部屋探しから引っ越しまでの期間はどれくらい?一般的な流れやコツを解説

folder-icon
部屋探し
引越し情報
部屋探し

「部屋探しから引っ越しまで、どれくらいの期間がかかるの?」

「部屋探しから引っ越しまで、どんなことをすればいい?」

「部屋探しから引っ越しまでを効率的に進めたい!」

引っ越しを検討している方は、上記のような疑問や不安をお持ちではないでしょうか?

この記事では、引っ越しを検討している方に向けて、

  • 部屋探しから引っ越しまでの期間

  • 一般的な流れ

  • 効率的に行うコツ

をお伝えします。

この記事を読むことで、部屋探しから引っ越しまでを余裕をもって進められるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

部屋探しから引っ越しまでの期間|1か月半がおすすめ

引っ越し

ここでは下記のとおり、部屋探しから引っ越しまでにかかる期間についてお伝えします。

  • 【おすすめ】引っ越し予定日の1か月半前からはじめる

  • 余裕があれば2か月前からはじめる

  • 「即入居可」物件なら2週間でも可能

【おすすめ】引っ越し予定日の1か月半前からはじめる

部屋探しは引っ越し予定日の「1か月半前」からはじめるのがおすすめです。

部屋探しは通常1か月程度かかると言われていますが、下記のようなトラブルで遅れる可能性もあります。

  • 希望条件に合う物件が見つからない

  • 繁忙期で内見の予約が取りにくい

  • 繁忙期で入居審査に時間がかかる

  • 入居審査に落ちた

少し余裕をもった1か月半前から部屋探しをはじめるのがおすすめです。

3月下旬に引っ越したいのであれば、2月の中旬から部屋探しをはじめましょう。

余裕があれば2か月前からはじめる

スケジュールに余裕があれば、引っ越し予定日の2か月前から部屋探しをはじめるのもおすすめです。

3月下旬に入居したいのであれば、1月の下旬から部屋探しをはじめてもいいでしょう。

「引っ越し予定日の3か月前から」などの早すぎる部屋探しは、下記の理由からおすすめできません。

  • 契約日が早いと2重で家賃を支払う期間が発生する

  • 時期により物件数の変動が激しい

  • 空室期間が長く人気のない物件が選択肢に入りやすい

効率的に進めるためにも、部屋探しの期間は「長くても2か月」と期限を区切って進めていきましょう。

「即入居可」物件なら2週間でも可能

「即入居可」と紹介されている物件であれば、部屋探しから引っ越しまでを2週間以内に行なうことも可能です。

「人気のない物件かもしれない」というデメリットも考えられますので、「即入居可」物件を選ぶ際は、よく内見を行うなど注意が必要です。

「即入居可」物件の「詳細」や「メリット・デメリット」はコチラも参考にどうぞ。

関連記事:審査なしで即入居可能な物件はある?選ぶ際の注意点を解説 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

部屋探しから引っ越しまでの一般的な流れ

カレンダー

ここでは部屋探しから引っ越しまでの一般的な流れをお伝えします。

流れを把握して、効率的に部屋探しから引っ越しまでの作業を進めていきましょう。

お伝えする内容は下記のとおりです。

  1. 引っ越し予定日、希望条件を決める

  2. ポータルサイトで物件を探す

  3. 不動産会社に行き、内見をする

  4. 申し込みをし、入居審査委を受ける

  5. 初期費用を支払い、契約をする

  6. 鍵を受けとり、引っ越しを行う

1.引っ越し予定日、希望条件を決める

部屋探しをはじめる前に、下記のようにおおまかなスケジュールや希望条件を決めておきましょう。

  • 引っ越しの予定日

  • 家賃の上限額(収入の1/3以内)

  • 住みたいエリア

  • 譲れない条件(間取り、設備など)

部屋探しを効率的に進めるためにも、希望条件を明確にしておくことは重要です。

2.ポータルサイトで物件を探す

希望する条件を明確したら、実際に部屋探しをはじめましょう。

部屋探しは大手のポータルサイトで行うのがおすすめです。

ポータルサイトには、さまざまな不動産会社が多くの最新物件を載せています。

選択肢が多いうえに、不動会社を訪れる手間と時間を省けます。

引っ越し予定日の1か月~3週間前までに、気になる物件をいくつかピックアップしておきましょう

3.不動産会社に行き、内見をする

気に入った物件が見つかれば、電話やメールで不動産会社に連絡し、内見を行いましょう。

連絡する際に希望条件を伝えておけば、新着物件や未公開物件を紹介してもらえることもあります。

サイトの情報や間取り図だけではわからないことが多いので、できるかぎり内見は行いましょう。

本当に気になる物件だけをいくつか内見するのが、効率的に部屋探しを進めるコツです。

引っ越し予定日の2-3週間前までに内見までを行えるとよいでしょう。

内見で「見るべき部分」や「もっていくべきもの」についてはこちら。

関連記事:内見のチェックリスト15項目!絶対に見逃せない部分とは? | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

4.申し込みをし、入居審査を受ける

内見して気に入った物件が見つかれば、必要書類を揃えて申し込みを行いましょう。

申し込み後は貸主側が「入居審査」を行ないます。

入居審査では、

  • 安定して家賃を支払う続ける能力があるか

  • トラブルを起こさない人物か

を貸主側が判断します。

繁忙期(2-3月)であれば、入居審査には5~7日程度かかります。

入居審査が行われている間に、引っ越し業者の見積もりを取るなど、進められる作業は進めておきましょう。

5.初期費用を支払い、契約をする

入居審査に通ったら、初期費用の支払いを行います。 初期費用の支払いは、銀行振り込みが一般的です。

3-7日程度の振り込み期限で不動産会社から請求されるでしょう。 振り込みが確認された後に、重要事項説明を受け、契約を行います。

契約日から家賃が発生しますが、家賃の発生日は伸ばせても1週間程度です。

6.鍵を受け取り、引っ越しを行う

不動産会社から鍵を受け取れば、いよいよ引っ越しです。 引っ越しの当日までに、役所での手続きや引っ越し業者の手配などの作業を進めておきましょう。

とくにガスは開栓の立ち合いが必要なので注意が必要です。

引っ越し後に行う手続きもあるので、忘れずに行いましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

部屋探しから引っ越しまでを効率的に行うコツ

部屋探し

ここでは、下記のとおり、部屋探しから引っ越しまでを効率的に行うコツをお伝えします。

  • 希望条件を明確にする

  • 荷造りも進めておく

  • 手続きも進めておく

  • 申し込みの必要書類を準備しておく

  • 退去の連絡も忘れずに

希望条件を明確にする

部屋探しをはじめるときは、希望条件を明確にしましょう。

さらに希望条件を「譲れない条件」か「妥協できる条件」かに分けて考えて、優先順位をつけましょう。

下記のようなときに「どの物件にするか」「条件を広げるべきか」などの判断基準になります。

  • 複数の物件から決められない

  • 良い物件が多くて決められない

  • 気に入る物件が見つからない

部屋探しの「流れ」や「ポイント」についての詳細はコチラの記事も参考にどうぞ。

関連記事:【賃貸】部屋探しの流れとポイントを解説!疲れたときの対処法も | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

荷造りもはじめておく

引っ越しの予定日を決めたら、荷造りの作業も少しずつはじめておきましょう。

下記のように、早めにはじめられる荷造りは進めておきましょう。

  • 不用品の処分

  • 粗大ごみの処分

  • すぐ使わないものの荷造り(オフシーズンの服、靴、本、CDなど)

手続きもはじめておく

引っ越しの日が決まれば、ライフラインや役所での手続きもはじめておきましょう。

行なうべき手続きには、下記のようなものがあります

  • 電気、ガス、水道の手続き

  • 役所での手続き(転出届、国保、福祉関係など)

  • インターネット回線や保険の手続き

引っ越しで行うべき「準備」や「荷造り」「手続き」の詳細はコチラも参考にどうぞ。

関連記事:引っ越しの準備は何をすればいい?心配な時用チェックリスト! | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

申し込みの必要書類を準備しておく

入居の申し込みに必要な書類を準備しておけば、気に入った物件が見つかれば、すぐに申し込めます。

ほかの入居希望者に先を越されるのも防げるでしょう。

事前に準備しておける必要書類としては下記のものがあります。

・身分証(運転免許証など) ・住民票 ・収入がわかるもの(源泉徴収票、納税証明書など) ・連帯保証人の収入がわかるもの(源泉徴収票、納税証明書など) ・連帯保証人の同意書

連帯保証人関係の書類は、時間がかかる傾向にあるので優先的に準備しておくといいでしょう。

必要になる書類などは、不動産会社や物件によって異なる場合があります。

最低限必要な書類を事前に確認して、内見の日までに揃えておけるのが理想的です。

退去の連絡も忘れずに

賃貸住宅では一般的に「退去日の1か月前まで」に不動産会社に退去の連絡をする必要があります。

この退去の連絡を忘れてしまった場合、住んでいなくても、遅れた分だけ家賃を支払わなければいけません。

物件によって退去予告期限は2か月や3か月のところもあります。

引っ越しが決まったら、契約書で退去予告期限を確認して、忘れずに不動産会社に退去の連絡を行いましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越し費用も把握しておこう

想定外の出費を防ぐためにも、引っ越しにどれくらいのお金がかかるのか、あらかじめ把握しておきましょう。

引っ越しで必要になるお金としては下記のようなものがあります。

・引っ越し業者にかかる費用 ・賃貸の初期費用 ・家具、家電の購入費用 ・不用品の処分費 ・退去費用

引っ越し業者にかかる費用は「荷物の量」「荷物を運ぶ距離」「時期」によって大きく変動します。

費用を安く抑えたい場合は「荷物の量を減らす」や「複数の会社から見積もりを取る」という方法があります。

賃貸の初期費用は相場が「家賃の4~6か月分」で、引っ越しにかかる費用の中でも大きく負担に感じる費用です。

賃貸の初期費用を抑えたい場合は「敷金・礼金なしの物件」や「フリーレントをつけてもらう」などの方法があります。

引っ越しにかかる費用の「詳細」や「安く抑えるコツ」についてはこちら。 関連記事:一人暮らしの引っ越し費用は総額どれくらい?相場や抑えるコツを教えます | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

smoothを活用して余裕のある部屋探しと引っ越しを

図2

部屋探しから引っ越しはやるべきことが多いだけではなく、何かとお金がかかります。 部屋探しにかかるお金の中でも「賃貸の初期費用」は家賃の4-6か月分が相場となっており、大きな割合を占めています。

引っ越しにかかる費用が高い!」と感じているのであれば、賃貸の初期費用の分割払いを検討してみませんか?

初期費用の分割払いでおすすめしたいのが「smooth(スムーズ)」。

smoothは「6回払いなら金利手数料が0円」で賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービスです。

スムーズって?

トータルの支払い金額が増えることなく、初期費用の分割払いが可能になります。

↓smoothの「特徴」や「利用の流れ」はコチラをご覧ください。 初期費用の分割払い・あと払いは【スムーズ】 (smooth.jp)

【口コミ】安心して環境を変えられた(Fさん・20代前半)

Fさん 口コミ

オフィスの移転に伴い、smoothを利用して職場の近くに引っ越しをしたFさん(20代前半)より感想をいただきました。

「大きなメリットを感じるけど、デメリットはなかった」 「引っ越しに対するフォローがあり、対応が丁寧だった」 「手元にお金が残るから安心」

など、smoothでお気に入りの街と部屋を見つけたFさんの感想をぜひご覧ください。 お金に余裕をもって、安心しながら環境を変える引越しを | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

smoothは累計の登録者数120,000人を達成しました!

「レスポンスが早かった」 「分割払いにすると好きなものを我慢しなくてもいい!」 「憧れのエリアに住めた」

など、実際にsmoothを利用した方からの感想を参考にしてsmoothを活用しましょう! サービス利用者の声 | 株式会社スムーズ (smooth.jp) 

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

部屋探しから引っ越しまでの期間や流れ、効率的に進めるコツについてお伝えしてきました。 部屋探しは、引っ越し予定日の1か月~1か月半前からはじめるのがおすすめです。

部屋探しから引っ越しまでを効率的に行うコツは、主に以下のような項目です。

  • 希望条件を明確にする

  • 荷造りも進めておく

  • 手続きも進めておく

  • 申し込みの必要書類を準備しておく

  • 退去の連絡も忘れずに

おおまかな流れや効率的に進めるコツを把握していれば、余裕をもって部屋探しから引っ越しまで進められます。

smoothで初期費用を分割払いにすれば、さらにお金の面でも余裕が生まれます。 smoothの活用もぜひご検討ください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます