "Environment"
				}
			},
			"revision": 2,
			"contentType": {
				"sys": {
					"type": "Link",
					"linkType": "ContentType",
					"id": "mediaTags"
				}
			},
			"locale": "ja-JP"
		},
		"fields": {
			"name": "口コミ・レビュー",
			"slug": "reveiw"
		}
	}
}

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

無理のない新生活を!慣れない暮らしを快適にするには生活費を多めに用意しておく

お金

引っ越しをするための初期費用のみを準備するのではなく、新生活にかかる生活費分も多めに用意しておくことで、慣れない新生活でも快適にすることができます。

新生活を実際に始めてみると、はじめのうちは想定してた以上にお金がかかってしまうことがあります。

ギリギリの生活で節約ばかりになって悲しい思いをしないためにも、引っ越し費用とは別に生活のためのお金を用意しておくと良いでしょう。

一人暮らしの家賃の相場はいくら?

一般的に、家賃の目安は手取り収入の3分の1と言われています。

ここで注意すべきなのは「額面収入」ではなく、「手取り収入」の3分の1という点です。

手取り収入とは、給与として実際に自分が受け取ることのできる金額です。

一方、額面収入とは、健康保険料や厚生年金保険料などが控除される(差し引かれる)前の金額です。 控除される金額は人によって異なりますが、基本的に額面収入>手取り収入となります。

また、「手取り収入の3分の1」という目安はあくまで一般的なものです。

想定しなかった出費がかさんでしまって、月々の生活が苦しくなってしまうことは、初めての一人暮らしではよく起きること。

自分の生活費がいくら必要なのか、貯金がいくらあるのかなどを考慮した上で、住む家の家賃を考えましょう。

学生の一人暮らしの家賃相場は?

社会人と学生では、収入も違うため家賃も異なるでしょう。 アルバイトや仕送りで生活をしているをしている学生の家賃相場を見てみましょう。

全国大学生協連」が行った全国大学生活協同組合連合会による調査によると2021年時点で、全国平均5万3,920円となっています。

平均家賃から賃貸契約の初期費用を計算すると、およそ27万円になります。 学生が一人暮らしを始める際は、 「27万円+引っ越し代+家具家電・生活用品購入費」が必要になってくるでしょう。

女性の一人暮らしの家賃相場は?

20代前半女性の、手取り収入は平均16万6,000円ほど。 そこから収入の3分の1に当てはめてみると、家賃5万5,000円が目安となります。

20代後半女性の、手取り収入は平均18万6,000円ほど。 そこから収入の3分の1に当てはめてみると、家賃6万2,000円が目安となります。

30代女性の、手取り収入は平均20万円ほど。 そこから収入の3分の1に当てはめてみると、家賃6万6,000円が目安となります。

※参考:厚生労働省|令和元年賃金構造基本統計調査

この目安となる家賃から初期費用を計算してみると、25〜30万円ほど必要になる計算です。 そのため、女性が一人暮らしを始める際は、 「初期費用25〜30万円+引っ越し代+家具家電・生活用品購入費」が必要になってくるでしょう。

「立地が良いところ」「新しくて綺麗なお部屋に住みたい」「セキュリティが万全の部屋がいい」など、こだわりがある場合は家賃が上がることは避けられません。 その場合、上記よりも初期費用がかかりますので全体の費用も膨みます。

一人暮らしの月々の出費は?

お金

手取りが20万円の人の一般的な月々の出費を見てみましょう。

項目金額
家賃65,000円
食費30,000円
水道光熱費12,000円
携帯・ネット費14,000円
交際・娯楽費30,000円
日用品・雑費15,000円
貯金34,000
合計200,000円

また、生活する上での変動費として、下記のような項目も考慮する必要があります。

特に「冠婚葬祭費」や「医療費」は自分で調整したり、予想をすることが難しい項目です。ある程度は貯金に余裕を持たせることが大切です。

その他にも、変動費は以下のようなものが挙げられます。

  • 奨学金

  • 趣味嗜好費

  • 医療費

  • 旅行費

  • 冠婚葬祭費

  • 美容院などの費用

変動費の中でも旅行費や美容院などの費用は、毎月少しずつ積み立てておくと計画的に楽しむことができるでしょう。

smoothの初期費用あと払いで一人暮らしをはじめよう

smoothは「賃貸契約時の初期費用を後払いにするサービス」です。

一人暮らしをはじめるには様々な費用が掛かかりますが、その中でも賃貸契約の初期費用は大きな割合を占めます。

一人暮らしにかかる費用が高額で一人暮らしを断念した方、これまでまとまった貯金がなく一人暮らしを諦めていた方も、smoothを使えば引越しをしていただけます。

分割の図

smoothを使うとお得な理由

初期費用の一時的な負担を抑えるためには、お金を借りてきたり、クレジットカードで分割払いできる不動産会社を探したり、といった方法があります。

でも、お部屋の契約のために高い金利を払ってお金を借りたり、家族や親しい友人にお金を借りたりするのって、大変ですよね。

またクレジットカードでの分割払いも、ポイントが溜まったり一見お得なように見えますが、分割のための手数料もかなり高く、クレジットカードの利用限度額も圧迫されてしまうのでおすすめできません。

smoothを使えば、手数料など一切なく6ヶ月の分割払いを利用することができるので、とてもおすすめです。

smoothが、手数料なく分割できる仕組みについてはこちらをご覧ください。

smoothの仕組み

一人暮らしの初期費用でよくある質問

一人暮らしを始めるには何にお金がかかる?

一般的に、以下のような費用が必要になります。 ・お部屋を借りるための初期費用 ・引っ越し業者を依頼する引っ越し費用 ・家具家電や生活用品購入費用

一人暮らしはいくらあればできる?

一人暮らしをスタートさせるには、平均50万円ほどかかると言われています。 「smooth(スムーズ)」を利用して賃貸の初期費用を後払いにすると、そのうちの30万円ほどを分割払いにすることが可能です。

初期費用あと払いサービスsmoothは誰でも利用できる?

お申し込みには年齢制限があり、満18歳以上の方が申し込み可能です。

smoothを利用しても、お部屋の選択肢が狭くなることはありません。 全国どこの物件でもほとんど利用可能。 LINEから物件を送っていただくと、あと払いできるかがすぐにわかります。

一人暮らしの初期費用まとめ

一人暮らしをはじめるために必要な費用について詳しく解説をしてきました。最後にまとめを掲載します。

  • 一人暮らしには「お部屋の初期費用」「引っ越し費用」「家具家電購入費用」で平均50万円かかる

  • 賃貸契約の初期費用は家賃の5ヵ月分が目安

  • 引越し業者を利用する費用は3~10万円が目安

  • 家具・家電・生活用品を購入する費用は25万円が目安

  • 家賃6万円のお部屋での一人暮らしには60万円程度かかる

  • smoothを使えば賃貸契約の初期費用を分割して一人暮らしをはじめられる

本記事で紹介した一人暮らしの初期費用の相場や、初期費用を抑えるコツを参考にあなたに合った方法で新生活の準備を進めてみて下さいね。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!