一人暮らしの部屋探しで気を付けることは?スムーズに一人暮らしをスタートさせるための注意点!

new-employee
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

新生活に向けて一人暮らしの準備を進めている方も多いのではないでしょうか。会社や学校に近い駅や、駅近、新築など、希望の条件ばかり気にしている方も多いのではないでしょうか。

1人暮らしの部屋探しでは、自分の給料や実際に住んでみたときに、気になる点などをしっかり下調べしないと後々困る場面が増えてきます。この記事では一人暮らしの部屋探しで気をつけることをいくつかに分けてお伝えしているので最後までしっかりと呼んでください。

エリアについて

まずはエリアについてです。一般的に部屋探しをする時、学校や職場から近い駅や沿線沿いでエリアを探す方が多いのではないでしょうか。沿線沿いで部屋探しをする場合は、有名な駅や栄えている駅、急行が止まる駅などを1番に探すと思います。

しかしそういった探し方をしてしまうと、近隣の駅の方が、圧倒的に相場が安かったり、駅から遠い物件を選んでしまう可能性があります。

そのため住むエリアや駅を探す際は、できるだけ広くより多くの駅を比較対象として探し、どこに住むとどのような弊害が発生するのかをしっかりと検討し、エリアを選びましょう。そして次に気をつけるべき事は、そのエリア、駅が住みやすい地域なのかということです。地域によっては下町情緒あふれる商店街があり、安く買い物を済ませられる、また大きなスーパーが近くにあり、生活必需品の調達が容易といったことがあるでしょう。

しかし気をつけなくてはならないのが自分の生活スタイルと合っているかと言うことです。近くに商店街があると言う事はとてもポジティブなことに感じます。

しかし自分の生活リズム的に、夜8時以降に仕事が終わるため、買い物はそれ以降になるといった場合は、逆に買い物がしづらい地域と言えるでしょう。

そのためエリアを選ぶ際は下調べをしっかりと済ませ、近くのスーパーや買い物ができる場所が何時にオープンして何時に閉まるのか、といったことも自分の生活リズムと照らし合わせ検討材料の1つにしましょう。

その他にも気をつけるべき点として騒音の問題が挙げられます。わかりやすいものとして、高速道路や線路などの交通系の騒音や、小学校や児童館、商業施設などの子供の騒ぎ声、繁華街や飲み屋が近くにあるといった深夜遅くまでうるさい可能性のある店舗の存在などが上がります。これも自分の休みが土日なのか平日なのか、そして寝る時間帯がいつなのかといったところを踏まえて検討する必要があります。

条件について

次に条件についてです。部屋探しは自分の給料やゆずれないところなどを検討し、どこだったら妥協できるのかなどを自分の中で考え、様々な物件を今ではネット上で検索できます。引っ越しの予定は無いけど、部屋探しをしている部屋探しが趣味といった方も最近はいるようです。しかし実際に一人暮らしを進めていく際にはそういった気軽な気分ではなく、しっかりと自分の中で計画を立てて探す必要があります。 実際に部屋探しを進める中で一番最初に絞り込みの条件として家賃が挙げられます。 一般的に給料の3分の1を家賃とすれば、無理のない生活ができると言いますが、人によっては、外食が多かったり、趣味にお金を使ったり、交際費にお金がかかる方もいます。

そのため今までの生活を見直し、どれぐらいの家賃であれば無理のない生活ができるかを条件とするのがお勧めです。

2つ目の絞り込みのポイントとして先述のエリアについてです。 家賃とエリアを絞り込むことによってそれなりの物件数に落ち着くのではないでしょうか。しかし一人暮らしをする上で、

最低限この広さは欲しい お風呂とトイレは別が良い 独立洗面台が欲しい オートロックが欲しい マンションがいい

様々な要望があると思います。 細かい条件に関しては自分の予算を踏まえどこだったら妥協できるのかを元に決めておき部屋探しを進めると良いでしょう。

不動産屋さんについて

ある程度エリアや条件が定まり、ネットで調べると理想の部屋がいくつか見つかったと思います。 いくつか理想の部屋が見つからない、もしくは1つの物件が理想的すぎてそこ以外に住むことを考えられないといった場合は、予算に対して少し理想が高い可能性があるので一度条件を見直し、いくつか選択肢を持つようにしましょう。

いくつか理想の部屋が見つかったタイミングで、それぞれ不動産屋さんにお問い合わせを進めましょう。そのまま実際に内見に進んでも良いのですが、そこの不動産屋さんの対応などを比較することをお勧めします。親身に接客してくれるかなどを確認して、引っ越しを進めることをお勧めします。その理由としては、実際に会ってみると自分たちの利益しか考えていない、あくどい不動産屋さんが未だ少なからずいるためです。

不動産屋さんの視点で、「ここの物件より、こちらの物件の方が、仲介手数料が高いからこちらの物件に案内をする」といった自分たちの利益しか考えていない不動産もあります。

そのためいくつかの不動産屋さんを比較し親身に対応してくれる自分に合った不動産屋さんを見つけましょう。そして自分に合った不動産屋さんを見つけたタイミングで、ネット上で検索していた理想の物件や条件などを伝え、ネットに載っていない物件等がないか、自分に合っている物件などはないかといったことを尋ねさらに深く検討しましょう。

申し込みについて

次に申し込みについてです。様々な物件を比較検討した後内見に進むと、実際に見てみるとイメージと違う、想像よりも自分に合った物件だなと感じる、など様々な物件があると思います。

申し込みに関しては、同時に様々な人がその物件を検討している可能性があるので、できるだけ早めに行った方がいいです。内見をした上で、「ここの物件は自分の中で完璧。でもあの物件まだ見てないから申し込みをするのは少しやめよう」と悩んでしまうと良い物件はすぐにとられてしまいます。そのため内見をして気になる点がないようであればその場ですぐ申し込みに進み引っ越しを決めましょう。

まとめ

この記事では一人暮らしの部屋探しで気をつけることや、スムーズに一人暮らしをスタートさせるための注意点をまとめました。ポイントとしては、

条件決めをしっかりする。

不動産屋さんを1つに絞らずいくつかで検討する。

様々な物件を比較検討し。内見でビビっときたものがあればすぐに申し込みをする。

上記3つになります。この3つを抑えてスムーズに一人暮らしの部屋探しを進めましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!