初期費用なしの賃貸物件はある?少しでも賃貸初期費用を安くする方法

folder-icon
初期費用
初期費用
費用

賃貸の初期費用は安くても10万円以上、物件によっては20万円や30万円を超えることもあります。

そのため、「初期費用なしの賃貸物件はないのか」気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では

・初期費用なしの賃貸物件はある? ・賃貸初期費用を安くする方法 ・初期費用の支払いを分割にする方法

について、詳しく解説していきます。

記事の最後では、賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービス「smooth(スムーズ)」について紹介しています。

なるべく初期費用を安く引っ越したいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

初期費用なしの賃貸物件はある?

疑問

初期費用がない賃貸物件を探している方も多いと思いますが、基本的に初期費用ゼロ円で引っ越しできる物件はありません。

敷金や礼金の負担がない場合はありますが、すべての費用がゼロ円になることはないので注意しましょう。

ここでは、賃貸の初期費用について、より詳細に下記のことをお伝えします。

・賃貸の初期費用の内訳と相場 ・「家賃8万円のトリプルゼロ物件」なら初期費用はいくら?

それぞれ解説していきます。

賃貸の初期費用の内訳と相場

賃貸の初期費用とは、賃貸契約を結ぶために必要な費用の総称です。

家賃の4~6か月分が相場となっており、家賃8万円の物件であれば、初期費用は40万円程度かかることになります。

賃貸の初期費用の主な項目や内容は、下記の表のとおりです。

初期費用の項目相場詳細
敷金家賃1~2ヶ月分 家賃滞納や原状回復のために、契約時に大家へ預けるお金。残金があれば、退去時に返金される。
礼金家賃1~2ヶ月分 部屋を貸してくれることへの謝礼として、慣習的に大家に支払うお金。敷金と違い、退去時に返金されることはない。
前家賃家賃1ヶ月分 入居する月の翌月分の家賃。
日割り家賃契約日から月末までの家賃を日割りで計算したお金。
仲介手数料家賃0.55~1.1ヶ月分(消費税込) 物件探しや契約のサポートに対する対価として不動産会社に支払うお金。
火災保険1.5~2万円 火事や災害での損害に備えて保険会社に支払うお金。
保証会社利用料家賃の50~100% 保証人の代わりをしてくれる家賃保証会社に支払うお金。
鍵交換代1.5~2万円 設置されている鍵を新しいものへ交換するための費用。

「家賃8万円、トリプルゼロ物件」なら初期費用はいくら?

初期費用が完全にゼロになる物件はありません。

ここでは、より具体的に下記の2つの物件で初期費用の総額がどうなるのか確認してみましょう。

・家賃8万円の物件 ・家賃8万円のトリプルゼロ物件(敷金、礼金、仲介手数料なしの物件)

2つの物件の初期費用の比較は下記の表をご覧ください。

初期費用の項目家賃8万円の物件家賃8万円のトリプルゼロ物件
敷金8万円
礼金8万円
仲介手数料8.8万円
前家賃8万円8万円
日割り家賃4万円(月の途中で入居)4万円(月の途中で入居)
火災保険料2万円2万円
保証会社の利用料4万円4万円
鍵交換代1.5万円1.5万円
合計金額44.3万円19.5万円

「家賃8万円のトリプルゼロ物件」でも、初期費用は19.5万円必要になります。

また、物件によっては、下記のようなオプションサービスが初期費用に含まれていることがあります。

・除菌消臭サービス ・24時間トラブル対応サービス ・簡易消火器の設置

想定外の出費を避けるためにも、見積書や請求書で初期費用の内容をよく確認しておきましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

賃貸初期費用を極力安くする方法

貯金

基本的に初期費用なしの賃貸物件はありませんが、極力初期費用を安くすることは可能です。

主な方法は下記の通りです。

・ゼロゼロ物件を選ぶ ・フリーレント物件を選ぶ ・仲介手数料無料の物件を選ぶ ・初期費用の値下げ交渉をする ・家賃を低くする

ゼロゼロ物件を選ぶ

ゼロゼロ物件とは、賃貸初期費用に含まれる敷金と礼金が無料の物件のことです。

敷金と礼金は、それぞれ家賃の1か月分かかることが多く、合わせると家賃の2か月がかかる計算になります。

初期費用の中でも大きな出費となるため、ゼロゼロ物件を選ぶことで賃貸契約の初期費用を大幅に節約できます。

ゼロゼロ物件の「メリット・デメリット」などの詳細はこちら。 関連記事:敷金礼金なしのゼロゼロ物件とは?初期費用が安いのは危険ではないの?メリットやデメリット | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

フリーレント物件を選ぶ

フリーレント物件は一定期間の家賃が無料になる物件のことで、1か月~3か月分の家賃が無料になるケースがほとんどです。

家賃が無料になるため前家賃なども発生しないケースが多く、初期費用の大きな節約につながります。

ただし、フリーレント物件には下記のような注意点もあります。

  • 築年数が古い

  • 駅から遠い

  • 人気のない間取り

など、どのようなマイナス要素があるのかしっかり確認してから契約するようにしましょう。

フリーレント物件の「メリット・デメリット」などの詳細はこちらも参考にしてみてください。 関連記事:フリーレント物件は1ヶ月間家賃が無料?メリットやデメリットとは | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

仲介手数料無料の物件を選ぶ

家賃や敷金・礼金はよく聞きますが、賃貸契約の初期費用には仲介手数料も含まれます。

基本的には家賃の1.1か月分が相場ですが、不動産会社によっては仲介手数料が半額や無料の場合もあります。

初期費用を少しでも安くしたいなら仲介手数料が半額、もしくは無料の不動産会社を選ぶのもひとつです。

仲介手数料無料の「仕組み」や「デメリット」について知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。 関連記事:賃貸の仲介手数料が無料(0円)になるからくりとは?デメリットはある? | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

初期費用の値下げ交渉をする

初期費用の項目によっては、値下げ交渉できるものがあります。

交渉によって値下げできる可能性のある初期費用の項目は下記のとおりです。

・仲介手数料 ・敷金、礼金 ・前家賃 ・クリーニング代、鍵交換代

過度な値下げ交渉は「家賃の支払い能力がない人」であると思われる可能性があります。 高圧的な態度は取らず、あくまでも「お願い」というスタンスで交渉を行うのがコツです。

初期費用の交渉の「ポイント」や「タイミング」の詳細についてはこちらで詳しく解説しています。 関連記事:賃貸の初期費用を下げる交渉のコツを伝授。初期費用分割ならスムーズ | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

家賃を低くする

家賃の低い物件を選ぶことで、賃貸の初期費用も低く抑えられます。

また、家賃は交渉によって下げられることもあります。

家賃交渉のときは、下記のコツを押さえて、交渉の成功率を高めましょう。

・周辺エリアの相場を調べておく ・値下げの理由や根拠を用意しておく ・高圧的な態度は取らない ・大家のメリットも提案する

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

賃貸の初期費用が払えないなら分割払いがオススメ!

節約

賃貸契約の初期費用は家賃の5倍程度かかると言われており、家賃6万円の物件なら30万円程度かかる計算になります。

しかし、中にはまとまったお金を準備するのが難しいという方もいるはずです。

そのような方は、初期費用をクレジットカードなどで分割払いにできるか確認してみましょう。

基本的に賃貸契約の初期費用は現金払いですが、最近ではクレジットカード払いに対応した不動産会社も増えてきました。

クレジットカード払いの場合は手数料が発生しますが、契約時にまとまったお金を準備できない方にはオススメです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

初期費用が高いと感じたら分割あと払いできる「smooth」がオススメ!

スムーズ ロゴ logo 横

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そのような方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があることを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、オススメなのが初期費用を分割あと払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは「6回払いまでなら金利手数料が0円」と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約が可能です。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

【口コミ】分割払いにしたことで好きなものを我慢せずに済みました(Wさん・20代前半)

Wさん20代前半

急な引っ越しでsmoothを活用したWさん(20代前半)より、smoothの感想をいただきました!

「一番早くレスポンスをいただけた」 「smoothで急な引っ越しにも対応できました」 「分割払いにしたことで、好きなものを我慢せずに済んだ」

引っ越した後も、趣味のグルメや料理を楽しんでいるWさんの感想をぜひご覧ください。 急すぎる引越しにも対応、好きなことを我慢しなくてもいい生活に | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

smoothは累計の登録者数120,000人を達成しました!

「レスポンスが早かった」 「手元にお金が残るから安心」 「引っ越しの自由度が上がった」

など、実際にsmoothを利用した方からの口コミやレビューをぜひご覧ください。 サービス利用者の声 | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

基本的に、初期費用なしで入居できる物件はありません。

必ず何かしらの費用は発生するので、初期費用なしの物件を探すのではなく初期費用を安くできる物件を探すのがベストです。

たとえば、敷金・礼金がゼロになる「ゼロゼロ物件」や、一定期間の家賃が無料になるフリーレント物件など、初期費用を安くできる物件は意外と多くあります。

条件にこだわらなければ良い物件に巡り合える可能性もあるので、根気強く探すようにしましょう。

また、初期費用を分割払いにする場合は、「smooth」を利用してみてはいかがでしょうか。

「6回払いまでなら金利手数料が0円」で初期費用を分割あと払いにできます。

お金の面で負担を減らして、余裕を持って新しい部屋での生活を始められるでしょう。

smoothの活用もぜひご検討ください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます