初期費用なしの賃貸に引越すには?初期費用ゼロのお部屋について解説

folder-icon
初期費用
初期費用無料
2754045 s

お部屋探しをはじめてまず気になるのは、敷金・礼金などの大きな初期費用の負担ですよね。

初期費用は、地域や物件によって負担が変わりますが、一般的には家賃の5ヶ月分程度のお金が必要となります。

本記事では初期費用を抑えて賃貸に引っ越しするために「敷金・礼金ゼロゼロ物件」についての解説や、初期費用の負担を軽くして引っ越しをする方法を紹介します。

初期費用を抑えたいと思っている方はぜひ参考にして下さい。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

初期費用なしで引越しをする方法は?

引っ越し

賃貸でお部屋を借りるときの初期費用には、どのような物があるのでしょうか? また初期費用なしで引っ越しをする方法を解説します。

賃貸初期費用の内訳

まずは、お部屋を借りるときにかかる初期費用の内訳をご紹介します。

費用相場
敷金(しききん)家賃の1~2ヵ月分
礼金(れいきん)家賃の1~2ヵ月分
仲介手数料(ちゅうかいてすうりょう)家賃の1ヵ月分
前家賃/前管理費翌月1ヵ月分の家賃と管理費
日割家賃/日割管理費契約日から月末までの残り日数分の家賃と管理費
保証会社の利用料家賃の0.5~1ヵ月分(保証会社により支払い方法が異なる)
鍵の交換費用1~2万円
室内消毒料1~2万円
サポートサービス(24時間サポートなど)1~2万円(会社ごとに支払い方法が異なる)
火災保険料1~2万円(会社ごとに支払い方法が異なる)

【敷金】 敷金は大家さんに預ける一時金のようなもので、通常退去時にお部屋の修繕費用を差し引いて返金してもらえます。

【礼金】 礼金は、大家さんに対してお礼の気持ちで支払うお金のこと。 初期費用に含まれており、まとめて請求されることが一般的です。

【仲介手数料】 仲介手数料は、お部屋の仲介を行ってくれる不動産会社に対して支払う手数料のことです。 上限は家賃「1ヶ月分+消費税まで」と定められているため、それより多い金額を請求されることはありません。

【前家賃】 入居する月の翌月分の家賃のこと。賃貸初期費用に含まれて請求されることが一般的です。

【日割り家賃】 入居時、月の途中から住み始めた場合はその月の家賃を日割りで支払います。 前家賃と同じく、賃貸初期費用に含まれてまとめて支払うことが一般的です。

【その他】 ・火災保険料 ・保証料 ・鍵交換費用 ・クリーニング費用 など、物件によって請求される内容は多少異なります。

初期費用は物件により多少異なりますが、およそ家賃5ヶ月分ほどかかることが一般的です。

初期費用なしで引越しをする方法として、敷金・礼金などの負担がないお部屋を探して引越しをするということが考えられます。

敷礼ゼロゼロ賃貸物件とは?初期費用ゼロ円の仕組み

敷礼ゼロゼロの物件とは、敷金や礼金のないお部屋になります。

どうして敷金・礼金ないお部屋があるのでしょうか?答えは集客にあります。

例えば、最寄駅から少し遠くてなかなか入居者が見つからないお部屋があったとします。

敷金と礼金を安くすることで、多くの人の目に触れて、はやく入居者が決まるのであれば、大家さんにとってお得です。

空室の状態が長引くと大家さんとしては利益にならないため、できる限り避けたいものなのです。

敷礼ゼロゼロ賃貸物件のメリット・デメリット

引っ越し

敷金・礼金の掛からない物件にはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、

  • 初期費用を安くお部屋を借りることができる点です。

一方でデメリットも多くあります。

  • 立地や設備、日当たりなどに難がある物件が多い

  • 少ない選択肢の中から選ばないといけない

  • 家賃に上乗せされていて家賃が相場よりも高い

  • 敷金礼金がなかったとしても初期費用は一定必要になる

初期費用が安い物件には、それなりの理由があります。 「物件が古い」「立地が悪い」といった理由なら、ご自身が妥協できるかを検討する必要があるでしょう。

また敷金礼金がかからないゼロゼロ物件の中には、家賃が相場よりも割高に設定されているケースがあります。 家賃が相場よりも割高に設定されていると、長く住めば住むだけ損をしてしまうことになってしまうので注意が必要です。 周辺の家賃相場を把握しておかないと、ゼロゼロ物件の家賃が割高であるか判断できないので、家賃相場は必ず確認しておきましょう。

敷礼ゼロゼロ物件はどのくらいあるのか?

敷金・礼金ともにゼロ円のお部屋はどのくらいあるのでしょうか。

大手不動産賃貸ポータルサイトで実際に「敷金礼金なし」のお部屋を検索してみると、東京23区では、72万件のお部屋のうち、7万件しかありませんでした。

お部屋探しの候補が、10分の1に減ってしまうと、希望に沿ったお部屋を見つけるのがとても難しくなってしまいます。

初期費用ゼロ円はできない!?敷礼ゼロゼロ賃貸物件を利用する場合の注意点

初期費用ゼロ円(=無料)で、賃貸のお部屋に入居することは難しいです。

たとえ敷金・礼金がゼロ円の賃貸物件を選んだとしても

  • 仲介手数料

  • 前家賃/日割り家賃

  • 消毒代金

  • クリーニング代金

  • 保証金

  • 火災保険料

などその他の請求があるため、敷金・礼金以外の項目で初期費用がかかってしまいます。

敷礼ゼロゼロ物件だからと言っても必ずしもゼロ円でお部屋が借りれるというわけでは無いので、物件の詳細情報をしっかり確認してから契約に進んで下さいね。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

初期費用を安く引越しする5つの方法!メリットとデメリット

お金

初期費用をゼロ円まで抑えようとすると希望に叶うお部屋を見つけるのが難しくなってしまうことがわかりました。

それでは、初期費用を少しでも安く引越しをする方法はないのでしょうか?

ここでは初期費用を抑える5つの方法についてを説明します。

フリーレント付きの物件を探す

フリーレントとは、入居してから一定の期間、家賃が無料になる契約のことをいいます。

フリーレントの期間としては、短いものでは入居までの日割り家賃、長いものでは1~3ヶ月と物件によって様々です。

大家さんとしてもフリーレントをつけることでお客さんが早く見つかれば、空室のままにしておくよりは得になることが多いので、サービスとしてフリーレントをつける例が増えています。

フリーレントのメリットは、なんといっても初期費用の負担が軽くなることです。

転居前のお部屋と、転居後の新しいお部屋の家賃を同時に払わないといけないといったことも避けることができます。

フリーレントのデメリットは、敷金・礼金のないお部屋と同様に、お部屋の選択肢が減ってしまうことです。

フリーレントがつくかどうかは、大家さんの方針や募集のタイミングによって変わるので、フリーレントをお部屋探しの必須条件にしてしまうと、選択肢がかなり少なくなってしまいます。

仲介手数料の安い不動産会社を利用する

仲介手数料が無料、または割引されている賃貸物件や不動産会社を選ぶと初期費用を抑えることができます。

「仲介手数料を大家さんが負担している」または「不動産会社が所有している物件」の場合、初期費用が安くなっていることがあります。

メリットは、仲介手数料分の費用を減らすことができ、その分初期費用を安くできること。

デメリットは、家賃が相場よりも高めに設定されている可能性がある。

仲介手数料以外の名目で料金が請求されることがあります。

敷礼ゼロゼロ物件まで費用を抑えるのは難しいですが、敷金や礼金と同じくらいかかる仲介手数料がゼロ円になると初期費用を大きく減らすことができるでしょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

不動産の閑散期に物件を探す

7~8月の閑散期に物件を探すことで値段の交渉に応じてもらえることが多くなるため、初期費用が抑えられることがあります。

貸主としては部屋が空室の状態はなるべく避けたいので、引っ越しをする人自体が少ない閑散期は初期費用や家賃を値下げまでも入居してもらいたいという思いがあります。

メリットは、仲介手数料や家賃の値段の交渉に応じてもらえる可能性が高いこと。

デメリットは、退去する人が少ない時期になるため、物件数も少なくなってしまうことが挙げられます。

引っ越しの時期にこだわらない場合は金銭面でお得になる閑散期に物件を探してみると良いでしょう。

月末に入居する

入居する日を月末にすることで初期費用を抑えられる可能性があります。

一般的には家賃の支払いは前払い。

つまり、家賃次の月の家賃を支払うことになるので引っ越しをする時の初期費用は「入居する日数×日割りの家賃」+「翌月の家賃」という場合が多いです。

月初めに入居すると「入居した日数×家賃(約1ヶ月分)」+「翌月の家賃」の約2カ月分が初期費用にかかります。

月末に入居するとその月の家賃は数日分しかないため、約1ヶ月分の初期費用を浮かせることができるのです。

メリットは、初期費用は家賃1ヶ月分安くなること。

デメリットは、フリーレント物件だと損をする場合があることです。

大家さんにもよりますが、月が替わる数日前の入居だと数日分の家賃をサービスしてくれる場合もあるので、入居時期にも気を付けてみて下さいね。

クレジットカード・大家さんに直接交渉して初期費用を分割で支払う

クレジットカードの分割払いを利用したり、大家さんに交渉して初期費用を分割払いにすると初期費用を減らすことができます。

支払う金額自体を減らすわけでは無いですが、初期費用を分割で支払うことで引っ越し前後の金銭的な負担を減らすことができます。

メリットは引っ越す月にかかるお金を抑えることができる。クレジットカードならポイントを貯められること。

デメリットは、クレジットカードを利用できる不動産を探さなければいけないことや、大家さん直接交渉しても断られる可能性があります。

また、クレジットカードは支払い回数が多いほど金利も高くなるので初期費用を抑えることばかりではなく、トータルでいくら支払うことになるかもしっかり把握しておきましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

初期費用を抑えて引越すには分割払いがおすすめ

初期費用のないお部屋や、初期費用の低いお部屋を探すのはとても大変だとわかりました。

それでは、初期費用の負担を抑えながら、お部屋探しをする方法はないのでしょうか?

そこで弊社のサービス「smooth」をご紹介します。

smoohtを使えば初期費用分割払いで引っ越しできる

smoothは、賃貸契約に必要な初期費用を分割払いにできるサービスです。

いままとまった貯金がなく引越しを諦めていた方にも、すぐに引越しをしていただけます。

smoothは、基本的にどんなお部屋でも使っていただけるため、お部屋探しの選択肢を狭めることなく、初期費用の突発的な負担を抑えながら、引越しをすることが出来ます。

bunkatsu

smoothを使うとお得な理由

初期費用の一時的な負担を抑えるためには、お金を借りてきたり、クレジットカードで分割払いできる不動産会社を探したり、といった方法があります。

でも、お部屋の契約のために高い金利を払ってお金を借りたり、家族や親しい友人にお金を借りたりするのって、大変ですよね。

またクレジットカードでの分割払いも、ポイントが溜まったり一見お得なように見えますが、分割のための手数料もかなり高く、クレジットカードの利用限度額も圧迫されてしまうのでおすすめできません。

smoothを使えば、手数料など一切なく6ヶ月の分割払いを利用することができるので、とてもおすすめです。

スムーズが、手数料なく分割できる仕組みについてはこちらをご覧ください。

 smoothの仕組み

初期費用なしに関するよくある質問

初期費用なしだとゼロ円で入居できる?

初期費用なし物件は、一般的には「敷金・礼金なし」や「仲介手数料なし」を指していることが多いです。 入居までには「保証金」や「火災保険料」などのお金がかかるため、必ずしもゼロ円で入居できるわけではありません。

なぜ初期費用がない賃貸物件があるの?

敷金・礼金の役割を知っておくと理解できるでしょう。 基本的に敷金は、退去時の修繕費用や家賃の補填のために預けておくお金です。 敷金がない物件は、退去時にクリーニング費用として後から請求されることが多いです。 礼金は、大家さんにお礼として支払うお金のこと。礼金を受け取れない代わりに家賃に上乗せしている場合があります。

初期費用を払わずに引っ越しは可能?

初期費用分割あと払いサービス「smooth(スムーズ)」がおすすめです。 smoothなら、初期費用ゼロ円でお引っ越しができます。 引っ越し後に分割で支払っていくため、負担が大幅に軽減できます。 6回払いまでは手数料無料で利用できるので、トータルのお支払い金額も変わりません。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

初期費用なしの賃貸物件についてのまとめ

初期費用なしの賃貸物件について詳しく説明をしてきました。最後にまとめを掲載しています。

  • 敷金礼金ゼロゼロのお部屋は数が少ない

  • フリーレント付きのお部屋も数が少ない

  • お部屋の選択肢を減らさずに、初期費用の負担を軽くするには「smooth」の分割払いがおすすめ!

初期費用なし物件は、「敷金礼金なし」の物件を指していることが多いです。初期費用には「敷金礼金」以外にも費用がかかるため、ゼロ円で入居できるとは限りません。

さらに、初期費用が安い物件は選べるお部屋の数が少ないため、理想のお部屋が見つからない可能性があります。

「初期費用の負担を抑えたい!」「お部屋選びを妥協したくない」という方は、初期費用の分割を検討してみてはいかがでしょうか。

なるべく負担を減らし、お金に余裕を持って新たな生活を始めていきたいですね。

初期費用分割払いサービス「smooth」について詳しく知る

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!