一人暮らしの引っ越し料金相場は?何をすればいいの?

現金と電卓
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では一人暮らしの引っ越しにかかる費用の相場や、一人暮らしをする際の準備等についてまとめています。引っ越しをしないとわからない引っ越し業者の相場や、一人暮らしをする際にかかる費用の抑え方などを詳しく説明しているので、この記事を最後まで読んでスムーズに引っ越しを遂行しましょう。

一人暮らしの初期費用は?

まず初めに一人暮らしの初期費用についてです。一人暮らしの初期費用に関しては家賃の約半年分と言われています。

内訳としては礼金、敷金、前払い家賃、仲介手数料、その他保証費用等が挙げられます。今挙げたのはほんの一例ですが、それぞれ1ヶ月から2か月分かかるため人によっては家賃半年分以上かかる場合もあります。スムーズでは、そういった引っ越しにかかる初期費用を無料で分割払いできるサービスを提供しているので、すぐに貯金を用意できない場合は、活用を検討するのも良いでしょう。

家賃は人によってバラバラかと思いますが、はじめての一人暮らしの場合、平均家賃は約70,000円前後でしょう。そのため70,000円の半年分420,000円前後が初期費用としてかかる計算になります。

一人暮らしの引っ越しにかかるお金は?

次に引っ越しにかかるお金になります。具体的には引越し業者への依頼量となります。引越し業者の価格は、荷物を運搬する距離や量によって様々ですが、平均的に20,000円から60,000円ほどになります。荷物を減らしたり、近い距離での引っ越しの場合より安く依頼ができるでしょう。

注意点とすれば2月から4月の新生活に向けて引っ越しが多くなる時期は引越し業者の依頼料も高くなります。そのため安く引っ越しを済ませたいのであれば6月から8月の引っ越しの閑散期に引っ越すのがお勧めです。

さらに業者への依頼量を節約したい場合は赤帽と呼ばれる引越し業者ではなく配達業者などに依頼するのも1つの手でしょう。

自分で引っ越しを済ませるのも1つの手ですが、最近は安い引越し業者も増えてきているので、無計画にレンタカーなどを借りて引っ越しを行うと、かえって高くなってしまう可能性もあります。

そのため業者を使うか自分で引っ越しを済ませるかしっかりと見積もりを取り、検討して行うようにしましょう。自分で引っ越しを済ませることで自分のペースで引っ越しを進めることができますが、荷物を運ぶ際に家などを傷つけてしまう可能性があるためあまりオススメはできません。

何から準備すればいいの?

一人暮らしをする際の準備について、まず初めに引っ越しする時期を決めましょう。いい物件が見つかったら引っ越すといった計画だと、いつまでもダラダラ準備が進まないため、引っ越しする時期が想定からずれてしまいがちです。

そのためまずはっきりと引っ越しする時期を決め、計画的に動きましょう。引っ越しする時期が決まり次第物件を探し、荷物を運ぶ距離や荷物の量などの概算を把握しましょう。

そして早い段階で引越し業者の見積もりを取り。どこの引越し業者に依頼をするかを決めできるだけ安く引っ越しを済ませることをおすすめします。

引越し業者が決まり次第、家具や家電などすぐに必要な家財道具をどのような形で入手するかの段取りを立てましょう。家電類は、最悪順番に集めていけばいいですが、家具、特に寝具類は引越し当日から必要となるもののため早めに用意を進めておきましょう。

一人暮らし特有の気を付けるべきことは?

一人暮らし特有の気をつけるべき点はいくつかあります。

1つ目はセキュリティーについてです。男性の方はあまり気にしないかもしれませんが、

1階の物件

オートロックが付いていない物件

壁が薄い物件

上記のような物件は、1人で住むには心細いシチュエーションが多く想像できます。そういった物件は、エリアの物件相場より安く部屋を借りることができますが、裏を返せば価格を下げないと人が住んでくれない人気のない物件になります。 男性女性問わず、どういった事件、事故に巻き込まれるか分からないため。最低限のセキュリティーは気にしながら物件を選ぶことをお勧めします。

2つ目は近くに買い物ができるスーパーやコンビニなどがあるかどうかです。想像にたやすいかと思いますが、体調が悪く動けない場合、近くに買い物ができるスーパーやコンビニがないと、食べ物や飲み物を買うのが難しくなり、回復まで時間がかかる、または症状が重い場合、救急車を呼ばないといけないことになります。

様々なシチュエーションを想像しどこまで妥協できるのか、最低限どのような条件が必要なのか、自分のライフスタイルに合った形で決定していくのをおすすめします。

まとめ

この記事では、一人暮らしの引っ越しにかかるお金や、何から準備すればいいのかを簡単にまとめました。他の記事では準備すべき点の詳細や初期費用を抑えるためのコツ等をご説明しておりますので、気になる方はぜひ他の記事も参考にしてみてください。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!