賃貸の初期費用っていつ払う?支払いのタイミングと分割にする方法

folder-icon
初期費用
初期費用賃貸初期費用
スケジュール

引っ越しをする時、大きな負担になるのが賃貸の初期費用。 1度に大きなお金が必要になる為、初期費用がネックで引っ越しができないという方も少なくないのではないでしょうか?

本記事では「初期費用、いくらかかるかな?」「初期費用っていつ払うの?」という疑問にお答えし、初期費用の支払いが間に合わない場合の対処法をご紹介します。

初期費用は分割で支払いをすることも可能です。その具体的な方法も最後の方でご紹介しますのでぜひ最後までお読みください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸の初期費用「いつ・いくら払う?」

家賃

結論から言うと、賃貸の初期費用は「家賃の4〜6ヶ月分」を「申し込みから2週間ほどの期限」で不動産会社に支払います。

ここからは、賃貸契約の詳しい流れと初期費用の内訳をみていきましょう。

賃貸契約の流れ

内覧

インターネットなどで気にいったお部屋が見つかったら、不動産会社を通して内覧をおこないます。

入居申し込み・審査

内覧を経て、入居の意思が決まったら入居申し込みをして、審査を受けます。2〜3日ほどで結果が判ります。

契約・初期費用の支払い

入居審査に通ったら、賃貸借契約書・重要事項説明書が用意されます。重要事項説明を受け、それらの書類にサインをすることで契約締結となります。

不動産会社により、初期費用を支払うタイミングは多少前後しますが、審査後1〜2週間ほどの期限で設定されているところが多いでしょう。

鍵の受け取り・入居

入居前日か、当日に鍵を受け取り、ご入居となります。

賃貸初期費用の相場・内訳

初期費用

アパートやマンションなど、賃貸物件を契約する際の初期費用の相場は、家賃4〜6ヶ月分ほど。利用する不動産会社や、契約する物件により異なります。 何にいくらかかるのか?詳しい内訳をご説明していきます。

敷金 家賃滞納時や退去時の原状回復費として、先に預けておくお金です。 相場は、家賃の1カ月分。初期費用の中では大きな割合を占めています。ただし、退去時に残金があれば返還されます。

礼金 大家さんにお礼として支払うお金です。相場は、家賃の1カ月分程度。こちらは敷金と違い、返還されないお金です。敷金と同様こちらも初期費用で大きな割合を占めています。

前家賃 入居する翌月分の家賃を、賃貸契約の際に支払います。 例えば、5月に契約・入居をすると6月分の家賃を前家賃として支払うことになります。

日割り家賃 月の途中から入居する場合は、入居する月の家賃を日割りして、計算した金額を初期費用とまとめて支払います。 必ずしも日割りではなく、月の途中からでも1ヶ月分丸々請求されるケースもあるようです。

共益費・管理費 階段、ゴミ置き場、エントランスなど、共用部を中心とした物件の維持・管理、掃除業者などの費用です。通常、集合住宅に入居する際は、毎月かかる費用です。 こちらも前家賃・日割り家賃同様に初期費用としてまとめて請求されることが一般的です。

仲介手数料 賃貸物件を借りるとき、不動産会社に対して支払う手数料です。 相場は、家賃0.5カ月~1カ月分+消費税。仲介手数料の上限は、国土交通省告示で賃料の1カ月分と示されているため、最大でも家賃1ヶ月分の請求になります。

初回保証料 一昔前までは、アパートやマンションを借りるとき、連帯保証人を求められることがほとんどでしたが、現在は保証会社と契約することで連帯保証人を求められることは少なくなりました。 ただ、保証会社に入ることが義務付けられる場合が多いので、連帯保証人が居る場合でも保証料の支払いが発生します。 保証料は、月々支払う場合と、1〜2年分まとめて初期費用として支払うパターンがあり保証会社により様々です。

鍵交換費用 前の入居者と同じ鍵にならないように、鍵を交換する費用です。 相場は、15,000~20,000円程度。ただし、防犯性が高い鍵であればあるほど値段が上がります。

室内消毒料 この費用は不動産会社により異なりますが、室内清掃料やクリーニング費用などで請求される場合もあります。

火災保険料 火災や台風などで、建物や家財に損害が生じた場合に備えて加入する保険料です。 賃貸物件では加入を求められるのが一般的。2年分をまとめて支払うことが多く、一人暮らしの方で1〜2万円ほどが相場となります。

以上の初期費用相場を一覧でまとめました。

内訳費用の相場
敷金家賃1〜2ヶ月分
礼金家賃1〜2ヶ月分
仲介手数料家賃0.5〜1ヶ月分
前家賃家賃1ヶ月分
日割り家賃入居時期により異なる
初回保証料家賃0.5〜1ヶ月分
鍵交換費用1〜2万円
室内消毒料1〜2万円
火災保険料1〜2万円

初期費用が払えない時の対処法

賃貸の初期費用は、通常現金か銀行振り込みにて一括で支払うことが一般的です。そのため、初期費用がネックで引っ越しができないという悩みもあります。そんな時は初期費用の分割を検討してみると良いでしょう。 初期費用を分割払いにするには、クレジットカードを使う方法と、分割サービスを利用する方法があります。

クレジットカードで初期費用を分割払い

不動産会社によっては、初期費用の支払いでクレジットカードが利用できる場合があります。 ただ、クレジットカードが利用できるかできないかは、それぞれの不動産会社や物件によっても異なります。 そのため、住みたい物件でカードでの分割払いが利用できるかは確認する必要があるでしょう。

そしてクレジットカードの分割払いを利用すると、支払い回数により異なりますが最大で20%ほどの利息が発生してしまいます。 賃貸の初期費用は高額なため、それにかかる利息も高額になりやすいので慎重に検討する必要があるでしょう。

smoothを利用して分割払い

一方で、分割あと払いサービス「smooth」で6回払いを利用すると手数料や利子が無料。初期費用だけを分割して支払うことができます。

スムーズって?

初期費用が払えなくて引っ越しを諦めていた方も、分割あと払いサービスを利用することで、希望のお部屋に引っ越すことができるのではないでしょうか。

まとめ

賃貸物件を契約する時の初期費用は、入居審査後〜入居までの期間に支払うことが一般的。もし、一括で支払うことが難しい場合はクレジットカードでの分割または分割あと払いサービス「smooth」を利用して、初期費用を分割して支払いましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!