一人暮らしの部屋探し!後悔しないためのコツや注意点を紹介

folder-icon
部屋探し
一人暮らし
部屋探し

初めて部屋探しをするときには何から始めるべきなのか、不安に思いますよね。

ワクワク感から期待が膨らみ、希望条件を絞り込めない方も多いです。

今回は一人暮らしの部屋探しにあたって、どのような流れで部屋を決めるのか。

また部屋探しをする上で、満足のいく部屋探しをするコツ注意点まで紹介します。

この記事を参考にして、後悔のない物件選びをしてくださいね。

また、お気に入りの部屋を見つけたら、契約前に賃貸の初期費用を払う必要があります。

賃貸の初期費用の負担を減らす方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

初めての一人暮らしの人必見!部屋探しの流れ

部屋探し

一人暮らしの部屋探しをするときに重要なのは、希望条件をしっかり自分の中でまとめておくことです。

自分が譲れない条件を確認しておくことで、部屋探しもスムーズになります。

部屋探しから契約までどのような流れで進むのか見てみましょう。

  • 住む地域に見当をつける

  • インターネットで希望条件を入れ、物件を探す

  • 不動産会社へ行き、気になる物件を内見させてもらう

  • 入居したい物件が見つかったら賃貸物件の入居審査を受ける

  • 審査が受かれば賃貸契約をする

  • 物件引き渡し

時間がかかる箇所は気になる物件を見つけることと、賃貸物件の入居審査です。

気になる物件を見つけられれば、賃貸物件の入居審査はおよそ3日から7日程度で結果がわかります。

大満足の一人暮らしに!部屋探しのコツ5選

部屋探し

ここでは部屋探しをする上でのコツを項目別に下記のとおり紹介します。

・部屋探しのタイミング ・家賃の予算 ・立地 ・間取り ・こだわりの条件

探し始めるタイミングや予算など、ある程度決めておくことで自分の理想とした物件をスムーズに探せるようになるでしょう。

コツ1.部屋探しのタイミング

部屋探しのタイミングは入居から逆算して1~2か月前に始めると良いです。

すぐに気に入る物件が見つかるとは限りません。

そして、気に入った物件があっても、不動産会社が混んでいる場合、内見の予約をしにくいです。

余裕をもって探し始めることで、混みあっていても焦ることなく気に入った物件を見つけられるでしょう。

↓部屋探しの「タイミング」や「流れ」の詳細はコチラの記事をご覧ください。 部屋探しから引っ越しまでの期間はどれくらい?一般的な流れやコツを解説 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

コツ2.家賃の予算

一人暮らしの家賃相場は、ワンルームであれば都心部で8万円程度、郊外であれば5万円程度です。

予算は住む場所によっても変わりますが、給与によっても変わってきます。

手取り額に対して25%程度が、家賃を無理なく払える範囲といわれています。

これらを参考にしてみると、家賃の予算も決めやすいでしょう。

コツ3.立地

職場や学校に近い場所を選びたい場合や、スーパーやコンビニが近いほうが良いなど立地条件も重要です。

最寄り駅が主要駅の場合や、駅から近い物件だと家賃も高くなりがちです。

通勤や通学、日用品の買い物などは毎日のことなどで、しっかりとこだわりをもったほうが後悔もしないでしょう。

コツ4.間取り

一人暮らしの間取りで多いのはワンルーム。

ワンルームのメリットは、部屋が広く見えることやレイアウトがしやすいことでしょう。

しかし、キッチンとの仕切りもないので臭いがつきやすいというデメリットもあります。

ワンルームの物件はお風呂とトイレが一緒になっている場合も多いです。

ですが、一人暮らしにとっては住みやすい間取りでしょう。

コツ5.こだわりの条件

絶対に譲れないポイントを作っておくことはとても重要です。

以下のようなことが例にあげられます。

  • お風呂とトイレが別であること

  • 防音性がしっかりとしている

  • 利便性の高さ

  • 防犯性

  • エアコンがついている

  • 収納の多さ

人によってこだわりの条件は異なるので、部屋探しをする時点で絶対譲れないポイントを押さえておくと良いです。

↓部屋探しの「絶対条件」や「こだわりたい条件」の詳細はコチラの記事をご覧ください。 部屋探しの「絶対条件」から「こだわりたい条件」を解説!良い物件探しの秘訣とは | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b3_ボタン付き

一人暮らしの部屋探しで見落としがちなポイント

ポイント

引っ越しに慣れている方は問題ありませんが、初めての一人暮らしの場合は何を基準に部屋を探せばいいのかわからない方も多いでしょう。

そこで、ここでは失敗しないための部屋探しのポイントを紹介していきます。

部屋探しで注意したい見落としがちなポイントは、こちらです。

・敷金0物件は退去費用が発生する ・室内の設備 ・女性はセキュリティ面

敷金0物件は退去費用が発生する

賃貸契約初期費用の中でも、敷金や礼金は家賃の1か月分かかることが多く、大きな比重を占めているといえます。

そのため、敷金0の物件を見つけると飛びついてしまいがちですが、敷金0の物件は退去時に費用が発生する可能性があるので注意が必要です。

敷金とは、退去時の原状回復費用や修繕費に充てられるお金のため、敷金0の物件は入居時に支払いがない分、退去時にクリーニング費用が発生する可能性があります。

初期費用は安くなりますが、結果的に支払う金額は変わらないことがあるので、契約する前に退去費用について確認しておきましょう。

室内の設備

部屋探しの際は、必ず内見に行き室内の設備を確認しましょう。

注意してみるべきポイントは

・バス、トイレ、キッチンなどの水回り ・収納スペース ・家具、家電の設置場所

などです。

とくに、水回りは入念な確認が必要で、自炊する場合はキッチンも確認しておきましょう。

また、荷物の量に応じて収納スペースの広さや、家具・家電を設置する場所の広さもあわせて確認するのがベストです。

家具・家電の設置場所に関しては、メジャーで幅を測ってもいいので、内見の際は測れるものを持参するのもおすすめです。

女性はセキュリティ面

女性の一人暮らしで忘れてはいけないのがセキュリティです。

マンションの場合はオートロックがついているのか、ベランダの仕切りの高さなど、自分が生活する上で不安な要素がないか入念に確認しておきましょう。

また、築年数が古いマンションやアパートでは、インターホンの画面が映らないタイプの可能性があるので、そのあたりも確認すると良いでしょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

一人暮らしの部屋探し!内見をする際の注意点

注意点

内見は、インターネット上の写真だけでは見られない部分や雰囲気を感じられます。

可能な限り、内見をすることで良い部分も悪い部分も発見でき、安心して一人暮らしを始められるでしょう。

ここでは、内見の注意点について下記の項目別に解説します。

・室内 ・建物全体 ・周辺環境

それぞれ解説していきます。

室内

日当たりや、室内の汚れ、収納スペースなどは内見だからこそ確認できる部分です。

広さなどを実際に確認することで、部屋のレイアウトのイメージも沸くでしょう。

実際に住んだ後のことをイメージできるので、室内はしっかりと確認しておいたほうが良いです。

建物全体

建物全体の雰囲気を感じることも重要です。

共用部分がきちんと管理されているか、ゴミ置き場は綺麗に維持されているか。

一人暮らしであれば、防犯の面についてもきちんと確認しておいた方が安心して新生活をスタートできます。

周辺環境

利便性は生活する上でとても重要です。

周辺にスーパーやコンビニがあるのか。

また、商店街や飲食店などは何時頃まで営業しているのかなど、確認しておくと良いでしょう。

飲食店や交番、夜間救急の行っている病院などが近くにある場合は、夜もにぎやかな可能性があります。

一人暮らしを始めるための費用の内訳と相場

お金

ここでは、一人暮らしを始めるための費用の内訳と相場をお伝えします。

想定外の出費をなくすためにも「どこにどれくらいの費用がかかるのか」を把握しておくことは重要です。

お伝えする内容は下記の3つです。

・引っ越し業者にかかる費用 ・賃貸の初期費用 ・家具、家電の購入費用

それぞれ解説していきます。

引っ越し業者にかかる費用

荷物を運ぶために引っ越し業者を利用するのであれば、その費用がかかります。

引っ越し業者にかかる費用は、

・荷物の量 ・運ぶ距離 ・引っ越しの時期

によって大きく変動します。

例として、繁忙期(2~4月)であれば、一人暮らしの引っ越しの相場は下記のとおりです。

単身(荷物小)単身(荷物代)
~15km未満 (同市区町村程度)約44,000円約61,000円
~50km未満 (同都道府県程度)約48,000円約66,000円
~200km未満 (同一地方程度)約57,000円約87,000円
~500km (近隣地方程度)約67,000円約107,000円
500km以上 (遠距離地方程度)約79,000円約128,000円

一人暮らしを始めるのであれば、下記のような方法で費用を節約できます。

・単身引っ越しパックを利用する ・宅配便で荷物を送る

単身者向けの引っ越しプランは、引っ越し業者ごとにさまざまなプランが準備されています。

自分に向いたプランがないか、引っ越し業者に確認してみましょう。

賃貸の初期費用

賃貸物件に引っ越すのであれば、賃貸の初期費用がかかります。

賃貸の初期費用の相場は家賃の4~6か月分です。

たとえば、家賃が8万円の物件であれば、初期費用は40万円程度かかることになります。

賃貸の初期費用の項目や詳細は、下記の表をご覧ください。

項目相場詳細
敷金家賃1~2か月分家賃滞納や原状回復のために、大家へ預けるお金。
礼金家賃1~2か月分大家にお礼として支払うお金
前家賃家賃1か月分入居する月の翌月分の家賃
日割り家賃入居日から月末までの家賃
仲介手数料家賃0.55~1.1か月分(消費税込み)不動産会社に支払うお金
火災保険1.5~2万円火事や災害での損害に備えて加入する保険料
保証会社利用代家賃の50~100%保証会社に支払うお金
鍵交換代1.5~2万円鍵を交換するための費用
クリーニング代3~5万円清掃業者による室内クリーニングの費用。

家具・家電の購入費

新しく一人暮らしを始める場合や、引っ越しを機会に古くなった家具・家電を買い替える場合は、家具・家電の購入費がかかります。

ここでは、

・家具 ・家電

に分けて、最低限必要とされるもの揃えた場合の相場をお伝えします。

↓買うべき家具・家電や節約方法の詳細はコチラの記事をご覧ください。 一人暮らしの初期費用。家具家電の購入費用はいくら必要?節約方法もご紹介 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

【最低限必要な家具と相場】

一人暮らしに必要な家具を揃える場合、相場は5~10万円程度です。

最低限必要といわれている家具には、下記のものがあります。

・布団などの寝具 ・照明 ・テーブル ・カーテン ・生活に必要なもの(洗濯用品、風呂用品、台所用品など)

【最低限必要な家電と相場】

一人暮らしに必要な家電を買い揃える場合、相場は10~20万円程度です。

最低限必要といわれている家電には、下記のものがあります。

・エアコン ・冷蔵庫 ・洗濯機 ・電子レンジ

【口コミ紹介】smoothを活用して一人暮らしを楽しもう!

default

部屋探しはやるべきことが多いだけではなく、何かとお金がかかります。

アパート探しにかかるお金の中でも「賃貸の初期費用」は家賃の4-6か月分が相場となっており、大きな負担を感じる部分ではないでしょうか?

せっかく自分に合った部屋を見つけても「賃貸の初期費用が高くて引っ越せない!」となってしまうのはもったいないですよね。

「賃貸の初期費用が高い」と感じているのであれば、賃貸の初期費用の分割払いを検討してみませんか?

初期費用の分割払いでおすすめしたいのが「smooth(スムーズ)」

smoothは「6回払いなら金利手数料が0円」で賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービスです。

トータルの支払い金額が増えることなく、初期費用の分割払いが可能になります。 面倒な交渉も必要ありません。

↓smoothの「特徴」や「利用の流れ」はコチラをご覧ください https://smooth.jp/?textTest20231016=test

【Wさん・20代前半】smoothを使えば好きなものを我慢しなくていい

Wさん20代前半

「一番早くレスポンスをいただけた」 「分割払いにしたことで、好きなものを我慢せずに済んだ」 ↓急な引っ越しでsmoothを活用したWさん(20代前半)より感想をいただきました! 急すぎる引越しにも対応、好きなことを我慢しなくてもいい生活に | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

smoothは累計の登録者数120,000人を達成!

「レスポンスが早かった」 「分割払いにすると好きなものを我慢しなくてもいい!」 「引っ越しの自由度が上がった」

など、実際にsmoothを利用した方からの口コミやレビューをぜひご覧ください。 サービス利用者の声 | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

まとめ

一人暮らしの部屋探しをするときに重要なことは、「通勤・通学に便利」や「防犯性が高い」など、自分自身の中で譲れないポイントをあらかじめ、決めておくことです。

あらかじめ、条件を絞っておくことや注意しておくポイントを押さえておくことで、後悔のない物件探しがスムーズにできるでしょう。

毎日を過ごす場所なので、注意すべきポイントなどを参考にして、希望に見合った物件を探してみてくださいね。

また、smoothで初期費用を分割払いにすれば、お金の面で余裕が生まれます。

一人暮らしをより楽しめるようになるでしょう。

smoothの活用もぜひご検討ください。

記事内LINEバナー_b3_ボタン付き

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます