賃貸の初期費用で断れる費用はある?断れる可能性のある費用と交渉方法

folder-icon
初期費用
賃貸初期費用
見積書

賃貸の初期費用は家賃の4~6ヶ月分が相場となっており、引っ越しに関する費用の中でも大きな金額を占めます。 引っ越しの費用は少しでも安くしたいものです。 たくさんある初期費用の項目を見て、「断れる費用はないのか?」と思った方も多いのではないでしょうか? そんな方に向けて、この記事では、 ・賃貸初期費用の一般的な内訳 ・断れない初期費用の項目 ・断れる可能性のある初期費用の項目 ・初期費用の交渉方法と注意点 ・初期費用を低く抑える方法 について解説します。 断れる費用はしっかり断って、引っ越し費用を少しでも安くするためにも、ぜひご参考ください。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

賃貸初期費用の一般的な内訳

賃貸

賃貸初期費用について、一般的な内訳を解説します。 賃貸の初期費用の相場は家賃の4~6ヶ月分です。

初期費用の項目相場詳細
敷金家賃1~2ヶ月分 家賃滞納や原状回復のために、契約時に大家へ預けるお金。残金があれば、退去時に返金される。
礼金家賃1~2ヶ月分 部屋を貸してくれることへの謝礼として、慣習的に大家に支払うお金。敷金と違い、退去時に返金されることはない。
前家賃家賃1ヶ月分 入居する月の翌月分の家賃。
日割り家賃契約日から月末までの家賃を日割りで計算したお金。
仲介手数料家賃0.55~1.1ヶ月分(消費税込) 物件探しや契約のサポートに対する対価として不動産会社に支払うお金。
火災保険1.5~2万円 火事や災害での損害に備えて保険会社に支払うお金。
保証会社利用料家賃の50~100% 保証人の代わりをしてくれる家賃保証会社に支払うお金。
鍵交換代1.5~2万円 設置されている鍵を新しいものへ交換するための費用。

断れない初期費用の項目

初期費用の一般的な項目は、基本的に断れないものと考えていいでしょう。

賃貸契約の中心的な項目であり、貸主・借主のリスク管理や防犯のために必要な費用でもあります。

過度に削ろうとすることで、入居審査で不利になったり、入居後に自分自身がリスクを負ったりする可能性があります。

また交渉や契約書の変更には時間と手間がかかります。人気の物件であれば、ほかの人に先に契約されてしまう可能性があることも念頭に置いておきましょう。

断れる可能性のある初期費用の項目

・消臭抗菌施工 ・簡易消火器 ・浄水器 ・害虫駆除費用 ・上限額以上の仲介手数料

上記のような費用は、断れる可能性があります。 任意で付けるオプションとして取り扱われていることが多いからです。

不動産会社に「任意であるか?」「つけないと契約できないのか?」を確認し、任意であれば外してほしい旨を率直に伝えましょう。

大家や管理会社が設定している場合は断れない可能性があります。 断りたい場合は、大家や管理会社に直接交渉しないといけません。

また、仲介手数料は法令で上限が定められており「家賃の1.1ヶ月分(消費税込み)まで」です。 法令で定められた以上の仲介手数料は違法となりますので、注意しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

賃貸初期費用の交渉方法と注意点

値下げ交渉

断れる可能性のある賃貸初期費用について、交渉方法と注意点を解説します。

どの交渉でも重要なのは、下記の3点です。

・断ることを率直に伝える ・任意であるか確認する ・やりとりを記録する(メール、電話など)

消臭抗菌施工費用の断り方

室内に消臭・抗菌効果のある施工を行うための費用です。一般的に契約書には記載されず、見積書に項目と金額が記載されます。

確認したら、外してほしいことを率直に伝えましょう。

外すことを渋るようであれば「任意なのか」「どのような施工を行うのか」を確認しましょう。

実際の施工は、不動産会社の担当が消臭抗菌の効果があるスプレーを散布するという簡易的なものが多いです。不動産会社としても、要望を受け入れて契約に結び付けたいと考えるものです。

断ったうえで「自分で業者を探す」「自分で行う」ことを伝えると、不動産会社としても交渉に応じやすいでしょう。

簡易消火器費用の断り方

室内に設置する簡易消化器にかかる費用です。相場は1~2万円です。

消火器の設置は「防火対象から歩行距離で20m以内にたどり着くこと」と消防法で定められています。賃貸の共同住宅では、共用の廊下部分に設置することで法令上の条件をクリアしていることが多いです。メゾネットタイプや間取りの広い物件でない限り、各部屋に設置する必要はありません。

しかし、貸主としても火災のリスクを減らすために設置してほしいものです。初期費用から外す代わりに、自分で設置することを伝えると、交渉に応じてもらえやすいでしょう。

ホームセンターにて3,000円程度で購入できます。

浄水器の断り方

浄水器のリース料です。月々1,000円程度が相場です。

見積書を確認した時や契約を結ぶ前に、断ることを率直に伝えることが重要です。契約によっては、中途解約を行うと違約金を取られることがあります。

交渉に応じてくれない場合は、「任意であるか」を再度確認したうえで「好みがあるので自分で設置する」と伝えるのもよいでしょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

賃貸の初期費用を安く抑える方法

交渉

賃貸の初期費用を安く抑える方法を3つお伝えします。

・閑散期に借りる ・家賃が安い物件を探す ・smoothであと払いする

閑散期に物件を借りる

引っ越しの閑散期(6~8月)に物件を借りると、初期費用を安く抑えやすいです。

貸主としても「空き物件のままにしているよりは良い」と考え、交渉に応じてくれる可能性が高くなっているからです。引っ越し業者の料金も安くなっている時期なので、初期費用以外のお金も安く抑えられます。

家賃が安い物件を探す

賃貸の初期費用は相場が家賃の4~6ヶ月分なので、家賃が安い物件を探すことで初期費用を抑えられます。

また、安い物件は人気がないことが多いため、初期費用の値下げに応じてもらえる可能性が高いです。 家賃の安い物件を探すために、間取りや駅からの距離など妥協できる条件がないか、今一度考えてみましょう。

smoothなら賃貸初期費用をあと払いで0円に!

「賃貸の初期費用が高い!」 「初期費用がネックで引っ越せない」と感じているなら、初期費用の分割払いも検討してみましょう。

「smooth(スムーズ)」は、賃貸契約時の初期費用を分割払いにできるサービスです。 分割あと払いにすることで、出費が重なる時期の初期費用負担を0円にできます。

flow

6回払いなら、手数料も0円です。 「smooth(スムーズ)」が、手数料なく分割できる仕組みについてはこちらをご覧ください。

smoothの仕組み

「smooth(スムーズ)」を実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

この記事の内容を簡単にまとめます。

〇賃貸の初期費用の一般的な内訳

・家賃の4~6ヶ月分が相場 ・一般的な項目は断れないことが多い ・オプション的な項目は断れる可能性がある

〇賃貸初期費用の交渉方法と注意点

・断ることを率直に伝える ・任意であるかを確認する →大家や管理会社が設定した場合、断ることが難しい ・やりとりを記録に残す(メール、録音など)

〇賃貸初期費用を安く抑える方法

・閑散期に借りると交渉に応じてもらいやすく、引っ越し費用も安く抑えられる ・家賃の低い物件は初期費用を抑えられて、交渉にも応じてもらえ安い ・smoothであと払いして、初期費用を0に!

賃貸の初期費用は断れないものが多いです。 大きな金額がかかる初期費用ですが、リスク管理や防犯のために必要な費用でもあります。

引っ越し費用の準備が難しければ、まず家賃の低い物件を検討してみましょう。間取りや駅からの距離など、意外に妥協できる条件が見つかるかもしれません。

どうしても住みたい物件があれば、初期費用の分割払いもおすすめです。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!