お金はないけど家を借りたい!入居審査や通るコツを解説

folder-icon
初期費用
賃貸初期費用初期費用
お金がない

「お金がなくても家は借りられるの?」

「フリーターでも家は借りられる?」

「お金がなくても家を借りられる方法が知りたい!」

就職や転職など、お金がない状況でも家を借りなければならない方は、上記のような悩みや不安があるのではないでしょうか?

この記事では上記のような悩みを持つ方に向けて、

・お金がなくても家は借りられるのか ・入居審査で見られるポイント ・お金がなくても入居審査に通るコツ

をお伝えします。

この記事を読むことで、お金がなくても家を借りる方法がわかります。

引っ越し費用の負担を減らす方法もお伝えしているので、ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

お金がなくても入居審査に通れば家を借りられる

節約

結論から言うと、お金がなくても入居審査に通れば、家は借りられます。

貯金があり収入が安定している人の方が入居審査に通りやすいのは事実ですが、お金がなくても入居審査に通りやすくなるはコツあります。

入居審査とは

入居審査とは「この人に部屋を貸しても大丈夫か?」を貸主側が審査することです。

入居審査をすることで貸主側が確認したいことは下記の2つです。

・安定した収入や貯金などの資産があるか ・近隣トラブルを起こしそうな人物か

不動産の購入は、大家にとっては大きな買い物で、不動産会社にとっては貴重な収入源です。

家賃の未払いや、近隣トラブルの発生を防ぐために、貸主側は入居審査を行います。

入居審査に必要な書類

入居審査で必要になる一般的な書類などは、下記のとおりです。

・身分証(運転免許証など) ・住民票 ・収入がわかるもの(源泉徴収票、納税証明書など) ・連帯保証人の収入がわかるもの(源泉徴収票、納税証明書など) ・連帯保証人の同意書

上記の他にも、貸主側から提出を求められれば漏れなく提出しましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

入居審査の判断基準

家賃

ここでは、入居審査で見られるポイントを下記のとおり解説していきます。

・職業 ・収入 ・連帯保証人、家賃保証会社 ・近隣トラブルを起こさない人物か

職業

入居審査でとくに見られるポイントのひとつが「職業」です。

安定した収入を得られる職業であれば「家賃がしっかり支払える」と判断され、入居審査に通りやすくなります。

反対に、水商売や夜の仕事をしている場合、会社員に比べて収入が不安定であったり昼夜逆転の生活によって近隣トラブルが起こりやすいことから、大家さんに入居を敬遠される傾向があります。

収入

入居審査でとくに見られるポイントのもう一つが「収入」です。 収入について見られるポイントは、主に下記のとおりです。

・安定した収入があるか(家賃を滞納する可能性が低いか) ・貯金などの資産はどれくらいあるか ・家賃は収入の1/3以内か ・信用情報に傷がついていないか

収入に対して家賃が高い場合や、クレジットカードの滞納履歴がある場合は注意が必要です。

連帯保証人、家賃保証会社

「連帯保証人を付けられるのか」も入居審査で見られるポイントです。

連帯保証人がついていると、家賃を滞納されてしまったときに、貸主側は入居者に変わって連帯保証人に請求できます。

連帯保証人が付けられない場合は、保証会社の利用を求められることがあります。

近隣トラブルを起こさない人物か

入居審査では「近隣トラブルを起こさない人物か?」というポイントも見られます。 近隣トラブルは、対応に時間やコストがかかるだけではなく、空き室の発生にもつながります。

・横柄な態度を取らない ・身なりを整える

など、不動産会社とやり取りをするときは、態度や行動に気をつけましょう。

お金がなくても入居審査に通るコツ

費用

ここでは、お金がなくても家を借りられるよう入居審査に通るコツをお伝えします。

お伝えする内容は下記のとおりです。

・収入の安定している連帯保証人を用意する ・家賃保証会社を利用する ・預貯金審査をしてもらう ・家賃の低い物件を選ぶ

収入の安定している保証人を用意する

収入の安定している親族を連帯保証人にしましょう。 貸主側がいちばん困るのは、家賃収入を得られないことです。

収入の安定している保証人をつけることで入居審査に通りやすくなります。 連帯保証人は誰でもいいわけではなく、2親等以内の親族しか認められない場合が多いです。

ただし、不動産会社によっては保証人ではなく、保証会社の利用が必須の場合があります。 その場合は保証会社の審査によって決まるため、前述した「信用情報に傷がついてないか」などが重要になります。

家賃保証会社を利用する

可能であれば、家賃保証会社を利用しましょう。 家賃保証会社を利用することで、家賃を滞納されたときに、貸主側は家賃保証会社に請求できます。

連帯保証人をつけることと合わせれば、貸主側からの信用度が上がり、さらに審査に通りやすくなります。

預貯金審査をしてもらう

貯金があれば「預貯金審査」を申し込みましょう。 一般的に「家賃の2年分程度」の貯金があれば、審査に通りやすくなります。

貯金がある場合は、預貯金審査や家賃の前払いを積極的に提案してみましょう。

家賃の低い物件を選ぶ

家賃の低い物件を選ぶことで、収入や貯金に求められるハードルが低くなるので、入居審査に通りやすくなります。

築年数や間取りなど妥協できる条件がないか、いま一度確認してみましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

お金がないけど家を借りたいならsmoothがおすすめ!

引っ越しは何かとお金がかかりますよね。

そのなかでも「賃貸の初期費用」は家賃の4~6か月分が相場で、とくに大きな割合を占めています。

「引っ越しにかかる費用が高い!」と感じているのであれば、賃貸の初期費用の分割払いを検討してみませんか?

初期費用の分割払いでおすすめしたいのが「smooth(スムーズ)」。

smoothは「6回払いなら金利手数料が0円」で賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービスです。

サービス内容

トータルの支払い金額が増えることなく、初期費用の分割払いが可能になります。

累計120,000人が登録!smoothを実際に利用した方の口コミやレビューはコチラ→https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

お金がないけど家を借りたいときの、入居審査に通るコツについてお伝えしてきました。

・収入の安定した連帯保証人を用意する ・家賃保証会社を利用する ・預貯金審査をしてもらう ・家賃の低い物件を選ぶ

お金がなくても入居審査に通るコツはありますが、引っ越しには何かと費用が掛かります。

smoothで初期費用を分割払いにして、新生活を少しでも余裕のあるものにしませんか?

「借り入れがあって利用できるかわからない」という方はLINE登録から簡単に審査できます。お気軽にご利用ください!

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます