失敗しない物件探しのコツって?注意点やチェックすべきポイントを紹介

folder-icon
部屋探し
同棲一人暮らし家賃
物件探し

物件を探そうとした時、後に後悔をしないように探したいと誰もが思います。

重要視するポイントも人それぞれ違うでしょう。

今回は、後に後悔しないために注意すべき物件探しのコツを紹介します。

内見に行った際に特に注意して見てほしいポイントや、選ばないほうがいい条件についても紹介しています。

ぜひ最後までチェックして、物件探しの参考にして下さいね。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

【一人暮らし・同棲・ファミリー】誰が住むかで変わる!物件探しのコツを紹介

検索

人によって物件のこだわりの条件が違うように、住む世帯によっても条件は異なります。

誰が住むかで物件を探す時のコツも変わってくるので、世帯別にチェックしましょう。

一人暮らし

一人暮らしで最も重要視するポイントは、利便性です。

通勤に便利であることや、買い物がしやすい場所に物件があれば後悔しないです。

その他には以下のような利便性を重視すると良いですよ。

  • セキュリティ

  • 治安の良さ

  • トイレ・バスが別

特に女性の一人暮らしであれば、気になる点が多くなるはずです。

同棲

一人暮らしの時とは異なり、一緒に住む相手が出来ると自分本位の条件ではないほうが良いです。

お互いに譲り合って、条件を前もって確認しておきましょう。

物件探しをする前に、以下のような点を確認しておくと良いでしょう。

  • お互いの通勤時間を考慮する

  • 2人で協力して物件を探す

  • 目的を決めて同棲をする

  • 一人の時間を作れる間取りにする

どちらかが決めるのではなく、協力してお互いの条件を考慮した物件探しをすると良いでしょう。

ファミリー

結婚して子どもがいる場合なら、子育てをしやすい物件を選ぶこと。

子連れでの物件探しでは、特に以下の事に注目してみてください。

  • 大型スーパーや病院が近くにあること

  • 教育機関の充実

  • 地域の治安

  • 防音性

子どもがいると気になるポイントも増えてくるので、より物件探しが慎重になるでしょう。

住んでから後悔しない!項目別の物件探しのコツ

部屋探し

物件を決めた後に後悔しないために、項目別に重要事項を考えておくと良いですよ

希望条件をたくさん出すよりも、優先順位をつけて物件を選ぶことでスムーズに進みます。

家賃

希望する条件が多すぎて、予算をオーバーすることはよくあることです。

収入に見合った家賃を考えておくことで、住み始めた後に生活が苦しくなることもないです。

手取り額に対して25%程度が、家賃を無理なく払う事のできる範囲と言われています。

また、契約時には家賃の6~7ヵ月ヵ月分の初期費用が必要・・・。

smoothでは初期費用を分割払いにできます。

初期費用の現金払いができ、6回までであれば金利手数料は無料。

このように初期費用がかかることも考慮した上で、物件を選ぶようにしましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

立地

周辺の状況を確認しておくことも重要です。

  • 騒音

  • 利便性

  • 治安の良さ

特に、女性の一人暮らしやファミリー向けの物件では重要視したいポイントです。

間取り

間取りに関しては、こだわりが強い人が多いはずです。

  • バス・トイレ別

  • 収納スペースの充実

  • コンセントが極端に少ない

  • キッチンが狭い

あらかじめ確認しておくことで、後に後悔しないでしょう。

その他の条件

その他にも念頭においておくと良いポイントは以下の通りです。

  • 日当たりの良さ

  • 家のつくり

  • 壁が薄い

  • 共用部分の充実

  • どのような入居者がいるのか

一人暮らしばかりの物件に、ファミリーで入居することに抵抗を感じる人もいます。

不動産業者に確認すると、どのような人が住んでいるか教えてもらうことも出来るので確認してみましょう。

内見時にチェックしておきたいポイント

内見

内見をしなければわからない事もあります。

あらかじめ、内見しておくことで住み始める時の不安も軽減されます。

  • 部屋の傷や汚れ

  • 日当たり

  • 収納スペース

  • 家具が入るかの確認

  • 物件の雰囲気

  • セキュリティ面や避難経路

  • 物件周辺の治安

可能であれば昼と夜の2回、内見することが望ましいですが少なくとも1回はしておくと良いでしょう。

選ばないほうがいいかも…賃貸物件の特徴

賃貸物件

物件を探すときにこだわりの条件や、チェックしてほしいポイントがあるように避けたほうが良い物件もあります。

以下のように、避けるべきポイントも考えておくと良いでしょう。

  • 線路や道路沿いなどの物件

  • 大きな音が出る商業施設の近く

  • 自然災害の影響を受けそうな場所

  • 築年数が古すぎる

  • 共用部分が手入れが出来ていない

  • 利便性の悪い場所

  • 防音性の低い物件

これらのように音に悩まされる様な場所は避けておいたほうが良いです。

また、自然災害の影響を受けそうな川の近くや、土砂崩れの影響がありそうな場所は避けたほうが良いでしょう。

まとめ

物件を探す上でのコツや、避けたほうが良いポイントを紹介しました。

希望する条件にばかり目が行きがちですが、避けたほうが良い部分もきちんと考えておくことで後の後悔が少なくなります。

希望条件に優先順位を付けておくことも物件探しのコツであり、スムーズに進めるポイントです。

物件選びに余裕ができると、満足の出来る物件に出会うことができるでしょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!