【なぜ高い?】賃貸の初期費用を下げるには?負担を減らす方法を紹介

folder-icon
初期費用
初期費用
340235 s-min

「引越しの初期費用が高すぎる!」

初期費用の見積書や請求書をみて、そう感じる方は多いのではないでしょうか?

家具代や家電代、引っ越し業者代も支払うため、出費を抑えたいという方はとても多いはずです。

なぜ引越し初期費用は家賃数ヶ月分かかるのでしょうか? ここでは賃貸契約の初期費用の相場や内訳、知らないと損をするお得な知識についてご紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸契約の初期費用とは?

賃貸契約をした際に、入居者が大家や管理会社に支払う費用を初期費用とよびます。敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料、当月家賃、翌月家賃などが含まれます。

家具代や家電代、引っ越し業者の費用を含めて初期費用とよぶこともありますが、不動産屋に支払う初期費用にはそれらは含まれません。

賃貸契約の初期費用の相場

一般的に、賃貸契約の初期費用は家賃の4~5ヵ月分と言われています。

敷金や礼金が何ヶ月に設定されているか、24時間サポートや鍵交換代などの追加費用がどれくらいかかるかで多少の変動がありますので気になる物件があるときは不動産屋に確認をすることをおすすめします。

賃貸契約の初期費用の内訳

どの項目が初期費用に含まれるかは大家さんや管理会社が設定するために物件ごとに異なります。

自分の住みたい物件の初期費用の内訳が気になる時は、お部屋探しをお願いしている不動産屋に頼んで詳細を見せてもらいましょう。

ここでは一般的な賃貸契約の時の初期費用の内訳をご紹介します。

敷金とは

敷金とは大家さんから物件を借りるために担保として預ける保証金です。

家賃の支払いが滞ってしまった際に、預けている敷金が補填されます。また、部屋を退去するときの原状回復のための費用として使われます。原状回復のための修理負担で使われた場合、残った金額は入居者に返還されます。

目安は「家賃1カ月分」ですが、時々敷金2ヶ月分の物件もあります。そういった物件は条件が良く、すぐに借り手の見つかる物件であることが多いです。

また、居住用として物件を借りる場合は敷金には消費税はかかりません。

九州や関西では敷金を「保証金」項目で初期費用を記載されるケースもあります。

礼金とは

礼金とは大家さんに対して、お部屋を貸してくれることへのお礼の意味として支払うものになります。敷金と違って、退去時に返金されることはありません。

礼金も「家賃1カ月分」が目安ですが、敷金と同様に条件が良い物件は2ヶ月で設定されていることもあります。

また、居住用として物件を借りる場合は礼金には消費税はかかりません。

九州や関西では礼金を「敷引き」という項目で初期費用を記載されるケースもあります。

仲介手数料とは

仲介手数料とは不動産仲介会社へのサポートへの対価として支払うものになります。

サポートの具体的な内容としては物件探しや内見の手配、大家さんや管理会社さんとの契約条件の交渉、重要事項説明、契約締結の準備や実施などがあります。

目安としては「家賃1ヶ月+消費税」に設定されることが多く、法律上でも「家賃1ヶ月+消費税」が上限として定められています。

火災保険料とは

損害保険会社に支払う保険料になります。

賃貸住宅では火災での損害に備えて損害保険に入ることが義務付けられており、不動産会社から指定された会社の保険に加入するケースが多いです。また、基本的には2年契約となります。

目安としては「1.5万円から2万円」になります。

当月家賃、翌月家賃とは

当月家賃、翌月家賃とはその名前の通り部屋の賃借代として大家さんに支払う費用になります。当月家賃は実際に部屋を借りる日数分だけ請求される形となりますので、15日から部屋を借りる場合は家賃の約半分が請求されます。

翌月家賃は部屋を借りた月の翌月の家賃にあたり、先払いをするだけなので借りる側に損はありません。また、翌月家賃は「前家賃」とよばれることもあり、物件によっては翌々月分も請求されるケースがあります。

鍵交換代とは

鍵交換代とは、前にその部屋に設置されていた鍵を新しいものに変えるための費用になります。

前の入居者が鍵のコピーを作っていた場合、自由に出入りができてしまうことによるトラブルなどを防止するために鍵交換は行われます。

目安としては通常の扉であれば「15,000円」から、オートロックなどの機能が搭載されている扉だと工事費込みで「20,000円から40,000円」となります。

基本的には管理会社や大家が指定した鍵交換の業者に依頼することになりますが、自分で業者を選びたい時や自分で交換したい時は不動産屋に交渉をすることをおすすめします。

家賃保証料とは

家賃保証料とは借り手が家賃保証会社へ加入するための費用になります。家賃保証会社は部屋の借り手が何かしらの理由で家賃の支払いが滞ってしまった際に、大家への家賃の立替え払いを行います。家賃保証会社が立替えを行った際、借り手は家賃保証会社へ家賃の返済を行う形になります。家賃保証会社は大家や管理会社が決めたものに入るケースが多いです。

目安は「家賃の50%~100%」の間となっています。

24時間サポート/安心サポートとは

「24時間サポート」はマンション、アパートなど住まいの設備などのトラブルを解決してくれるサービスです。水回り設備の改修、鍵の紛失時の緊急対応、不審者や騒音などにまつわる問題の解決など様々なトラブルに対応をしてくれます。365日24時間対応してくれるプランもあり、対応内容は様々なので事前に確認をしてみましょう。

依頼先の業者は管理会社や大家が事前に決めていることが多く、自分で選びたい際は不動産屋への相談が必要になります。

目安は2年間の契約に対して「1万円~2万円」になります。

除菌消臭代とは

除菌消臭代とは名前の通り、お部屋を借り手に引き渡す際に、清掃に合わせて消臭や除菌作業を行うための費用になります。

別名で「サニタリーパック、抗菌サービス、消臭抗菌代、クリーンアップ」 とよばれることもあります。

初期費用を安く抑えたり、負担を減らす方法

初期費用を安く抑える、また負担を減らす方法をご紹介します。

①不動産会社、大家と交渉する

部屋探しをお願いしている不動産仲介会社を経由して大家さんに、もしくは直接大家さんに交渉して、初期費用に含まれる費用を減らしてもらう方法です。

コツとしては、見積書をもらった際に下記のような交渉をすることです。

「初期費用を減らしてくれたら、すぐに初期費用の支払いと賃貸借契約をします」

不動産会社、大家ともに入居者が早く決まることは喜ばしいことですので、交渉が進めやすくなります。 下記より具体的な方法を記載します。

  • 礼金を無しにできないか交渉する

  • 敷金を無しにできないか交渉する

  • フリーレントにできないか交渉する

  • 鍵交換代を安くできないか交渉する

  • 家賃保証会社を無しにできないか交渉する

  • 火災保険を自分で選べないか交渉する

しかし、交渉がうまくいくかは大家さんの意思次第です。安くなることもありますが、交渉がうまくいかないケースがほとんどです。

また、値引き交渉をしてくるお客さんを良く思わない大家が多いのも事実です。これから自分が住むかもしれない家の大家との関係に影響が出るかもしれないことを考慮して交渉をしましょう。

②初期費用を無利子で分割払いする

不動産会社、大家との交渉がうまく進まず、初期費用が下がらなかった場合。もしくは大家との関係を考慮して、無理な値下げをしたくない場合などにオススメの方法です。

「初期費用のあと払いサービス スムーズ」を使えば「無利子」で初期費用をあと払いすることができます。 あと払い手数料がかからず「事務手数料」や「利用手数料」などの追加費用も一切発生しません。

初期費用はいつ支払う?

初期費用の支払いのタイミングは、入居審査が完了してから5日~10日以内が支払い期日として設定されることが多いです。 最も遅い場合でも、入居日の前日に設定されます。 それでは入居審査はいつ完了するのでしょうか? 入居開始までの流れを確認しましょう。

1、部屋の入居申し込みをします。

2、大家さん・管理会社・保証会社の入居審査があります。

3、入居審査に通過すると、管理会社が契約書類や初期費用の請求書を作成します。

4、初期費用の金額と支払い期日が借り手に伝えられます。

5、初期費用を支払います。

6、契約書類に署名・捺印し、鍵を受け取ります。

7、入居日から部屋に住むことができます。

初期費用の支払い方は?

一般的に、管理会社や大家の指定する銀行口座に振込払いをするケースがほとんどです。

しかし新生活を始めるにあたって、家賃の4~5ヵ月分の大金を一度に支払うのを避けたい方も多いはずです。最近ではクレジットカード払いや無料の初期費用立替払いサービスを使う人も増えてきています。

賃貸契約の初期費用をお得に払うには?

スムーズは初期費用分割払いで引っ越しできる

スムーズは、賃貸契約に必要な初期費用を分割払いにできるサービスです。いままとまった貯金がなく引越しを諦めていた方にも、すぐに引越しをしていただけます。スムーズは、基本的にどんなお部屋でも使っていただけるため、お部屋探しの選択肢を狭めることなく、初期費用の突発的な負担を抑えながら、引っ越すをすることが出来ます。

初期費用の分割払い

スムーズを使うとお得な理由

初期費用の一時的な負担を抑えるためには、お金を借りてきたり、クレジットカードで分割払いできる不動産会社を探したり、といった方法があります。でも、お部屋の契約のために高い金利を払ってお金を借りたり、家族や親しい友人にお金を借りたりするのって、大変ですよね。またクレジットカードでの分割払いも、ポイントが溜まったり一見お得なように見えますが、分割のための手数料もかなり高く、クレジットカードの利用限度額も圧迫されてしまうのでおすすめできません。

スムーズを使えば、手数料など一切なく6ヶ月の分割払いを利用することができるので、とてもおすすめです。スムーズが、手数料なく分割できる仕組みについてはこちらをご覧ください。 

スムーズの仕組み

クレジットカードでのリボ払いや分割払いはかえって高額に!

クレジットカードでの分割払いやリボ払いの場合、一括での高額な支払いを避けることができるので、手元資金に余裕がない場合にはとても良いサービスです。

しかし注意したいのは分割手数料分がかかってくることです。 実際に支払わなければいけない金額は総額は、初期費用が高いこともあり手数料も高額になりがちです。 クレジットカードの分割手数料の年率はおおよそ12.00~15.00%となっております。例えば、初期費用40万円の場合は実際の総額は448,000~460,000円になります。

クレジットカードでの初期費用支払いをする時は最終的な支払い金額に注意してから判断をしましょう。

賃貸契約の初期費用の相場は?お得に引っ越す方法は?のまとめ

  • 初期費用は家賃の4~5ヵ月分が相場

  • 初期費用の支払いは遅くとも入居の前日

  • 初期費用は一般的には一括払いが多い

  • クレジットカードや分割払いサービスを使って賢く引っ越すことがおすすめ

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

こちらもオススメ!

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!