2K物件の初期費用はいくら?節約して引っ越す方法も解説

folder-icon
初期費用
初期費用
共益費 管理費

2Kの物件に住みたいと考えている方も多いでしょう。

そこで気になるのが初期費用ですよね。

賃貸契約の初期費用は高額になるイメージですが、一体どのくらいの費用が必要になるのか、この記事で詳しく解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

2K物件の初期費用

年収700万円の暮らし

初期費用は一般的に家賃に基づいて価格が設定されています。

初期費用として何が請求されているのか、内容を把握しておくことで、相場に合っているか確認したり値下げを交渉したりすることができます。

初期費用とは

初期費用とは新しい物件を契約する際に不動産屋や家主に支払う費用を総合した呼称です。

敷金礼金、仲介手数料、鍵交換代、クリーニング代、火災保険料などが含まれています。

そのため、初期費用全体的な価格だけでなく、ひとつひとつの項目の価格設定を細かく理解して支払うことが大切です。

初期費用は家賃で決まる

初期費用は通常家賃に基づいて決定します。

一般的には家賃の4~5ヶ月分と言われており、2K物件の家賃が10万円だとすると、初期費用は40~50万円になります。

敷金礼金や仲介手数料は家賃を基準に設定されていますが、鍵交換代は鍵の防犯性の高さ、クリーニング代は部屋の広さを基準に価格が決まります。

初期費用の内訳

初期費用の内訳はだいたい以下の通りです。

・敷金(家賃1ヶ月分)

・礼金(家賃1ヶ月分)

・仲介手数料(家賃0.5ヶ月分)

・鍵交換代(1~2万円)

・クリーニング代(3~7万円)

・その他

これはあくまで目安なので、実際には敷金礼金が高めに設定されていたり、反対に敷金なしにしていたりすることもあります。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

2K物件の初期費用を抑える方法

女性

賃貸の初期費用は、不動産屋と家主の考え方によって大きく影響を受けます。

そのため、わからないことや納得できない部分があれば積極的に聞いてみることが大切です。

ここでは、引っ越し初期費用を抑えるための方法を紹介します。

敷金のない物件を選ぶ

先述した通り、敷金のない物件も存在します。

特に家賃の安い賃貸においては、空き家にしておくくらいなら敷金なしでも入居してほしいと思う家主もいるためです。

初期費用を抑えて安く新生活を始めたいという人は、このような物件を中心に探すことがおすすめです。

クリーニング内容を確認する

初期費用の中にはクリーニング代が含まれていることがあります。

これは一般的な入居前清掃に加え、害虫駆除などの追加オプションが加えられている可能性もあります。

自分にとって必要のないクリーニングの費用が自動的に発生しないよう、可能であれば事前に確認しておくことがおすすめです。

またクリーニング代は退去者が払うか入居者が払うかについても、物件ごとに異なります。

契約書を確認し、自分が入居時に支払いの義務があるかをチェックしておきましょう。

値下げ交渉をする

引っ越し初期費用は、条件によっては値下げ交渉が可能です。

敷金、礼金、仲介手数料などは不動産屋と家主が設定している価格なので、交渉次第では多少値引きしてもらえる可能性もあります。

気に入った物件があるけど少し予算オーバーしているようなときは、正直にその旨を話してみましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越し費用を節約する方法

住民

引っ越しに必要な費用は、引っ越し初期費用だけではありません。

引っ越し業者への依頼や新生活に向けた家具や家電の購入など、何かと出費がかさむタイミングです。

ここでは、引っ越し費用の節約方法を紹介します。

家具家電付きの物件を見つける

家具や家電は高額なものの多く、最低限のものを揃えるだけでも10万円以上はかかってしまいます。

この費用を抑えるためにおすすめなのが、家具家電付き物件です。

こだわり家電・家具を使いたい人には不向きですが、身軽に生活をしたい人には大きな出費がなく引っ越しができるので最適です。

次に引っ越すときにも、大きな荷物がないので困ることがありません。

引っ越し業者費用を節約する

引っ越し業者にかかる費用は一般的に「移動距離」「荷物の量」「引っ越し時期」から決まります。

たくさんの人が引っ越す2~4月は繁忙期にあたるため、価格が高騰します。

引っ越しの時期をずらすことができるのであれば、5月~1月の間に引っ越すのがおすすめです。

また、引っ越し業者への見積もりは一社だけに絞らず、複数社の相見積もりをとるようにしましょう。

条件や価格を比較して、最適なものを選ぶことができます。

引っ越し初期費用を分割払いする

引っ越し初期費用は家賃の4~5ヶ月分と高額です。

この費用を一括で支払うことを負担に感じる人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、引っ越し初期費用分割払いサービス「smooth」です。

「smooth」を利用すると、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して払うことができます。

サービスが利用できる物件には基本的に制限がなく、自分の気に入った物件で利用可能です。

気になる方はぜひ「smooth」の公式サイトをチェックしてみてください。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

2K物件の初期費用は、家賃を10万円とすると40~50万円が相場です。

引っ越し費用を節約するためには、敷金のない物件を選んだり、契約時に値下げの相談をしたりする方法があります。

引っ越しにかかる費用を上手に抑えて、ストレスのない新生活にしてくださいね。

以上、2K 物件の初期費用でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!