【新生活】引っ越し費用はだいたいいくら?費用を抑える方法も解説

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
自分で引っ越し

新生活を始めるにあたり、新天地への引っ越しを予定していると何かとやることが多く大変ですよね。

引っ越しでは高額な費用が必要な場合もあり、事前にどれくらいかかるのか気になると思います。

この記事では、引っ越しの際にかかるだいたいの費用を紹介し、引っ越し代をなるべく安く抑えるための方法についても解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越し費用の内訳

引っ越し

引っ越しをする際にかかる費用は、単純ではありません。

1つの部分を大きく節約できても他の部分で費用が多くかかってしまうと、総合的に支払う金額が高くなってしまうかもしれません。

費用をそれぞれに細分化し、何にどれくらいお金がかかるのか、どうすれば節約できるのかを考えることが大切です。

引っ越し業者の費用

引っ越し業者にかかる費用は、一般的に前の家から新しい家までに荷物を運ぶ際にかかる費用を指します。

引っ越し費用は、「荷物の量」「移動距離」「引っ越し時期」などの要素が合わさって決まる場合がほとんどです。

荷物の量が多ければ多いほど運搬にかかる手間が増え、さらに軽トラックに入りきらないとさらに大きなトラックに変更するなどの追加費用の可能性もあります。

移動距離は長ければより高額になり、引っ越しの繁忙期には通常よりも価格が割高になっています。

引っ越し先の家の初期費用

引っ越し自体にかかる費用の他に、新しい家の契約のために発生する費用があります。

敷金や礼金などを含む初期費用が家賃に追加して発生するため、新生活にあたってまとまったお金が必要になります。

初期費用の設定は家によっても異なるため、新居を契約する際には、家賃以外にも初期費用がどの程度いつまでに支払うべきかを把握することが大切です。

初期費用をどうにかして抑えたいという人には、分割払いのできる「smooth」と呼ばれるサービスもあります。

新しく買う家具家電雑貨費用

新しい家に住み始めるとなると、家具や家電、雑貨など必要なものを買い足すことにもなります。

以前から使っていたものをそのまま使おうと思ってもサイズ的に新しい家に合わなかったり、不足する備品があったり、何かと費用がかさんでしまう部分でもあります。

生活が始まる前にすでに購入しておいたものの他に、住んでみて必要性に気づくものもあるので、1~2か月スパンで出費が発生する項目です。

引っ越しにかかる大体の費用

現金と電卓

「引っ越し業者」「引っ越し先の初期費用」「家具家電雑貨」のそれぞれの項目は、その人の置かれている状況によってもかかる金額が異なります。

単身(一人暮らし)の引っ越しは当然家族単位の引っ越しよりも費用が少なくすることがほとんどです。

また、新しく買い足す家具などがほとんどない場合は「家具家電雑貨」の出費を少なく抑えることができますよね。

ここでは、目安として引っ越しにかかる費用をざっくりと紹介します。

引っ越し業者の費用

引っ越し業者の費用は「荷物の量」「時期」などによって価格が変動するだけでなく、業者やプランによっても大きく異なる場合があります。

単身で引っ越しを行う場合、「市内」なら1.5万円~2万円程度、「県外」なら2.5万円~3万円程度、「長距離」なら3万円以上がかかります。

引っ越し業者の中にあるプランでは、「荷造り・荷解き」をすべて業者に任せるプランもあれば、運搬以外はすべて自分で行うプランもあります。

引っ越し先の家の初期費用

引っ越し先の家の初期費用は一般的に家賃の4~5カ月分と言われています。

都市圏における平均家賃が7~8万円であることから算出すると、30~40万円程度を入居の際に支払うということになります。

新生活にはなにかとお金がかかりますが、一度にこの金額を支払うとなると痛手の出費ですよね。

新しく買う家具家電雑貨費用

すでに持っているものを使うなら問題ありませんが、家具家電など日常に必要なものを買いそろえるとなると、こちらの出費に高額になります。

例えば、ダブルベッドの相場は15万円、単身向け冷蔵庫は4万円と言われています。

その他にも必要に応じて食器や雑貨なども購入すると、一から新生活を始めるために必要な費用は30~50万円程度になりそうです。

引っ越し費用を抑える方法

初期費用10万円以下の部屋を探す方法

なにかとお金のかかる新生活スタートですが、なるべく費用を抑えるための方法がいくつかあります。

家計への負担を減らすためにも、準備は早めに取り掛かり、節約できる方法を選ぶようにしましょう。

なるべく安い引っ越し業者を見つける

引っ越し業者は大手から地域密着型までたくさんの種類がありますが、なるべく安い引っ越し業者を見つけるためにも「相見積もり」をとることが有効です。

「相見積もり」とは、複数の企業に対して見積もりをとることで、その中から条件や価格を比較して最適なものを選択することを指します。

一社からの見積もりでは引っ越し条件の比較が難しいので、早めに複数の企業に見積もり依頼をしましょう。

引っ越し先の初期費用を抑える

引っ越し先の家の初期費用を抑えるためは、初期費用分割サービス「smooth」の活用がおすすめです。

「smooth」では、初期費用を6回、12回、24回に分割して支払うサービスを提供しています。

どんな引っ越し先であってもサービスを受けることができるため、すでに入居先が決まっている人でも利用可能です。

自分の状況に合わせて最適な節約を

引っ越しの際の条件は十人十色です。

それぞれの状況に合わせて、最も価格を低く抑えられるよう、複数社に見積もりをとるなど選択肢を多く持っておくことが大切です。

早めに情報収集を始め、余裕を持って引っ越しプランを立ててくださいね。

以上、引っ越し費用の相場と節約方法解説でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!