家賃が払えないときの相談先は?適切な対処法も解説

folder-icon
初期費用
初期費用
女性

普段は問題なく家賃を支払えていても、急な出費や収入の減少などで、家賃の支払いが難しくなる場合があります。

そのような場合、「なんとかしなきゃ!」と考えても、具体的な方法を知らなければ行動できません。

どこかに相談できれば、不安感や焦りも軽くなります。

今回の記事では、家賃の支払いが難しくなった場合の相談先と適切な対処法を紹介します。

ひとりでなんとかしようとせず、どこかに相談することで、早く解決できる可能性もありますよ。

ぜひ、最後までお読みください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

家賃が払えないときの相談先

相談

家賃が払えないときの相談先として、以下の3つがあげられます。

  • 大家さんや不動産管理会社

  • 連帯保証人

  • 公的機関の相談窓口

それぞれの相談先について解説します。

大家さんや不動産管理会社

家賃が払えないことがわかったら、まずは大家さんや不動産管理会社に連絡をしましょう。

支払い期日より早めに連絡を入れておくことで、無断滞納にはならず、家賃を少しの間待ってもらったり、分割払いにさせてもらえたりする可能性があります。

もし支払いの目処が立っている場合は、いつまでには支払いができるのか伝えておくと、相手も譲歩してくれる可能性が高いです。

連帯保証人

連帯保証人が近しい関係の人の場合、家賃が払えなくなってしまったことを説明し、一時的に立て替えてもらえないか相談してみましょう。

また、連帯保証人を保証会社にしている場合は、その保証会社に家賃の立て替えを依頼できます。

しかし、一時的な家賃の立て替えのため、後日損害金と合わせて保証会社への支払いが発生します。

公的機関の相談窓口

どこにも頼れない場合、住んでいる自治体に相談窓口が設置されています。

家賃が払えず困っている人が利用できる制度があります。

利用できる可能性がある制度については以下のようなものがあげられます。

生活困窮者自立支援制度(住居確保給付金)

生活福祉資金貸付制度(総合支援資金や福祉資金)

いずれも利用には申し込み要件や審査があります

利用を検討する場合、一度相談してみることをおすすめします。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

家賃が払えないときの対処法

電話

家賃が払えないときの対処法として、3つの対処法を紹介します。

  • お金を借りる

  • 制度の利用をする

  • 家賃が安い物件に引っ越す

それぞれ、詳しく解説します。

お金を借りる

親や親せき、友人から一時的にお金を借り、家賃にあてる方法です。

お金を借りられるような人がいなければ、消費者金融から一時的な借り入れをするのも、ひとつの方法でしょう。

しかし、消費者金融は金利が高いので注意が必要です。

制度の利用をする

国や自治体の制度を利用する方法もあります。利用には条件があるので確認してみましょう。

利用できる制度として、以下の2つがあげられます。

  1. 生活困窮者自立支援制度(住居確保給付金)

  2. 生活福祉資金貸付制度(総合支援資金や福祉資金)

1.生活困窮者自立支援制度(住居確保給付金)

生活困窮者自立支援制度とは、生活が困窮し、最低限度の生活を維持できなくなる可能性がある人への支援制度です。

離職などで住むところがなくなった方や、住む場所を失うおそれが高い方で、収入額や貯金額などの条件を満たせば、居住確保給付金の申し込みができます。

申し込みをして、審査に通ると、家賃相当額の支給が一定期間受けられます。

詳しくは、お住いの自治体に設置されている相談窓口で相談してください。

出典元:厚生労働省「住居確保給付金」

2.生活福祉資金貸付制度(総合支援資金や福祉資金)

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者などが、安定した生活を送れるよう支援をおこなう制度です。

資金には種類があり、家賃が払えなくなった場合には、住宅入居費と緊急小口資金が利用できる可能性があります。

住宅入居費:敷金や礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 緊急小口資金:緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用

ただし、この制度は貸付制度のため、貸付利子を含め、返済が必要です。 詳しくは、お住いの自治体に設置されている相談窓口で相談してください。

出典元:全国社会福祉協議会「福祉の資金(貸付制度)」

家賃が安い物件に引っ越す

今後も収入が安定せず、家賃の支払いが難しいようならば、家賃が安い物件に引っ越すことも考えましょう。 家賃は、毎月かかってくる費用です。生活水準に合わせた物件に住めば、負担も少なくなるでしょう。

「引っ越しにはお金がかかる」と認識している人が多いですが、初期費用分割払いサービスを使えば、まとまった出費を抑えられます。

初期費用分割払いサービスは、「smooth」がおすすめです。 次は、「smooth」について紹介します。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

お金がないと引っ越しもできない?「smooth」なら大丈夫!

スムーズ ロゴ logo 横

初期費用は一括で支払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があります。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約ができます。

トータルの支払い金額が増えることなく、初期費用の分割払いが可能になるため、賃貸の初期費用に困っている方におすすめです。

「smooth」の仕組みはコチラ

「smooth」利用者の声

Wさん20代前半

[20代前半 女性]

退職に伴い、会社の寮を出なくてはいけなくなりました。 初期費用を下げられないか検討して、カードも検討したけど時間のない中で契約するのも面倒でした。 初期費用を一気に払うとなるとその月の生活がしんどいですが、初期費用分割すると「好きなものを我慢しなくてもいい!」ってところが大きかったです。

他にも多くの利用者の声をいただいています。 ぜひ参考にしてくださいね。

サービス利用者の声

この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

家賃が払えなくなると、「住まいを失うかもしれない」と思い不安になりますよね。

まずは、大家さんや不動産管理会社に相談してみましょう。

家賃の分割払いや期日を延ばしてくれるなど、融通をきかせてくれるかもしれません。

どうしても支払いができない場合は、家族や友人に相談しお金を貸してもらうか、自治体の相談窓口に相談し、制度を利用することも検討してみましょう。

家賃が負担になるならば、生活水準に合わせた物件への引っ越しも考えてみてください。

「smooth」なら、初期費用を抑えた引っ越しが可能です。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます