大学生の部屋探し!失敗しないために押さえておきたいコツ4選!

folder-icon
部屋探し
一人暮らし
大学生

「部屋探しって何からはじめればいいの?」 「部屋探しで失敗したくない!」

大学への進学を機会に親元を離れる方は、上記のような悩みや不安をもっているのではないでしょうか?

はじめての部屋探しは楽しみですが、不安も大きいですよね。

この記事では、進学を機会に部屋探しをする方に向けて、

・部屋探しの一般的な流れ ・大学生の部屋探しのコツ4選

をお伝えしていきます。

また、記事の最後では引っ越し費用の負担を減らせるサービス「smooth(スムーズ)」を紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

部屋探しの一般的な流れ

部屋探し

失敗を防ぐためにも、まずは部屋探しの一般的な流れを把握しておきましょう。

【部屋探しの一般的な流れ】 1. 引っ越し予定日、希望条件を決める 2.ポータルサイトで物件を探す 3.不動産会社に行き、内見をする 4.申し込みをし、入居審査を受ける 5.初期費用を支払い、賃貸契約を結ぶ 6.鍵を受けとって入居する

部屋探しは「通常1か月程度かかる」と言われています。

しかし、トラブルで遅れる可能性もあるので「引っ越し予定日の1か月半前」からはじめるのが理想です。

部屋探しの流れの「詳細」についてはこちら 関連記事:部屋探しから引っ越しまでの期間はどれくらい?一般的な流れやコツを解説 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

大学生の部屋探しのコツ4選

不動産

大学生の部屋探しには、社会人とは違ったコツがあります。

部屋探しを効率的に進めて、大学生活を快適にするためにも、大学生ならではのコツを把握しておきましょう。

お伝えするコツは下記のとおりです。

1.合格したらすぐにはじめる 2.無理のない家賃設定にする 3内見はできるだけ行なう 4.大学生協で物件を探す

それぞれ解説していきます。

合格したらすぐはじめる

国立は「3月上旬」から、私立なら「2月上旬」からが一般的な合格発表の時期です。

部屋探しは、引っ越し予定日の1か月半前からはじめるのが理想ですが、合格発表から入学式までは1か月程度の期間しか残されていません。

また、この時期は大学進学のために部屋を探す人も増えるので、良い部屋はすぐに埋まってしまいます。

大学に合格したらすぐに部屋探しをはじめましょう。

1月ごろからは「退去予定」の部屋が不動産ポータルサイトで出てきます。

あらかじめ情報収集して、内見したい部屋をいくつかピックアップしておくといいでしょう。

良い部屋を逃さないために、申し込みに必要な書類などを準備しておくことも有効です。

無理のない家賃にする

大学生の部屋探しでは、基本的に家賃を抑えた方がいいでしょう。

家賃のほかにも「生活費」や「教科書」など何かとお金がかかります。

大学生の本分は学業なので「家賃のために授業を休んでバイトをする」となっては本末転倒です。

家賃を抑えるコツとしては、下記ようなのものがあります。

・築年数にこだわり過ぎない ・駅から少し離れた物件にする ・1階の部屋にする

しかし、家賃を抑え過ぎて生活しづらくても学業に支障が出ます。

・通学のしやすさ ・防犯設備や周辺エリアの治安 ・スーパーや病院との距離

など、家賃の金額と生活のしやすさのバランスを考えて、無理のない家賃にしましょう。

内見はできるかぎり行なう

写真や間取り図だけではわからないことも多いです。

いざ住み始めてから「こんなはずじゃなかった!」という事態を防ぐためにも、内見はできるだけ行ないましょう。

スケジュールとの関係や物件が遠くて内見ができない場合は、オンライン内見を利用してもよいでしょう。

自分に合わない部屋での暮らしはストレスが溜まるものです。

急な引っ越しは、費用的にもスケジュール的にも負担が大きいでしょう。

部屋探しを行なう際は、内見はできるだけ行ない、部屋探しの失敗を防ぎましょう。

大学生協で物件を探す

大学によっては、大学生協から賃貸物件の紹介を受けられることがあります。

部屋探しに不慣れで「普通の不動産会社に行くのはちょっと怖い・・・」を思っている方にオススメです。

通学に便利な立地や、学生向けの物件など独自の情報を得られる可能性もあります。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

smoothを活用して余裕のある新生活をおくろう!

スムーズ ロゴ logo 横

部屋探しから引っ越しまで、大学生活のはじまりは何かとお金がかかります。

「引っ越しにかかる費用が高い!」と思っている方には「smooth(スムーズ)」の活用がオススメです。

smoothは、賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービスです。

賃貸の初期費用の相場は「家賃の4~6か月分」で、引っ越しに必要な費用の中でも大きな負担に感じている部分ではないでしょうか?

smoothなら「6回払いなら金利手数料が0円」で賃貸の初期費用を分割あと払いにできるので、お金の負担を減らして引っ越しができます。

手元にお金が残るので安心して新生活をはじめられるでしょう。

↓smoothの「特徴」や「利用の流れ」はコチラをご覧ください。 初期費用の分割払い・あと払いは【スムーズ】 (smooth.jp)

【口コミ】実家に住みながら部屋探しを完結できた(Sさん・20代前半)

利用者の声

転職を機会に上京し、はじめての一人暮らしをはじめたSさん(20代前半)より、smoothの感想をいただきました。

「実家に住みながら部屋探しを完結できた」 「内見もオンラインでできて助かった」 「不動産屋さんと会ったのは鍵を受けとるときだけ」

↓smoothを活用して東北から上京したSさんの感想をぜひご覧ください。 遠方から上京タイミングでも、スムーズなら不動産屋に出向くことなく引越せる | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

smoothは累計の登録者数120,000人を達成しました!

「レスポンスがはやかった」

「分割払いにすると好きなものを我慢しなくてもいい!」

「手元にお金が残るから安心して環境を変えられる」など、実際に利用した方からの感想を参考にしてsmoothを活用しましょう! サービス利用者の声 | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

大学進学を機会に実家を離れる方に向けて「一般的な部屋探しの流れ」や「大学生ならではの部屋探しのコツ」をお伝えしてきました。

部屋探しの結果は、大学生活に大きな影響を与えます。

大学生ならではのコツを押さえて、お気に入りの部屋で充実した大学生活を過ごしましょう!

また、大学生活のはじまりは何かとお金がかかるものです。

smoothで賃貸の初期費用を分割あと払いにすれば、手元にお金が残るので安心です。

smoothの利用もぜひご検討ください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます