同棲は貯金をいくら貯めてからスタートすればいいの?同棲生活のためのお金の話

現金と電卓
logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

同棲をスタートする際には一人暮らしとは違い、かなりの資金準備が必要です。この記事では、どの程度貯金をしていれば、安心して同棲をスタートできるのかを詳しくご説明します。部屋も広くなり、生活費、水道光熱費も二人分かかるため、一人暮らしでは想像のできない出費があり、計算しきれない部分もまるっと解説していきます。

いくら貯金してから同棲を始めたらいいの?

同棲に必要な貯金額は住むエリア、個人の生活水準によって大きく異なります。ここでは、「家賃15万円」というのを一つの指標に解説を進めていきます。 まず賃貸物件を借りる初期費用として半年分の家賃が必要となりますので、90万円。それに加えて家財道具の追加購入費用15万円、引っ越し業者費用で10万円。家賃15万円の物件への引っ越しを考えるだけで115万円ほどかかりそうです。 もちろん家賃を抑えて引っ越すことでこの金額はどんどん低くなります。もし100万円前後の貯金が難しいようであれば、初期費用を抑えて引っ越す方法もいくつかあるので、チェックが必要かもしれません。 しかし安心して同棲をスタートするためにはそれだけでは不足しているかもしれません。二人で一緒に生活していく上で、様々な生活費がかかります。同棲カップルの平均生活費は月に20万円前後ともいわれ、同棲前に貯金しておくのであれば、一か月分ほど余裕を持つことで焦ることなく引っ越しを完了できそうです。

同棲をスタートするにはいくらかかるの?

先述の通り、同棲をはじめる際に最低限必要な金額は、引っ越しの初期費用と言われる家賃の半年分ほどのお金です。その貯金がない限り同棲開始自体が難しくなってしまうでしょう。 しかし「smooth」のシステムを使用することで、初期費用を無料で分割できるため、すぐにでも同棲をはじめたいが、貯金にそこまで余裕がない等の場合、余裕をもって新生活に望めそうです。同棲をはじめるためには、敷金、礼金、先払い分の家賃、共益費、管理費、仲介手数料、保険会社利用料、火災保険、鍵交換費用等のお金が必要です。 挙げたのは一例ですが、物件によってはオプションのサービス等も発生する可能性があり、すべて含めると半年分の家賃が目途になるようです。 10万円の物件に住むようであれば60万円、15万円の物件に住むようであれば90万円と家賃によって初期費用が跳ね上がるので、物件選びは二人のお財布と相談し、慎重に選ぶ必要があります。 その設備は二人で生活するうえで必要なのか、快適に暮らすためにはどの程度の広さが、部屋が必要なのかを話合い、進行しましょう。一番大切なのはお金ではなく、二人の関係性なので、ストレスがたまるような物足りない物件に住んでしまっては、せっかくの同棲がすぐ解消、なんてこともあるかもしれません。二人の生活スタイルに合った物件選びを慎重に行いましょう。

同棲する際の生活費っていくらかかるの?

生活費に関しては、それぞれの生活スタイルに依存する部分ではあります。一般的に生活費とされるものは、家賃や水道光熱費をはじめ、食費や通信費、交際費や日用消耗品費等が挙げられます。同棲の生活費平均は二人で24万円前後のようです。通信費以外は一人暮らしの1.5倍程度と言われ、同棲すると少し安くなったように感じるかもしれません。 しかし生活のスタイルによっては、自由に使えるお金が減ってしまうかもしれません。大きく差が出てくる部分で言えば、外食や飲酒の機会が多い人は月に10万円ほど食費に使ってしまう人もいるかもしれませんが、基本自炊で、お昼ご飯もお弁当を作るような生活をしていれば2万円ほどで済むでしょう。さらに衣類や趣味用品等に毎月いくらも使ってしまう人は少なくないのではないでしょうか。 二人での生活がスタートするため、思わぬ出費が重なり、普段通りのお金の使い方ができなくなり、ストレスが溜まってしまう可能性や、今まで自由に使えていたお金を貯金に回し、将来の生活に備える事などが考えられます。新しい生活を二人で進めていくために必要な努力がお互い出てくる可能性があるため、無理をしない範囲でお互いのお金の使い方を話し合う機会を設けることで無駄なケンカが減り、安定した同棲生活をかなえられるかもしれません。

二人で貯金するときのコツって?

先述の通り、同棲を開始するためには100万円ほどの貯金が必要なことがわかりました。中々一人で貯めるには難しい額です。そのため二人での協力や、ここは誰、ここは誰、と支払いの住み分けをし、協力して解決する必要があります。同棲をしていく上でどのような形でお金を貯めるのがいいのでしょうか。

筆者おすすめの貯金方法は、「お互いの貯金額を見せないこと」です。結婚をしていたら話は別かもしれませんが、まだ同棲しか直近で予定がない場合は、お互いの貯金額を見せず、別々に貯金をして、支払いの住み分けをすることがおすすめです。その理由は無駄なケンカを引き起こさないようにするためです。

例えば二人で一緒の口座に貯金することで、お金が溜まるスピードが速く、大きな金額が溜まる為、有効に見えます。しかし、どうしても何かの用事で今月は貯金額が少なくなってしまうことがあるかもしれません。その用事が素直に話せる事であれば相談するのが一番ですが、「趣味嗜好品等で長年狙っていたものを見つけた」等の場合どうしても買わないといけないけど、なかなか言い出しづらい場面が出てくるでしょう。もし相手にそれがバレた場合、二人の生活について考えられないのかという話に発展してしまうかもしれません。もし別々に貯金する場合はそのような出来事は隠し、来月以降に少し多めに貯金すればいいだけの話です。もちろん隠し事はない方がいいことですが、二人での生活を続けていく中では、「噓も方便」となる機会があるかもしれません。

まとめ

この記事では、同棲はいくら貯めてからスタートするべきなのかについて解説してきましたが、最低でも100万円前後は必要なようです。安心して同棲をスタートするためにはもう少し多めに貯金していくのがベターなようです。 同棲に関しては二人の新たな生活になるので、関係を壊さないよう余裕をもって計画的に進行しましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!