家賃14万円の物件に住む際の初期費用はいくら?シミュレーションも併せて徹底解説!

家賃

この記事では家賃14万円の物件に引っ越す際の初期費用についてご説明しています。

初期費用は物件や仲介業者によって金額が変わってくるため、複数のシミュレーションを用意しております。最後まで読んで、引っ越しをスムーズに進めましょう。

初期費用って何がかかるの?

一般的に初期費用と言われるものは、敷金、礼金、仲介手数料、前払い家賃、保険費用、保証費用等が挙げられます。

敷金、礼金、仲介手数料、前払い家賃に関しては基本的に一か月分と言われています。物件や仲介会社を選ぶ際の一つの目安にしましょう。

引っ越しが盛んな2月から4月の間は初期費用が高くなる傾向にあります。敷金、礼金の値引きが難しかったり2か月分かかったりします。

さらに人気な物件も同様に初期費用が高くなる傾向にあります。人気の物件は敷金や礼金を下げずとも入居者が集まりやすいため、同じく値引きや通常の倍以上の金額に設定されることがあります。

その他にも引っ越しにかかるお金を初期費用として捉えるのであれば、引越し業者費用や新たな家具家電の購入費なども初期費用として捉えられるでしょう。

しかし一般的に初期費用と呼ばれる、敷金、礼金、仲介手数料、前払家賃、保険費用、保証費用等は合計で家賃の5倍から6倍の金額と言われているため、それと比べると引越し業者費用などは安いため1番に考えるべきは仲介業者に支払う初期費用の部分になるでしょう。

次項では実際に14万円の物件に住む際に、どのような条件であれば、初期費用がどのような金額になるのかをシミュレーション形式でご説明しています。

14万円の物件に住むならそれぞれいくらかかるの?

■各項目一ヶ月分の場合シミュレーション

各項目一か月分は平均値的な意味で目安となります。

これを基準として一つの検討材料にしましょう。

敷金_14万円

礼金_14万円

仲介手数料_14万円

前払い家賃_14万円

保険費用、保証費用、その他鍵交換費用等_14万円

合計_70万円

二か月分の場合シミュレーション

各項目二か月分の場合、かなり人気な物件又は、引っ越しが盛んな時期ということでしょう。仲介手数料やその他細かい金額に関しては同じく1か月分の場合がほとんどになるため、1か月分として計算しています。

敷金_28万円

礼金_28万円

仲介手数料_14万円

前払い家賃_28万円

保険費用、保証費用、その他鍵交換費用等_14万円

合計_112万円

ゼロゼロ物件の場合シミュレーション

ゼロゼロ物件とは、敷金と礼金が0円の物件のことを指します。

かなりお得に引っ越しを進めることができます。

しかし良い点ばかりではありません。敷金礼金を値引きしないと入居者が集まらない物件という可能性があります。

駅から遠かったり、周囲に騒音が想定される商業施設があったり、何かしら生活しにくい条件があることが多いようです。

全物件が空く条件付きという確証はありませんので、実際に住みたい物件がゼロゼロ物件であった場合は、通常より少し細かく確認するようにすれば問題はないでしょう。

敷金_0円

礼金_0円

仲介手数料_14万円

前払い家賃_14万円

保険費用、保証費用、その他鍵交換費用等_14万円

合計_42万円

各シミュレーションを見ると初期費用の差がかなり大きいことがわかるかと思います。

人気な物件や繁忙期と呼ばれる新生活に向けた準備期間に関しては、二つ目のシミュレーション金額に近い金額となるでしょう。

14万円の物件に住むために100万円近く初期費用が掛かるというのは少し負担が大きく感じる人も多いのではないでしょうか。

次項では初期費用を無料で分割できるスムーズのサービスをご説明していますので、賢く引っ越しを進めましょう。

支払いが難しい場合はスムーズ!

スムーズでは引っ越しにかかる初期費用を分割払いできるサービスを展開しています。引っ越しの際に大きな負担になる初期費用を最大24回まで分割払いができるため、貯金に余裕がない方でも引っ越しを進めることができます。

6回払いまでの分割であれば、分割手数料なしでの分割も可能なため、総支払金額は変わりません。6回、12回、24回の支払い回数から選ぶことができ、自分に合った形で支払い回数を選ぶようにしましょう。

ほとんどの物件に対応しているため、SUUMO等から住みたい物件を選び、Lineで送ると担当のスタッフが対応してくれます。

Lineで問い合わせることで、スムーズのご利用審査を受けることができ、その後仲介業者に引き継がれる流れとなります。

今までに3万人以上がスムーズを利用して、引っ越しを進めており、様々な口コミが掲載されているため、そこを参考に利用を検討してもよいかもしれません。

最後に

この記事では、家賃14万円の物件に住む際の初期費用についてご説明してきました。3パターンのシミュレーションを作成しましたが、一番安いものと高いものでは70万円の差が生まれました。

自分に合った形で抑えるべきところは抑えて引っ越しを進めましょう。また、どんな金額でも、初期費用を一括でまとめて払うのは重くなります。

スムーズを利用することで初期費用を分割払いできるため、初期の負担を減らし引っ越しを進めましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!