一人暮らしのためのお金を借りるには?ローン利用や分割払いサービスも紹介

folder-icon
初期費用
初期費用
お金

一人暮らしを始めたいと思っていても、お金がないから踏み切れないという人もいるのではないでしょうか。引っ越して新生活を始めるためには、まとまったお金が必要になります。

この記事では、一人暮らしを始めるためにお金を借りる方法と、おすすめのサービスを紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしを始めるための費用

引っ越し

一人暮らしを始めるためには、様々な費用がかかります。月々の生活費を賄える経済状況であっても、引っ越し費用が足りずに一人暮らしが始められないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、引っ越すためにかかる主な費用を紹介します。

引っ越し初期費用

引っ越し初期費用とは、物件と契約した際に不動産会社などから請求される諸費用です。初期費用の中には敷金・礼金、仲介手数料、前家賃、鍵交換代、火災保険料などが含まれます。

一般的には家賃の4~5ヶ月分とも言われ、まとまった出費が必要です。

引っ越し業者費用

引っ越し業者費用は、荷物の量、移動距離、時期の3つの要素から価格が決まります。引っ越し業者費用は、距離の近い単身の引っ越しであれば4万円程度で収まりますが、移動距離が長くなったり荷物の量が多かったりすると8万円程度まで金額が変動します。

なるべく安く住ませるためには引っ越し時期も重要で、3月、4月の繁忙期は避けて引っ越しましょう。見積もりを複数社からとって条件や価格を比較すると、最も条件のいいところに依頼することができます。

家具・家電費用

一人暮らしを始めると、家具・家電などを購入しなければなりません。冷蔵庫や洗濯機など大型の家電は安いものでも3万円近くかかります。布団やカーテンなど生活に必須の家具を買い揃えると、数十万円必要になることもあります。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

一人暮らしのためのお金を借りる方法

お金

一人暮らしには引っ越し初期費用、引っ越し業者費用、家具家電代などがかかるため、引っ越しの際にまとまったお金が必要になります。貯金があれば問題ありませんが、そうでなければどうにかお金を工面しなければなりません。

ここでは、様々な事情で一人暮らしを考えている人がお金を借りる場合の選択肢を紹介します。

家族や親戚に借りる

最も現実的なのが、親や親戚にお金を貸してもらうことです。そのときすぐにはお金がなくても、収入が安定したときに返済したり、毎月定額を返済し続けたりする条件で、お金を貸してもらうという選択肢です。基本的には利子などつかないため、銀行やカードローンで借りるよりは安心感があります。

しかし、家族や親戚に経済的に余裕のある人がいない場合や、家族との関係が良好でない場合はこの選択肢は利用できません。

カードローン

カードローンは融資をお願いすることでお金を借りられる仕組みです。比較的審査に通りやすく、お金の融資理由が明確な場合にはさらに審査に通りやすくなります。カードローンは簡単にお金が借りられる一方で、年利が14~18%と高く設定されており、返済に時間がかかると利子で大きく損をしてしまいます。

また、簡単に借りられるが故に借金が習慣化してしまう危険性があり、慎重に利用を検討するべき選択肢です。

銀行フリーローン

銀行フリーローンは、お金の融資理由に関係なく自由に使えるお金を貸してもらえる制度です。銀行から借りるお金のため安心感があり、年利もカードローンに比べると低いものが多いという特徴があります。

しかし、銀行のローンは審査が厳しく、また結果がでるまでに3日から1週間の時間がかかります。早急に引っ越しをしなければならない人には、フリーローンは不向きかもしれません。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

一人暮らしを始める:お金を借りる以外の方法

疑問

一人暮らしを始めるためにお金を借りることを検討している人は、まずはお金を借りずに済む方法を模索してみましょう。費用をなるべく安く済ませたり、もしくは引っ越し初期費用を分割払いするサービスを利用したりするのもおすすめです。

初期費用を節約する

引っ越し初期費用の大きなウェイトを占める敷金や礼金は、それぞれ家賃1ヶ月分に設定されているのが一般的です。

しかし、物件によっては敷金・礼金ゼロで部屋を貸してくれるところもあるため、そこと契約できれば家賃2ヶ月分を節約することができます。

また、不動産会社を通さずに直接管理会社や大家さんと契約すれば、仲介手数料(相場家賃0.5~1ヶ月分)を払わずに済みます。

家具・家電付きの物件を探す

家具・家電の購入も一人暮らしを始めるための大きな出費です。そこでおすすめなのが、家具・家電付きの物件を見つけることです。家具・家電付きであればすぐに引っ越しして新生活を始めることができます。

必要なものは基本的に部屋に付属しているので、次に引っ越す際にも荷物が少なくて済むというメリットもあります。

初期費用を分割払いする

お金を借りる前にぜひ検討してほしいのが、初期費用分割支払いサービスです。

「smooth」では、自分で選んだ物件の初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができます。ローンとは異なり分割払いなので安心感があり、出費が重なることを避け負担を分散することができます。

気になる人は、ぜひ「smooth」の公式サイトをのぞいてみてください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

一人暮らしを始めるためにはまとまったお金が必要ですが、だからといってお金を借りる決断を早まるのは危険です。引っ越し費用をできるだけ節約し、初期費用分割支払いサービスなどを活用しながら無理のないように新生活を始めましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!