一人暮らしで初期費用の手持ちがない!出費を抑える方法を解説

folder-icon初期費用
初期費用
room

一人暮らしを始めるには、様々なお金がかかります。中でも新しく部屋を借りる際の初期費用はまとまったお金が必要になります。しかし「一人暮らしはしたいけど初期費用がない」「まとまった費用が準備できない」などと、”お金”の面で悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、一人暮らしの初期費用・内訳やお金が足りない場合の対策などを詳しく解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしにかかる費用とは?

一人暮らしを始めるには、様々な初期費用が発生します。どのような費用がかかるのでしょうか?

・引っ越し費用 ・賃貸物件の初期費用 ・家具家電・生活用品の費用

大きく3つに分けられます。それぞれの費用を解説します。

1.一人暮らしの引っ越し費用 引っ越し業者に依頼する場合は、引っ越しする時期、荷物の運搬距離、荷物の量などによって価格が変動します。

業者の繁忙期である3〜4月は、割増料金が設定されていることが多いので覚えておきましょう。

一人暮らしでは、荷物量が多くないと想定すると、引っ越し費用の相場は、30,000~50,000円程度となります。(土日や大安などを除く)

少しでも安く抑えたい方は、単身向けパックを利用するのもひとつです。しかし、距離や荷物の量によっては、割高になってしまうケースもあるので引っ越しプランを比較検討してみましょう。

また、引っ越し費用を抑える方法として相場を調べることも大切です。インターネットで一括見積もりサイトなどで比較してみるのもひとつです。

2.賃貸物件の初期費用

・敷金 家賃を滞納した場合や退去時の原状回復費用として、あらかじめ預けておくお金です。残金があれば返還されるお金です。

家賃滞納がなかった、退去時に修繕箇所が少なかった場合は、多く返還されることがあります。

敷金の相場は、家賃の1カ月分程度です。

・礼金 大家さんにお礼として支払うお金です。相場は、家賃の1カ月分程度ですが地域によって変わります。

・仲介手数料 部屋を借りる際に仲介した不動産会社に対して支払う手数料です。貸主と直接コンタクトを取りながら契約する場合は仲介手数料が発生しません。不動産会社が間に入った場合の契約のみ支払います。

相場は、家賃0.5カ月~1カ月分+消費税です。

仲介手数料の上限は、国土交通省告示で賃料の1カ月分と示されています。

ただし、契約の取り消しや無効があれば請求されることはありません。あくまでも契約が成立した場合のみ支払います。

・前家賃 賃貸借契約時にあらかじめ家賃を翌月分まで支払います。一部の公営住宅では家賃の後払い制度がありますが、民間の賃貸物件ではほとんどが前家賃となっています。

・ 日割り家賃 月の途中から入居した場合、当月分を日割り計算で支払います。 例えば、家賃5万円の物件に5月20日から入居する場合です。

50,000円÷30日×11日(20日~30日)という計算式になります。

・管理費・共益費 マンションやアパートの共用部を中心とした保守点検や維持管理に関する費用です。 どちらも消費税はかかりません。

・保証料 部屋を借りる際に連帯保証人を立てることが必要になります。しかし、連帯保証人を用意できない場合に保証会社を利用するときに保証料が発生します。

保証会社は、入居者が家賃を滞納したときに立て替えを行います。最近では、保証会社を利用するケースが増えています。

保証会社を利用するには、審査を通過しなければなりません。

相場は保証会社によって異なりますが、家賃の40〜80%など様々です。

・火災保険料 火災や水漏れ、地震、台風などに備えて加入する保険です。賃貸契約の際は、ほとんどのケースで火災保険の加入を求められます。 「家財保険」「借家人賠償責保険」「個人賠償責任保険」のセットになっている場合が多いです。 契約期間は一般的に2年更新で、2年分まとめて支払います。

しかし、あくまで任意ですので法律上の加入義務があるわけではないです。

・鍵交換費用 セキュリティ上の観点から前の入居者が使っていた鍵を新しい鍵に交換する費用です。 相場は、15,000~20,000円程度です。

ただし、防犯性が高い鍵であればあるほど値段が上がります。

・インターネット利用料 「インターネット対応」や「光インターネット対応」、「インターネット完備」などの物件があります。

「インターネット完備」では、すぐに無料でインターネットを利用できます。

「対応」と記載されている場合は、プロバイダ契約が必要となることがほとんどです。

3.家具家電・生活用品の費用

一人暮らしに必要な家具や家電、カーテン、ベッド・布団、食器類、シャンプー、トイレットペーパーなど、必要に応じて購入します。

家具・家電付きの物件であれば、生活用品だけで済む場合もあります。

一人暮らし・初期費用の手持ちがない場合はどうする?

賃貸物件を借りるときにかかる初期費用は、家賃の4〜5倍程度と言われています。例えば、家賃が50,000円であれば250,000円かかります。

ある程度まとまったお金が必要となるため、初期費用を準備できないときや足りないこともあります。

しかし、お部屋探しを工夫することで一人暮らしを実現させることができます。

ここでは、初期費用を抑えるポイントを解説します。

・初期費用を大幅に抑えられる物件を探す 最近では、敷金・礼金ゼロゼロ物件、敷金・礼金・仲介手数料ゼロのトリプルゼロ物件というものがあります。ゼロ円であれば大幅に初期費用を抑えることができるでしょう。

ただし、家賃が高く設定されている物件もあるので注意が必要です。

・フリーレント物件を探す フリーレントは、一定期間の家賃が無料になる物件です。期間は物件により様々ですが、1〜2ヶ月程度のところが多いです。

賃貸契約では、貸主に対し1ヶ月前までに解約の申入れを行うのが一般的です。このときに現在の物件と引っ越し先の物件の家賃が被ってしまうことがあります。

フリーレントであれば、前の住まいとの家賃二重払いを心配することなく余裕をもって引っ越しすることができます。

一定期間の家賃が無料になるので、初期費用も大幅に抑えることができます。

フリーレント物件はデメリットもある?

・短期違約金が設定されている 中途解約を認めないまたは短期で解約すると違約金が発生する場合があります。 短期違約金として、賃料1ヶ月分を支払うケースなどです。

・条件が悪い物件の可能性 空室が続き、少しでも早く入居していただくためフリーレント物件にしているケースです。こうした物件は、様々なマイナス条件が揃っている可能性もあります。

例えば、築年数が経っている、駅から離れている、日当たりが悪い、線路から近いなど。

・家賃が割高になるケースがある 家賃が相場より高めに設定されているケースや礼金に上乗せされていることもあります。

一人暮らしの初期費用が用意できない・足りない場合は「スムーズ」利用がおすすめ

一人暮らしの初期費用の手持ちがない、足りないという方は、賃貸初期費用あと払いサービス「スムーズ」の利用がおすすめです。

初期費用を一括で支払う必要がなくなり、全額一括で立て替えていただけます。

あと払いであれば、入居時の初期費用を0円で引っ越しすることができるので、希望の物件に入居することも可能です。

一人暮らしの初期費用で「スムーズ」利用をするときのメリット

・日本全国、ほぼすべての物件で利用可能 ・LINEでお部屋探しの提案を行っている ・初期費用の金額に縛られない物件選びが可能 ・6回払いであれば、分割手数料や金利は一切掛からない

カードローンであれば、最大の金利が「年20%」となっているので月々の返済が大きくなりますが「スムーズ」を利用すると「6ヶ月」の分割で無利子の返済が可能となります。

まとめ

ここでは、一人暮らしの初期費用・内訳やお金が足りない場合の対策などを解説しました。初期費用の手持ちがない場合や足りないときは、お部屋探しの工夫をしながら、初期費用あと払いサービス「スムーズ」の利用を検討してみましょう。スムーズの申込はこちらのページから簡単に行えますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!