アパート探しはいつから始める?物件の仮押さえと注意点について

folder-icon
部屋探し
初期費用
引っ越し

「アパート探しはいつから始めたらいい?」

「アパート探しを始めるのにオススメの時期ってある?」

など、アパート探しを始めるタイミングに悩んでいる方も多いでしょう。

賃貸物件は、早い段階で住みたい部屋を決めても、長い期間仮押さえができません。

そのため、アパート探しを始めるタイミングは、1か月半から2か月前が理想です。

この記事では、アパート探しのタイミングと、スムーズに引っ越しするために押さえておくべきポイントについて解説します。

ぜひ、理想のアパート探しの参考にしてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

アパート探しはいつから始めるべき?

悩む女性

引っ越しに必要な手続きや荷造りなどを考慮すると、アパート探しは1か月半〜2か月前くらいに始めましょう

情報収集に関しては、3か月ほど前から始めておくとスムーズに引っ越し作業を進められます。

アパート探しを早く始めても仮押さえはできない

アパート探しを早く始めて、理想の部屋を見つけても、仮押さえはできません。

なぜなら、家賃を払わずに長期間物件を押えられないからです。

そのため、理想の物件が見つかったとしても、入居日の関係で諦める必要がでてきます。

損した気持ちになるので、部屋探しは、入居日の2か月前から掲載される物件に絞りましょう。

ただし、情報収集に関しては早めに取りかかっても問題ありません。

その理由は、地域によって賃貸相場が変わるからです。

賃貸相場を知っていれば、異様に安い部屋を紹介されても気づきやすく、初期費用の額も予想しやすくなります。

このような理由から、情報収集は3か月前から始めて、アパート探しは2か月前から始めると良いでしょう。

アパート探しでオススメの時期はいつ?

不動産会社には、繁忙期と閑散期があります。

【繁忙期と閑散期の特徴】

  • 豊富な物件の中から選びたいなら「繁忙期」

  • 初期費用を抑えたいなら「閑散期」

繁忙期は、新生活が始まる4月前までの時期です。

繁忙期なら、物件数が多い傾向なので、希望の部屋を見つけやすくなります。

しかし、部屋を探している人が多いため、競争率も高く、決断力が求められます。

また、事前に不動産会社に予約していかないと、忙しく対応してもらえないかもしれません。

一方で、閑散期は引っ越しが落ち着き、梅雨の時期に入る6〜8月頃です。

閑散期は、繁忙期と違って物件数が豊富ではないですが、値引き交渉がしやすい時期です。

敷金・礼金・仲介手数料・家賃が安くなる可能性が高いので、閑散期なら初期費用を抑えられます。

アパート探しのスケジュール例

アパート探しの一連の流れを具体的に紹介します。

  • 【3か月前】気になるエリアの相場や引っ越しに関する情報収集を始める

  • 【2か月前】希望エリアや家賃の上限などアパート探しの条件を決める

  • 【1か月半前】実際に不動産会社に行き、物件の内覧をする

  • 【1か月前】希望物件の審査・契約・退去日手続きなどをする

  • 【3週間前】引っ越し業者の決定・荷物が多い方は引っ越しの荷造りを開始する

  • 【1〜2週間前】郵便局の転送届・公共サービスの手続きや金融機関・保険などの住所変更をする

ライフスタイルによって変動はありますが、今回紹介したスケジュールで進めていけば、ゆとりをもってアパート探しができるでしょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

【一人暮らしのケース】アパート探しはいつから始めるのがベスト?

一人暮らし

「実家を出て、初めての一人暮らし」は、何もかも初めてで、戸惑うことも多いでしょう。

なかでも、必要になる一人暮らしのアパート探しを、いつから始めるのがベストなのか紹介します。

初めての一人暮らしのアパート探しは余裕をもって

一般的にアパート探しは1か月半~2か月前が理想といわれています。

しかし、初めての一人暮らしのアパート探しは、もう少し余裕をもって検討しても良いでしょう。

どこに引っ越すのか、どのような部屋に住みたいのかなど、いろいろな物件を見ながら市場調査していくことも重要です。

ただし、物件は早くに決めすぎても仮押さえできません。

あくまで情報収集期間として、動くようにしましょう。

4月入居なら年末年始から動き出す

転職や転勤の関係で3〜4月入居を予定している方は、年末年始あたりから情報収集に動き出しましょう。

繁忙期に入る前に物件を決めておくとスムーズなアパート探しが可能です。 なぜなら、不動産業界は1~3月が繁忙期のため、物件の競争率が高くなってしまうからです。 また、繁忙期以外だと、家賃が少し安くなっていたり値下げ交渉ができたりもするので、タイミングが合えばオススメです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

【同棲のケース】アパート探しはいつから始めるのがベスト?

同棲

カップルで同棲を検討している場合は、いつからアパート探しを始めるのがベストなのか気になるしょう。

ここでは、同棲のケースに絞ってポイントをお伝えしていきます。

2人の予定を合わせる

同棲のアパート探しは、2人の引っ越しスケジュールを合わせる必要があります。

実家暮らしの場合は、引っ越しスケジュールだけでいいのですが、2人とも一人暮らしの場合はそれぞれの退去日も決めなければなりません。

そのため、2人でよく話し合い、スムーズに引っ越しができるようにスケジュールを組み立てるようにしましょう。

内見は必ず2人で行くようにする

同棲の物件探しの一番のポイントは、必ず2人でおこなうことです。

カップルでも、お互いの希望する条件が同じとは限りません。

男性は部屋の広さや間取りを重視することが多いですが、女性はキッチンや収納を重視する傾向にあります。

また、職場が違う場合は、お互いの通勤時間も考慮する必要があります。

仕事が忙しいからといって、どちらか一方にまかせっきりにせず、2人が納得できる部屋を一緒に見つけましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

【アパート探し】入居までに必要な5つのこと

女性 了解 メリット

アパート探しは、お気に入りの物件が見つかったからといって、すぐに入居できるわけではありません。 アパート探しには入居審査が必要で、審査完了までに即日〜数日かかります。

そのため、「アパート探し=部屋が見つかればOK」ではなく、見つかってから入居審査やいろいろな手続きが必要です。ここでは、入居するまでに必要な5つのことをご紹介します。

1.内見して部屋を決める

最近はインターネット上でかんたんに部屋を探せますが、実際に足を運んで部屋をチェックする「内見」はしておきましょう。

部屋の内見は不動産会社とスケジュールを合わせておこなう必要があります。

2.入居日を決める

気に入った部屋を契約するには、入居日を設定する必要があります。

一般的には退去日と入居日は数日重なるように設定しますが、その日数は短くしておくと良いでしょう。

なぜなら、どちらも家賃を日割りで支払うので、長めに設定すると負担金が大きくなるからです。

荷物を出し切らないといけない退去日と荷物を運び込める入居日を逆算して、効率良くスケジュールを組みましょう。

また、退去日の1〜2か月以上前から退去申し込みをする必要があるので、忘れずに手続きしてください。

3.部屋の契約

部屋の契約を結ぶには、さまざまな書類の提出と入居審査の

通過が必須になります。

入居審査通過後、無事に部屋の契約が結べて、引っ越しが決定します。

4.荷造り

荷造りに必要な期間は個人差がありますが、一人暮らしの方で平均2週間ほどと言われています。

極端に荷物が少ない方や引っ越しに慣れている方は、1週間以内で終わってしまうこともあるようです。

2人暮らしや家族での引っ越しの場合は、荷物が多く荷造りに時間がかかるため3週間から1か月ほど必要でしょう。

5.初期費用の用意

入居日までには、初期費用の用意も必要になります。

初期費用とは、部屋を借りるための「敷金」「礼金」や「前家賃」など入居前にまとめて不動産会社に支払う費用のことです。

初期費用の目安は家賃4〜6か月分くらいなので、家賃6万円の部屋の場合は「24〜36万円」ほど必要になります。

一括で支払うのが難しい場合は、分割で支払う方法もあるので後半で紹介します。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

アパート探し前にまとめておくべき物件の条件

物件探し

アパート探しをするときは、譲れないポイントをまとめておくと物件を絞り込めます。

地域だけで検索すると間取りも賃料もさまざまな物件が多数ヒットします。

アパート探しの条件を何も決めずに探し始めると、選択肢が多すぎて困惑してしまうでしょう。

とくに、賃料が高い物件を選んでしまった場合、家計を圧迫してしまうので、住み続けるのはむずかしくなります。

そのため、アパート探しを始めるときは、賃料の設定を含めて下記のような条件をまとめておくと良いでしょう。

・入居予定日

・賃料の上限(手取りの30%以内が理想)

・賃料以外の管理費や駐車場代などの予算上限

・駅や学校、会社までの立地

・間取りや階数

・バストイレ別、オートロック付き、ベランダの有無などの設備

条件は細かく設定しておいたほうが、理想の物件を探しやすくなります。

ただし、地域によっては条件が多いとなかなかアパート探しが進まなくなることもありますので、条件に優先順位をつけておくと良いでしょう。

関連記事:部屋探しの「絶対条件」から「こだわりたい条件」を解説!良い物件探しの秘訣とは

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

アパート探しで不動産会社に出向くときの注意点

注意

不動産会社に出向く際は、ある程度身なりを整えましょう。

なぜなら、入居審査には見た目や態度、常識の有無なども判断に含まれるからです。

不動産会社も、入居後にトラブルに繋がりそうな契約者は避けたいため、人柄も重視されるようです。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

アパート探しはsmoothが便利!smoothを利用するメリット

スムーズ ロゴ logo 横

多くの企業がインターネット上でお部屋探しのサービスを提供していますが、smooth(スムーズ)には2つのメリットがあります。

LINEで部屋の提案が受けられる

「smooth(スムーズ)」なら、LINEから希望の部屋の条件を伝えるだけで、部屋の提案を受け取れます。

物件選びは、1件ずつ写真や間取り図を見たり、条件を確認したりと意外と時間がかかりますよね。

住みたい部屋の条件が決まっている方は、希望に沿った部屋だけの提案を受けられるので、不動産ポータルサイトで探す手間が省けます。

初期費用の分割払いができる

bunkatsu

引っ越しをする際、初期費用がネックでなかなか進まない方も多いのではないでしょうか。

「smooth(スムーズ)」なら、賃貸契約時の初期費用を分割あと払いにできます。

さらに、6回払いまでは分割手数料が無料で利用できます。

「まとまったお金が用意できない」

「初期費用が高くて引っ越しを悩んでいる」

そのような方は、ぜひ「smooth(スムーズ)」を使ってアパート探しをしてみてはいかがでしょうか。

「smooth(スムーズ)」は、以下のような流れで利用できます。

【smooth(スムーズ)利用の流れ】

  1. LINEにてサービス利用申し込み

  2. チャットで提案&物件探し

  3. 入居申し込み・スムーズ審査

  4. ご入居・支払い開始

利用料などは一切かからないため、安心してご利用いただけます。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

smooth利用者の口コミ

口コミ感想レビューFさん20代前半2

smoothを実際に利用した方の口コミを紹介します。

  • 6回払いまで分割手数料がかからないおかげで、安心して環境を変えられた!

  • サポートも充実していて安心

  • 分割払いのおかげで、好きなものを諦めずに済んだ!

ぜひ、口コミを参考にsmoothの利用を検討してみてください。

まとめ

アパート探しは引っ越しの3か月ほど前から家賃相場や地域の情報を集め、1か月半〜2か月前になったら物件の内見へ行き、住みたい部屋を決めましょう。

入居までに、入居審査や荷造り、初期費用の用意が必要になります。

入居日の設定や退去の連絡など計画的におこなえるように、スケジュールを立てましょう。

部屋探しの手間を省きたい方」や「初期費用の負担を少しでも軽くしたい方」は、ぜひ「smooth(スムーズ)」へ気軽にご相談ください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます